NAVERまとめはGoogleAdsenseの収益を超えられるか?

  • 25 November 2012
  • WEB情報屋

私の場合には、NAVERまとめにもかなりの時間を費やしていますが、それでもGoogle Adsenseを超えることができません。理由ははっきりしていて、NAVERまとめの単価が0.2で固定されているので、Google Adsense以上にアクセスを集めなければ、当然ながらGoogle Adsense以上の収益が見込めないからです。

NAVERまとめの奨励者認定の不平等

奨励者制度は早期に変更すべき

NAVERまとめでは、奨励者を決めていますが、奨励者になってから「画像まとめの量産」などを行っても、奨励者を外されていません。つまり、全く同じ画像まとめ系を作っても、普通の人なら「単価0.2円」、奨励者に最初になっている人なら「単価0.7円」と開きがでる訳です。

そういう結果を実は多くのユーザーが知っていて、ユーザーは敏感に反応するので、多くのユーザーは良質まとめを熱心に作らなくなります。良い例が「11月開催のNAVERまとめのコンテスト」ですけど、コンテストに出品された作品の数は多くありませんでした。奨励者を奨励していくのは良いのですが、不平等感が出てくると、多くの人が「良いまとめ」を作る動機をなくしていくものでしょう。

奨励者を目指す、目指さない以前の問題として、何人が奨励者で、誰が奨励者かさえ見えないのは問題です。日本の会社に成果主義を導入しても、公正な評価が行われず、不平等であったから上手に機能しなかったのです。NAVERまとめの奨励者制度も、奨励者が特に良い働きをしているとは思えない以上は、制度の変更を早めに行わなければ、多くのユーザーのやる気を損なっていくでしょう。

Google Adsenseのプレミアムアドセンス

こういった状況は、Google Adsenseのプレミアムアドセンスでも見られる傾向です。プレミアムアドセンスであれば、アダルトを掲載してもOKになっているのに、一般アドセンスであれば停止されるという状況です。こうした状況を見て、多くの人がGoogle Adsenseを辞めて、もう少し基準を緩和している場所に張り替えなどを行っています。結果として、Google Adsenseの地位低下を招いているのは、Adsense関係者も知っています。

例えば、Google Adsenseは「何度も違反を繰り返している」として、NAVERまとめに対する広告配信を停止したのですが、結果としてNAVERまとめが「自社の営業を使って広告をとってくる方法」を使った事で、NAVERまとめの急成長の要因を提供してあげる事になりました。結局は、何かを駄目だと言えば、別のやり方を考えるというのが現実でしょう。

NAVERまとめで月間1000万PV達成した人

月額15万円は超える

NAVERまとめでは、既に月間1000万PVを達成しているアカウントの人がいます。この人が奨励者になっているか、なっていないかは不明ですが、月間1000万PVを超えると、単価が0.2円で低く見積もったとしても15万円を超えてくるので、収入としてはそれなりに確保出来ることになります。もちろん、Google Adsenseであれば1000万PVを集めれば50万円を超えてくるかもしれませんが、NAVERまとめはサーバー代金もかからなければ、アクセスを積極的に集める活動を行う必要はありませんので、NAVERまとめの「気軽さ」はメリットです。

簡単には1000万PV集まらないよ

つまり、自分が出費する予算を抑えた形で、マルマル15万円の収入が得られるので、これは本当に「オイシイ話」とだと思います。ただし、NAVERまとめのユーザーが数万人-数十万人と推測される中において、1000万PVを達成できるのは、現状で多くて数人という事には注意が必要です。それだけの時間と頭を使う必要があるという事でしょう。

Adsenseの収益は超えられる

私の場合には、まだNAVERまとめの収益は、Google Adsenseの収益を上回る事ができていません。ただし、Google Adsenseの収益が減少傾向にある中において、NAVERまとめの収益は増加傾向にあります。このまま推移していけば、逆転するのは時間の問題だと思ってしまいます。つまり、NAVERまとめの収益は、Google Adsenseの収益を超えられるという事です。

また、私のように大量にサイトを運営していない人であれば、Google Adsenseからの収益は見込めないと思うので、その場合には、NAVERまとめは良い収入源として期待していけるのではないでしょうか。

カテゴリ: 

関連記事

税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止