商品が大量かつ効率的に売れるように、市場調査・製造・輸送・保管・販売・宣伝などの全過程にわたって行う企業活動の総称。市場活動。販売戦略。



個人ブログは、2000年代の前半に大量のブログサービスによって活発化しました。今では、個人ブログを独自ドメインでWrodpressなどを使ってある程度の収益を見込んで運営する人も増えてきています。個人ブログには、実に多様な情報が掲載されるようになってきていて、インターネットで実用的な情報を調べられるようになってきています。

実用的な情報というのは、ランサーズで無名ライターが激安で請け負った情報ではなくて、実際に自分が使ってみた商品のレビューとか、サービスのレビューなどが役に立ちます。そういう情報は、2ちゃんねるに整理されて出てくる事はありません。




こんなに安い洋服を売っているはずの洋服屋さんが、どうしてこんなに利益を上げられるのだろう?と疑問に思っていた事があります。

安い洋服を売っているはずの洋服屋さんは、随分と宣伝に熱心で、どんどん宣伝・広告費をつぎ込んで売り上げを上昇させました。宣伝・広告にお金をつぎ込んでも元が取れるのは、本来のその服が良いカラではなくて、もともと安い服にかなりの利幅を乗せて売って、それを宣伝で売ると消費者は簡単に騙されるという事です。




旅行を楽しもうという時には、空港に1泊するかどうか悩む人は多いと思います。格安航空会社LCCに乗って旅行をする時には、成田空港、羽田空港の早朝便、深夜便など不規則な航空便が多くなっていて、昼間に旅行するのに比べて非常に体力を消耗します。体力を消耗する旅行というのは、ダラダラ、グダグダになる可能性もあって、旅行全体が楽しめなくなってしまう事もあります。




アマゾンの書籍を買う時には、必ず『レビュー』というものをチェックする人が多いでしょう。また、最近ではホテルを予約する時にも、クチコミを信頼してホテルを決める人が増えています。

人の紹介の威力は絶大

口コミの中で特に大きなウェイトを占めるのは女性で、女性の会話能力によってクチコミが大きく広がるとされています。女性と言うのは、何気ない会話の中で情報交換を絶えず行っていて、それをもとに消費行動を決定するという事が良くあります。




楽天市場のビジネスモデルとしては、店舗からの出店手数料が大きな割合を占めていますが、それと同じく重要な売り上げになっているのが『店舗が出稿する広告費用』になっています。楽天からのメールの広告であったり、楽天市場のトップページに表示されるバナー広告です。

また、楽天市場の検索結果で、『上位表示を入札によって競争させる』ことによって、お店に広告を出させるという戦略で売り上げを上げています。




インターネット業界では、分かりやすいものが好まれる傾向があります。イケダハヤトの主張というのは、20代のシンプルな若者という分かりやすさがありましたが、それは30代になってくると客観的な事実を求められるようになって、自己主張だけではやっていけなくなるという事を実証しています。

イケダハヤトに100%共感する人以外は、主張だけの為にお金をかける事をしようと思わず、イケダハヤトのオンラインサロンは、伸びるどころか、人数が77人まで減少しています。




シェアリングエコノミーでは、クラウドワークスが赤字で、株式会社ココナラも赤字ですが、それにも関わらず様々な会社がシェアリングエコノミーに参入しています。システムを作ってしまえば、後は手数料で儲けられるという比較的参入障壁の低いビジネスモデルだからです。




日本が国債の借金を返済する前提としては、日本人の労働意欲が高くなくてはいけません。財政出動によって、労働意欲が高い日本人が多くなれば多くなるほど、財政出動というものが価値あるものになります。しかし、今の日本においては、いかなる積極財政を行ったとしても、日本人の労働意欲が上がる事はなく、経済の活性化に全く繋がりません。




アフィリエイターのブログを見ると、SEOスキルの話ばかりが書いてあって、株式、不動産、技術の話題が非常に少ない。それは、単にGoogleという存在の中で記事を上位に持っていくという目先のテクニックの営業行為に依存している事を意味していると言えるでしょう。Googleで上位に持っていく事は大事ですが、それが資産価値だと思いこんでいると、Googleに弾かれたら資産価値が皆無になってしまいます。そんな人の資産価値に左右される資産など、資産価値が評価できるか分かりません。




税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止


Subscribe to マーケティング