東京五輪組織委員会の事務所がヤバい

東京五輪組織委員会の事務所は、月額4300万円の超高級オフィスになっています。何故、東京五輪の組織委員会にお金がないと言いながら、これほど高級オフィスを借りているのか謎です。月4300万円というと、年間5億1600万円という事になり、2020年まで借り続けると30億円超となる事が指摘されています。

東京新聞の報道によると、東京都知事である小池氏に調査委員会が『このままでは東京五輪開催で3兆円を超える』と報告していた事が明らかになりました。更に『五輪の準備や運営を担う組織委員会が集める民間資金は五千億円とみられ、残る二兆五千億円超は都民の税金など公的資金で賄われる可能性がある』というのです。

東京オリンピックというのは、国民の為に行われる祭典ではありません。ほとんどの人には全く関係のない祭典であり、その為に使われるお金が3兆円以上になるという見通しになっているのです。東京オリンピックの利権関係が汚いと話題になっています。ロゴ製作費が何と1億3千万円で、それを受注している永井一史は、エンブレム選考委員長となっている永井一正の父親だというのです。新国立競技場問題もあって、東京五輪を中止して返上すべきでしょう。

関連記事

税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止