私が好きだったまとめのキュレーターの人たちが何人かNAVERまとめの更新を停止するのを見ると、少し寂しいというか、悲しい気持ちになります。しかし、NAVERまとめは「複数アカウント」も認めていますので、この当人たちがNAVERまとめを引退したかどうかは判断できません。まあ、更新しなくなった方に対する興味は特にありません。更新している人がどうやってアクセスを集めているかという点は興味があります。

アクセスを沢山集めている人たちのまとめを見れば、ウェブでどんな場所に需要があるのか分かります。土曜日で暇なので、その辺についてまとめたいと思います。

最近、Twitterなどで「NAVERまとめの更新をやめて、自分のブログやサイトを立ち上げてみよう」という人を数人ほど見かけました。悪くない取り組みだと思いますが、NAVERまとめをやめなくても(NAVERまとめを継続しながらでも)、自分のブログやサイトを行う事は可能です。NAVERまとめをやめないで、NAVERまとめを継続しながらも、自分のブログやサイトを運営してみてはどうかなと思います。

NAVERまとめとYahoo JAPANの記者会見は、用事があってリアルタイムでみる事ができなかったのですが、報道を見る限りでは、Yahoo JAPANとNHN JAPAN社は、日本人のユーザーニーズに合った形での検索を提供しようという目標で一致したようです。

従来の検索エンジンの問題点

関連記事

税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止