有名ブロガーのイケダハヤト氏が高知に移住するのだそうだ。

今は、多摩市に在住と言うことで、東京といっても過疎地の方に住んでいる訳ですが、それでも新宿にアクセスして人と飯を食う事はできますね。日本は中央集権国家ですので、東京に人も物も金も集中していますので、高知とは比較にならない情報が人を通じて手に入るわけです。イケダハヤトさんの決断は、本人の選択なんでしょうけど、何で多摩市だと駄目なんですかね?
 

電車の中でスマートフォンを使って、住宅の賃貸制度についてGoogleで調べていると、2回もIkeda Hayato氏のブログに遭遇する事になりました。Ikeda Hayato氏は、ブログに何度か日本の住宅政策の問題点を指摘していて、それは興味深いものです。このようなニッチなキーワードの検索の上位にでてくるなんて、さすがに有名ブロガーだけの事はあると思いました。

ポイントとなっているのは、セルフも雑誌も、いかに共感を得るかという点でした。

ノマドワーカーで情熱大陸にも出演した「安藤美冬さん」であったり、村上萌さんなど、若手女性で「セルフプロデュース」というので頭角を現す人が出てきています。しかも、テレビとかで有名になる従来のスタイルではなくて、ブログなどを中心にインターネットを活用したところから発想を広げて活躍の場を広げていくのは本当に素晴らしい女性たちだと思うのです。

関連記事

税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止