商品が大量かつ効率的に売れるように、市場調査・製造・輸送・保管・販売・宣伝などの全過程にわたって行う企業活動の総称。市場活動。販売戦略。

コトラーのマーケティング4.0 スマートフォン時代の究極法則



個人のインターネット上における影響力が増して、インターネットからビックスターが次々と誕生するようになると、個人に価値が付けられる時代になる可能性を指摘する人も数多くいます。今は、VALUなども話題になる事があり面白い試みとして注目されています。

プロ野球選手の場合には、非常に多くの観客がチケットを購入して、プレイヤーの中には数十億円の年俸を手にする人もいます。そのようなプレーヤーは、ユーチューブの中でも生まれ始めています。日本においても、インターネット動画の視聴が伸びており、HIKAKINやHIKARUのように年収数億円を公表する人も出てきました。

イケダハヤトが懸命にVALUを販売して、最も儲かっているのは彼であり、その彼の信者が儲かっている話を聞いていない。彼は確かに1000万円ものVALUを現金化したほどにVALUで儲かったようなので、優秀なオンライン営業マンである事は間違いない。VALUでこんなに儲かるならと、シナプスのオンラインサロンですらすぐに閉鎖した。

ツルハシとシャベル

人口減少の日本においては、不動産はますます価値を失ってきています。不動産が価値を失う事によって、新しい産業として注目されているのがデジタルコンテンツです。今までの書籍などをデジタル化して売るビジネスモデルは、急激に広がっています。しかし、デジタルコンテンツは、単価が安いので、労働力が安価になる事に拍車がかかる可能性があります。

物が売れないと話にならない 販売員が物が売れないのに会社の中に居座られても給料を支払う側は困ってしまいます。その為に『売れた分だけお金を払います』という契約にした方がいいわけですけど、それだと会社員である意味などほとんどなくなります。

インターネットの業界は、既に飽和状態にあり、日本語のインターネット人口は伸びていません。この状況においてどうやって売り上げを伸ばすかと言えば、隣のパイを奪ってくるという事になります。隣よりも、さらに効率化を目指し続けなくては、時間がたてば淘汰されてしまいます。

個人ブログは、2000年代の前半に大量のブログサービスによって活発化しました。今では、個人ブログを独自ドメインでWrodpressなどを使ってある程度の収益を見込んで運営する人も増えてきています。個人ブログには、実に多様な情報が掲載されるようになってきていて、インターネットで実用的な情報を調べられるようになってきています。

実用的な情報というのは、ランサーズで無名ライターが激安で請け負った情報ではなくて、実際に自分が使ってみた商品のレビューとか、サービスのレビューなどが役に立ちます。そういう情報は、2ちゃんねるに整理されて出てくる事はありません。

こんなに安い洋服を売っているはずの洋服屋さんが、どうしてこんなに利益を上げられるのだろう?と疑問に思っていた事があります。

安い洋服を売っているはずの洋服屋さんは、随分と宣伝に熱心で、どんどん宣伝・広告費をつぎ込んで売り上げを上昇させました。宣伝・広告にお金をつぎ込んでも元が取れるのは、本来のその服が良いカラではなくて、もともと安い服にかなりの利幅を乗せて売って、それを宣伝で売ると消費者は簡単に騙されるという事です。

旅行を楽しもうという時には、空港に1泊するかどうか悩む人は多いと思います。格安航空会社LCCに乗って旅行をする時には、成田空港、羽田空港の早朝便、深夜便など不規則な航空便が多くなっていて、昼間に旅行するのに比べて非常に体力を消耗します。体力を消耗する旅行というのは、ダラダラ、グダグダになる可能性もあって、旅行全体が楽しめなくなってしまう事もあります。

アマゾンの書籍を買う時には、必ず『レビュー』というものをチェックする人が多いでしょう。また、最近ではホテルを予約する時にも、クチコミを信頼してホテルを決める人が増えています。

人の紹介の威力は絶大

口コミの中で特に大きなウェイトを占めるのは女性で、女性の会話能力によってクチコミが大きく広がるとされています。女性と言うのは、何気ない会話の中で情報交換を絶えず行っていて、それをもとに消費行動を決定するという事が良くあります。

楽天市場のビジネスモデルとしては、店舗からの出店手数料が大きな割合を占めていますが、それと同じく重要な売り上げになっているのが『店舗が出稿する広告費用』になっています。楽天からのメールの広告であったり、楽天市場のトップページに表示されるバナー広告です。

また、楽天市場の検索結果で、『上位表示を入札によって競争させる』ことによって、お店に広告を出させるという戦略で売り上げを上げています。

関連記事

税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止