個人がレンタルサーバーを借りる時のスキルレベル

  • 11 April 2017
  • WEB情報屋

レンタルサーバーを借りる時には、自分に合わせたレベルでレンタルするのが良いでしょう。

日本においては、2003年頃からSNS、ブログが中心に流行って、MovableTypeなども出ましたが、2010年頃からは初心者でも簡単にウェブサイトを立ち上げられるWordpressに置き換わっています。Wordpressの普及に伴って、個人でもレンタルサーバーを借りる動きが広がりましたが、Wordpressの記事で書きまくるスタイルは、既に一般化して古くなってきています。

営業がオンライン化の流れ

オンラインショッピングなどが普通に使われるようになってきて、オンラインで営業が普通に行われるようになりました。ここで人間の営業 VS パソコンの営業(アフィリエイト)の戦いが生じてきています。パソコンでアマゾン、楽天などの販売が伸びているので、それに伴ってオンライン営業(アフィリエイト)も活発化してきています。それを支えるのがサーバーインフラです。

オンラインの営業というのは、簡単に言ってしまえばライターです。日本語が出来れば誰でも良くて、分かりやすくライティングをこなせればいいという感じです。

自動化される流れ

最近の流れは、サーバーに大規模なデーターを流し込んだりするスタイルに少しずつ変化してきています。主婦などのライターが書いて50万円~100万円という時期もありましたが、それを自動化の流れがジワジワと推している感じです。あとは、どこまで自動が主導にとって代わるかという状況になってきています。手動では、10GBを埋めるのも大変です。

あるポイントを超えると、技術力が人間の能力を完全に超えたような状況になり、人間がいくら頑張ったところで相手の量に勝てなくなってきてしまうのです。サイトを量産して、頑張って更新するだけでどんどん収益が伸びる時期というのはあるのですが、スマートフォンの技術革新であったり、サーバー容量の変化などに手動でやっているだけでは非効率すぎて対応できなくなってしまいます。

データ容量の更なる増加

アフィリエイトが斜陽だという人もいますが、アフィリエイトが斜陽なわけではなくて、データ量の増大に対応できないアフィリエイターが多いのです。Googleなどは手動を評価したりしていますが、量販店などで店員がわざわざ全て丁寧な説明をしている訳ではありません。安い商品を大量に並べて、あとはお客さんの方が選べば良いというスタイルが増えてきています。

ライティングであれば、常に膨大な情報を自分で書き続けないと、データ容量を増やし続けられないので、更新作業を止めた時点でオワリです。しかし、自動技術の場合には、様々な方法で膨大なデータを取り扱う事ができます。


レベルが2~3以上も離れてしまうと、お互いの話が通じなくなります。

レベルゼロ:知識なし

レンタルサーバーの知識が全くない状況から始めるのであれば、レベル1の初心者レンタルサーバーを自分で借りて、そこからWordpressなどをインストールしてブログを始めるのが良いでしょう。

レベル1:初心者レンタルサーバー

・ロリポップ系
完全に初心者向けの激安サーバー業者

・さくらレンタルサーバー
初心者から上級者まで幅広く扱っているレンタルサーバー専門業者。北海道・石狩に大型データセンターを持つなど、日本を代表するレンタルサーバー会社

ヘテムル
250Gの大容量だけがうりだが、実際にメモリが256MBに制限されていたりと、本当に初心者向けで、少しサイトが大きくなると移転すらできなくなるので、オススメしない。

・エックスサーバー
初心者向けのレンタルサーバーで、Wordpressを何個か設置するぐらいだったら悪くない選択肢

レベル2:中級者レンタルサーバー

・バリュードメイン系
管理画面が分かりづらいという欠点があり、htaccessの設定が必要となるなど、多少の知識が必要になる場合がある。
 

レベル3:海外レンタルサーバー

・Hostgatorなど

国内のレンタルサーバーを借りた事がある人で、英語が不自由しない人であれば、海外のレンタルサーバーを検討するのが良いでしょう。

アダルト系で海外サーバーをやっている人は多いようですが、アダルトに限らない普通のサイトでも海外レンタルサーバーを借りるメリットは大いにあると言えるでしょう。
 

レベル4:国内エンジニア向けVPS

日本国内におけるエンジニア向けVPS

・さくらVPS
・お名前.com VPS
・Conoha VPS

レベル5:熟練者向け海外VPS

エンジニアの中で英語がある程度は使いこなせる人であれば、海外サーバーを検討するべきでしょう。日本では、大規模データセンターが少ないので、国内でサーバーをレンタルすると高くなってしまいます。

海外にデータセンターがある海外VPSをレンタルすれば、大容量で比較的安い価格でレンタルする事ができます。

レベル6:エキスパート海外Cloud

VPSよりも更に拡張性がある海外Cloudをレンタルできるようになれば、エキスパート

レベル7:自社サーバー

海外Cloudでダメな場合には、自社サーバーを使う事になるでしょう。自社にサーバーを設置して厳格に管理するなど、管理の手間はかかりますが、更なる自由度・大型化も可能になります。

 

カテゴリ: 

関連記事

税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止