レンタルサーバー&VPSを超低コストに抑え込めば、アフィリエイトが絶対に儲かる

  • 15 January 2017
  • WEB情報屋

ブログのアクセスが伸びない!とか、アフィリエイトで稼げない!と悩む人は多いのですが、とにかく赤字にならなければ、そのサイトを放置して別のサイトを立ち上げて稼ぐきっかけにすることができます。稼いでいる人を見ると、1つのサイトで稼ぎまくっている人というのは少数で、いくつかのサイトを分散して運用している人が多いのです。1つ目のサイトで成功しなくても、2つ目、3つ目を展開して、どれかのサイトで利益を出せればそれでいいわけです。

私が使っているサーバー

このブログで使っているサーバーは、バリューサーバーなんですけど、使っている理由は単に『安かったから』です。もう、10年以上も使っていて、良いお客さんになっていると思います。サーバーが安い所を選んでおけば、ブログでそんなに利益が出なかったとしても、そのサーバーごと放置して、別のサーバーをレンタルして運営するという方法に頭を切り替える事ができます。あまり、儲からないサイトに時間を費やしても意味がないのです。だからと言って、サイトを廃止すると今まで書いた記事もあるし勿体ないという事で、取りうる選択肢は、『サーバーごと放置』です。

レンタルサーバーでは、ヘテムルも使っていますが、大容量なんですけど、メモリが小さすぎて微妙です。いくつもサイトを運営するには、ちょっと物足りない気がします。それ以上に価格が1500円というのは、高く感じますね。このスペックだと、500円ぐらいが相場になるのかなと思ったりします。1000円以上にしてはメモリが小さくて高額に感じます。

VPSを扱えると安くなる

このブログでも使っているCMSであるDrupalは、Wordpressよりも拡張性が大きいので、はっきり言ってブログで使うには勿体ないです。ブログなどで使わなくても、比較サイトなどを構築するのに向いていますし、投稿型サイトなどを構築する事も容易です。はっきり言って、Drupalを使うのであれば、VPSを使わないときついと思います。さくらのVPSを使っている人が多いようです。

今後、単なるアフィリエイターと言っても、文章だけで勝っていくのは難しくなると思うんですね。アフィリエイトで稼ぐにしても、それなりに技術レベルもあげていかないといけないといけないと思います。VPSを扱えれば、それだけでレンタルサーバーよりも自由度が高くなりますし、コストパフォーマンスも高くなります。特にコストパフォーマンスが高くなるのは、メモリですね。

容量よりもメモリが大事

Wordpressであっても、Drupalを使うにしても、容量は、SSDで20~50Gぐらいあれば十分でしょう。アクセスが多いサイトでは、特にメモリの方が重要になるのかなと思います。月間10万PV~50万PVぐらいだったら何も考える必要はないですけど、それ以上になってくると、それなりのサーバーにしておかないと、結構きつくなってくると思うのです。

結局、技術面があまり分からないと、それだけコストをかけないといけなくなって勿体ないですね。サーバー周辺のところにお金を使うのであれば、記事を外注するところであったり、安い事務所でも借りて快適に仕事としてのアフィリエイトを行った方が良い気がします。

カテゴリ: 

関連記事

税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止