アメリカ軍は、マジでさっさと日本から出ていけ!米軍は、日本を植民地化するな!

  • 6 June 2016
  • WEB情報屋

アメリカ軍は、日本から今すぐ出ていけ

アメリカ軍は、戦後の日本を植民地化して、日本国内に大量の基地を設置して、国政にも影響を与えてきました。

戦後に米軍の植民地となった日本

戦後に日本は、アメリカ軍の基地が大量にあった事によって、植民地として機能してきました。アメリカの支持を受けた吉田茂内閣から、ずっとその親戚が総理大臣を牛耳っており、米国資本にメディアが支配されて、全てアメリカの言いなりのような政治が行われるようにコントロールされてきました。日本の教育などは、全てアメリカの統制化で行われて、吉田茂の親戚を中核にした独裁政治をアメリカがサポートするような形が戦後の日本を形成してきました。この結果、日本人はエンタメばかりを見る馬鹿になり、グローバルの競争力も失って、国際的な地位をどんどん落とす事になっています。

日本では、テレビ・新聞メディアの影響力が非常に強いものになっており、新聞の購読者数は世界有数で、新聞・テレビメディアがグループを形成して社会に影響力を及ぼすような支配的な体制が出来あがってきました。大手メディアと呼ばれるメディアグループが

アメリカの支持を受けた一族が独裁政治


地域独立をを損なっている中央集権の独裁国家

日本では、中央集権が世界でも最も強い国家の1つになっています。地方で決められる事まで、国の伺いを立てるような姿勢が今も残っており、地方自治がないがしろにされています。沖縄では、あるべき地方自治の姿がないがしろにされて、国が沖縄の決定に大きく関与しようとしています。沖縄県民の民意では、既に『米軍基地は撤去すべき』という意見が出ているにも関わらず、国が沖縄に米軍基地を押し付けるというような悲惨な事態が起こっています。沖縄の事は、沖縄県民が決めるべきであり、国は沖縄県民の意見を反映させるべきです。

日本は、アメリカの属国ではないし、独立した国になる為にも、アメリカ軍は日本から今すぐ撤退するべきです。戦前は、アメリカ軍の基地は、日本に全くありませんでした。それが戦後になって、日本の土地をアメリカが不当に占拠している状況が70年間も続いてきました。このような植民地化を終わらせなければなりません。アメリカ軍を1日でも早く日本から追い出して、平和な日本を実現しましょう。

カテゴリ: 

関連記事

税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止