2006年に撮影された中国ドラマ『奋斗』(2007年公開)には、日本を思わせるシーンが沢山でてきます。例えば、日本料理屋さんで寿司を食べるシーンがでてきたり、日本の浴衣シーンが出てきたりという事です。ビジネスシーンにおいても、日本から投資を呼び込むというような言葉も出てきて、中国人の日本に対する若者の当時の考え方は、良いイメージで入れられています。

関連記事

税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止