海外で病気になると日本の健康保険が効かない(後から請求可能な場合もある)ので、大変な高額になってしまいます。特にアメリカの医療に注意が必要で、入院した場合に1泊2日の入院だけで100万円以上の請求が来る場合もあります。

日本など精神国では、超低金利の時代になっていますが、その一方でクレジットカードのローン残高も増え続けています。ほとんどのクレジットカードローンを組む人は、『生活の為にカードで借金をする』とアンケートに答えていますが、実際には少ない収入の中で更に無駄使いしている人も多いという現実もあります。

FXであったり、パチンコなどのギャンブルに使って生活費が足りなくなったり、高額商品の買いものをしてクレジットカードローンを組むことになった人が多いでしょう。いずれにしても、超低金利の時代に15%~18%の高額ローンは危険です。

アメリカは家庭の借金が平均で1人500万円(4人家族だと2000万円)にもなっていて、クレジットカードは1人5枚ほど保有しているというのです。まさに個人が借金して消費している状況ですが、その借金の大半が『住宅ローン』だというのです。アメリカでは、住宅価格はずっと上がり続けてきていますので、日本と状況が異なって住宅を手に入れる事は容易ではありません。

銀行のカードローンは、住宅ローン、自動車ローンのように審査がありませんが、非常に高額の金利15%~20%の金利が付きます。銀行のキャッシングを利用する時には、1回払いが原則であり、最悪の状況でも3回払いぐらいにしておかないと、多重債務者に陥る可能性が高くなってしまいます。多重債務の方のブログは、読んでいると、それぞれの生活・ストーリーとドラマが見えます。

毎日のようにテレビ・新聞などを見ている人は、広告に洗脳されていると言われています。更には、インターネットの広告も、どれが記事で、どれが広告か非常に分かりづらくなってきています。Facebookなどには、記事のように広告を表示する機能があり、記事かと思ってクリックすると広告だったという事もあります。

日本マクドナルドは、コーヒー100円戦略でブレイクしたのだが、今の日本で『マクドナルドにコーヒーを買い求めに行く』と言う人はほとんどいないでしょう。それは、コンビニが100円コーヒーを始めた事によって、コーヒーを100円で購入する文化は、全く珍しい事ではなくなったからです。むしろ、マクドナルドに行くよりも、コンビニで100円コーヒーを購入した方が早いという事が明らかです。

関連記事

税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止