イケダハヤト氏の語る住宅制度

  • 8 July 2013
  • WEB情報屋

電車の中でスマートフォンを使って、住宅の賃貸制度についてGoogleで調べていると、2回もIkeda Hayato氏のブログに遭遇する事になりました。Ikeda Hayato氏は、ブログに何度か日本の住宅政策の問題点を指摘していて、それは興味深いものです。このようなニッチなキーワードの検索の上位にでてくるなんて、さすがに有名ブロガーだけの事はあると思いました。

Ikeda Hayato氏の場合には、ブロガーという社会的には珍しい職業なだけに、従来のサラリーマンには無い発想で経済的な工夫などを行っており、その事が住宅事情などに関心が向く事に繋がっているのかもしれません。

デフレ、人口減、空き家率上昇中!なのにバブル期から「家賃」がまったく下がらない理由
http://www.ikedahayato.com/index.php/archives/24824
Ikeda Hayato氏は別の方の文章を引用して、昔より「高品質・高家賃」が家賃が下がらない原因としています。

一年の1/4は「住むため」に働いている?高すぎる「家賃」をどう考えるか
http://www.ikedahayato.com/index.php/archives/23596
「住む為に働く」という事について自分の体験から「何か別の方法がなかったのか」と回想しています。

住居に苦労する人は全てに苦労する

東京では、若者だけ出なくて、ファミリー世帯なども住居に大変に苦労しています。若者の場合には、20万円の手取りのうちで4分の1とも3分の1ともされる金額が家賃に消えてしまいます。残った金額は10万ちょっとであり、お金を貯める余裕がほとんどない状況になるでしょう。また、ファミリーなどで住むようなマンションになれば、賃貸で15万円ほどになり、こちらも手取りが45万円のサラリーマンからすると3分の1にあたって大変に厳しい状況を強いられます。

日本の情報産業は、全て東京に集まっていますので、東京に出てこないと得られない情報、人脈が多いのも事実です。そうはいっても、田舎でできる仕事であれば、田舎で行うことで、力(つまり金)を蓄える事ができるので、それから東京にでてきても良いかもしれないですね。実際に、Ikeda Hayato氏も多摩に移住しています。

国は、若者支援どころではない

低所得の高齢者が生活保護を支給されているという事は有名ですが、国は自力で何とかできる若者を放置してでも、低所得高齢者を何とかしようとしています。少子高齢化社会で、とにかく行き場のない高齢者の問題が山積みになっていて、若者どころではないのです。

国が建設する施設についても、若者をどうのこうのというよりは、高齢者をいかに介護していくかという事を前提にしていて、高齢者向けの住宅などを次々と建設しています。体が弱かったり、独り身になった高齢者を放置しておく訳にはいかないので、国が支援していくのは当然なのですが、その支援が追いつかない状況になっています。

低所得の高齢者となってくると、若者よりも更に深刻で、収入源がない、貯金がない、将来がない、病気があるという大変な状況になっており、それを世話するのは、若者1人を自立させる以上に大変な事になってしまいます。生活保護を受ける高齢者は、今後もどんどん増えていくものとみられています。

東京は買った方が安い?

東京のマンション(ワンルーム-1K)は、安いところは500万円ほどで売りに出されています。500万円の物件を見ると、築15年-20年ほどのものが多くて、広さは20平米ぐらいのものが多くなっています。東京のマンション(ワンルーム)で、築10年ぐらいで、広さが20平米以上の物件になってくると、800万円-1000万円という価格になってきます。少し良い場所というとすぐに1000万円級の物件になるのが東京ですね。

月額8万円の賃貸であれば、1年間借りていると100万円にもなってしまって、5年で中古物件が買えてしまうという事になります。こんな事であれば、最初から600万か700万円の中古物件を購入していた方がいいのではないか?と考えてしまいますが、それには大きな問題がでてきます。大きな問題点としては、以下の3点があげられるでしょう。

問題(1)600万円とか700万円の現金を準備できない(ローンになる可能性も)
問題(2)築10年以上の中古物件は、修繕費がかかる
問題(3)ワンルームや1Kを買っても、結婚後に使えなくなる可能性が高い


最も大きな問題としては、ワンルーム・1Kなどに住んでいる年齢において、現金が準備しづらいという事があるでしょう。現金600万、700万円ぐらい準備していれば、ワンルーム・1Kには困らないと思うのですが、現金が手元になければローンを組むことになってしまって、ローンでは割りにあわないという事で賃貸になっている人は沢山います。

 

カテゴリ: 

関連記事

税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止