賃貸価格と生活の質(効用)の関係を理解して、生活の質を向上させよう!

  • 12 August 2017
  • WEB情報屋

日本で東京都心部でかかる生活費と言えば、ワンルームが月額6万円(最低レベル)だとして、水道光熱費1万円で、住居費用が合計7万円にもなります。7万円以下の場所になると、相当に条件が悪くなってきます。もちろん、東京都心部を選ばず、郊外などの物件(例えば、神奈川の相模原市とか)にすれば、ワンルーム3万円レベルでも部屋がある事はあります。

東京の最低生活費は15万円

東京における最低の生活費は、月額15万円ぐらいです。これは年収にすると200万円ぐらいになり、それを下回ると、生活の質が大幅な制限を受ける事になってきます。何故なら、家賃が7万円ほどかかる事になり、手元には食費と最低限の生活費ぐらいしか残らなくなってしまうからです。

東京の最低生活レベルは15万円で、それ以下にする事は困難とされています。仕事の関係で都心部以外で探すのであれば、もう少し賃料を落とすことができますが、都心にオフィスが集中しているので生活は不便になってしまうでしょう。

不動産が高いと生活の質が低下

東京のワンルームというのは、月額6万円もするにも関わらず、その広さは非常に狭いものであり、生活の質は決して高い物とは言えません。

家賃を高くして、良い条件の物件に住んだとしても、飽きてしまって生活の満足度が高まる事はありません。賃貸価格をあげたところで、生活の質はあまり上がらないのです。やはり、食べ物の質などが重要になるのかなと思ったりします。食べ物の質をあげていくと、生活の質を上げる事ができます。

何が生活の満足度を高めるか

生活の満足度を高める為に必要なのは、家族であったり、友人関係である事は間違いありません。しかし、日本では少子高齢化が加速して、コミュニティが崩壊してきています。東京においても、多くの高齢者が1人暮らしとなっていて、そうした状況で生活の満足度は非常に低い状況になります。高齢者が年金で1人暮らしの孤独というのは、まるで刑務所に入っているような気分になると言う人もいます。そして、実際に刑務所に入ってみると、そこには多くの人と話ができるコミュニティがあったりして、実際の孤独なワンルームの生活よりも楽しかったという人までいるのです。

生活の満足度を高める為には、孤独にならないようにする事が大事ですが、競争社会の中では、生活水準を落とさない為に誰も高齢者に合わせてくれたりしない(合わせていたら自分が危険になるため)ので、孤独になっている人が沢山います。そして、孤独は不健康でボケを作ったりします。

カテゴリ: 

関連記事

税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止