Googleの検索エンジンが長文すぎて逆に役立たずの物ばかり出てくるようになってる事実

  • 1 September 2016
  • WEB情報屋

Googleの検索エンジンなんですけど、最近は『長文であれば何でもいい』らしいです。とにかく長文が重視される傾向にあり、、、、それが困った事になっているのです。

何でも長文であれば重視される結果

どういう事が起こっているかと言えば、『東京 観光』などで検索すると、『観光地65選』みたいなのが出てくるのです。いやいや、65ヵ所も見ませんから、面白い所を教えてほしいのに、65ヵ所と言えば、全く観光地らしくない知っているところも入ってくる訳ですよ。例えば、観光地として六本木ヒルズが紹介されてるけど、それって今さらいらなくないか?と。誰でも知ってるから。東京タワー!!みたいなのを紹介されて、嬉しいかな、、、それって、求めている情報ではない気がする。

Googleが分からない事は、『こちらがどれだけ東京に詳しいか』という事なんですね。東京在住の人であれば、東京に詳しくて当然であり、東京の観光地と言ったって、主要な観光地ではなくて、もっとカップ炉でデートにいくような細かい観光地を知りたいかもしれない。それが、65ヵ所から探せって、、、検索の意味がなくないかと。

同じようなページばかりになってる

東京の観光地と言って検索したところで、本当に同じようなページの検索結果ばかりなのです。お決まりのパターンで、『東京 観光』と言えば、上野動物公園、浅草、東京タワー、六本木ヒルズとリストが並べてあるだけ。知っているところをリスト化されても無意味だと思うのですが、検索結果の多くがそんなものばかりになっています。まるで、コピーしたようにワンパターンなんです。

観光情報だけではないですよ。恋愛情報も同じで、全くのワンパターン化が激しいのです。どっかで見たことがある記事だな、、、みたいな記事ばかり。コピー記事をちょっと書き換えているからそういう事になるんでしょうけど、それにしても、、、マニュアル化された恋愛みたいなものばかりです。もっと、魅力ある面白いコンテンツがないのかなと思ったりします。そういうコストがかかる事をやっても、Googleの上位に出ないものだから、誰もやらない。結果として、面白くないSEOページが量産される結果になっています。

今のGoogleの検索エンジン向けには、意味が通る長文を書けばいいのですか?応えはイエスです。Googleは、結局、それを求め始めていると感じます。とにかく1万文字のものを30ページでも書けば、ページは3か月後には上位にあがっていくでしょう。それが読まれていなくても。

鉄壁の恋愛系・観光系

恋愛系は、常に検索されているので、Howto系だと鉄壁で大量に情報があって、本当に似たようなものばかりです。特に考えられていなくて、成功するか、しないかなんてどうでもいいという内容の物ばかりですけど、とりあえず読まれている感じです。

観光系のコンテンツは、もう嫌なぐらい同じ場所ばかり。六本木ヒルズ~東京タワ~みたいな。他に紹介するところないのか?と言いたくなります。Googleの検索エンジン対策の為に、もう無意味とも思えるような場所を『観光地』として紹介したりもしていますね。カップルだったら絶対に行かないよーと思うような場所まで。どうなんだろう、それ。

 

タグ: 
カテゴリ: 

関連記事

税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止