マイクロソフト社のWindows8を搭載したタブレットPCのSurfaceを買う?買わない?

  • 16 July 2012
  • WEB情報屋

タブレットPCと言えば、iPadを使っているユーザーが多いですが、WindowsがタブレットPCを発売する事が話題になっています。マイクロソフトは、Windows OSを中核とした企業ですが、これからは「ハードも設計して、販売する会社」に変貌するという事です。また、Windows8では、「Windows Store」というアプリケーションストアが実装されて、ソフトもマイクロソフト社を通じて提供するようです。

2012年10月頃に発売予定とされていて、Apple社のiPadにはない特徴を備えているという事から注目が集まっています。

ネットブックを薄くしたような見た目 
Surface

ネットブックよりも、更に「読むこと」に重きを置いた作りに見えます。 
Surface


AppleのiPadと異なっているのは、作業が可能という事です。 
Surface


遠くから見ると、薄型のノートPCのようにも見えます。 
Surface


タブレットPCだけあって、本当に薄いです。 
Surface

カテゴリ: 

関連記事

税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止