海外で何かをもめたら、絶対に引き下がった方が安全

  • 13 May 2017
  • WEB情報屋

海外で日本人が殺傷・殺害される事件の1割~3割ぐらいは、カネを出せと言われているのに出さなかったり、何かを強盗されて犯人を追いかけた為に起こってます。海外で誰かともめたら、引き下がった方がいいです。引き下がるというか、出来る限り早めにその場を離れて逃げた方がいいでしょう。

最もやってはいけない事は、相手と口論したり、下手をすれば殴り合いをしたりすれば、非常にやばいことになりかねません。カネを出せと言われたらすぐに出して、盗まれても決して追わずというのが鉄則です。財布はその為に2つ準備しておいて、渡せる財布を持っておくだけで良いでしょう。さっさと渡すんです。

引き下がれば何も起きない

この記事を書こうと思ったのは、中国でもめごとに巻き込まれて『治安が悪い』と書いていた日本人がいたからです。英語ができないサラリーマンと言う方で、中国語もできないのに中国で中国人と喧嘩したという話です。喧嘩しただけならまだしも、お茶を投げつけられて顔面を怪我したというではありませんか。中国の治安というのは、それほど悪い訳ではありませんが、このようなトラブルを起こすのは、自分に原因があります。

先ずは、自分が外国に居るという事を良く考えて、現地の事情を良く知ろうとしなければいけません。誰かがタクシーに割り込んで乗り込んできたら、イライラしないで下車して次のタクシーに乗るなどの対応をすればいいだけなのです。警察のせいにしたり、病院のせいにしたりしていますが、これは自業自得としか言いようがありません。非常に危険なトラブルを自分から引き起こしてしまっているのです。

騙されて金を取られたら諦める

どの国のタクシーも、騙して金を多く取ろうという人がいますけど、それは仕方ないので諦めましょう。私も海外の様々な場所でタクシーに乗るたびに騙されていますが、1.5倍ぐらいまでの料金であれば、何も言わずに払うようにしています。さすがに2倍以上もふっかけられると怒りますけど、そういう事は滅多にありません。ほとんどのドライバーは、加減具合を良く知っていて、『これぐらいなら払えるだろう』という程度で騙してきます。安全に到着できればいいんです。

2000円騙されたり、3000円騙されたり、時には1万円騙されたりする事もあるでしょうが、それでもお金を騙し取られるぐらいはいいのです。まして、タクシーに先に割り込まれるなんていうのは、別になんという事もありません。日本では割り込みがないからと言って、外国で割り込みがない事を期待して怒るのは間違えでしょう。割り込みがあったところで、『海外にいるから』と思って諦めればいいだけの話です。

相手から声をかけてきたら詐欺

誰かが相手から声をかけてきた場合には、詐欺だと思った方が良いでしょう。自分が声をかけるのであれば、外見の良さそうな人を見つけて声をかけられるので「まともな人」と話せる可能性は高くなりますが、相手から声をかけられた場合には、狙われた可能性があります。

男性が若い女性から声をかけられてしまったり、女性がイケメンの男性から声をかけられてしまったりすることがありますが、現地で相手から声をかけたら、絶対に相手をしないようにしましょう。何かのきっかけをつかむために『写真を撮って下さい』などという事がありますが、その後でお金をだまし取ろうとしている事があるので注意しましょう。

カテゴリ: 

関連記事

税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止