NAVERまとめが『パクリ』と批判される事がありますが、NAVERまとめの場合には、引用リンクがあるので、『著作者を表示』している事だけは確かです。そして、著作者を表示した上で、文章をそのまま引用してくるのであれば、論文の書き方と同じであると考えられるので、著作権としても問題ありません。WELQのように勝手にインターネット上の文献を書き換えて、著作者を全く明示せずに『自分で書いた文章』であるかのように装って掲載するのは、著作権違反で盗作に当たります。

ライブドアブログのランキングで上位になっているとされるイケダハヤト氏だが、ステレスマーケティングの常連になってしまっている。彼が稼ぎたいのは良く分かるし、年収1000万円という個人事業主として成功?と言える数字になったのは、純粋におめでたい話だと思います。しかしながら、企業の宣伝を記事にして、捨てすマーケティングを行うのは、ブロガーとして悪質であり、記事の信頼性を損ねるやってはいけない行為でしょう。

サービスを提供する側というのは、常にお金を支払う顧客の事を良く考えてサービスを提供しなければいけません。それは、ブログを書くブロガーだって同じ事です。

関連記事

税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止