クレジットカードで借金してはいけない理由!カードの金利はマジで高い


アドセンス広告

  • 7 May 2017
  • のぶやん

最近、銀行系カードが乱発されるようになって、個人がクレジットカードでお金を借りる事が簡単になりました。アベノミクスで日銀が金融機関にお金を渡して、そのお金を個人にカードローンの高利で貸し付けているのです。

個人向けにカード乱発

最近では、職業欄に『派遣社員』と書いたところで、簡単にカードが発行されるそうです。限度額は、カード会社によってまちまちのようですが、ショッピング、キャッシング合わせると100万ぐらいの限度額は簡単に行くようで、『借金ブログ』などと調べると、多くの個人が収入以上に多額の借金を背負っている事が分かります。

今までは、『消費者金融』と呼ばれる人たちが行っていた高利貸し業務を一般の銀行系のカード会社が行うようになって、個人のキャッシング残高が増加しているのです。

金利18%という恐怖

銀行系カードが高利貸しになって、18%という超高金利で貸し出しを行っています。例えば、50万円を借りてしまった場合には、12カ月で10万円の金利が付くのです!つまり、僅か50万円を借りているだけにも関わらず、1ヶ月あたり1万円を金利の返済だけに充てるという恐ろしい状況が生じてしまいます。銀行側からすると、多くの個人に少しずつ貸し出しを行う事で、大儲けできる訳です。

50万円ほどであれば、一生懸命に働けば誰でも返せない金額ではありません。しかし、100万円を超えてくると、派遣社員などの不安定な職業では返済する事が困難になる人が出てきます。例えば、100万円の借金があったとすると、1年間に金利だけで15万円~18万円の金利がかかってくる事になってしまいます。1ヶ月当たりで1万円を軽く超える金利を支払った上、元本も返済しなくてはいけないので、職業が不安定な派遣社員で返済に数年かかったとすると、金利だけで元本を超えてしまいます。

リボ払いで人生オワリ

リボ払いを行っていると、1ヶ月に1万円ほどの返済に抑える事は可能ですが、借り入れを続けているとすぐに返済金額が限度額に到達してしまいます。限度額に到達した時には、数十万円の借金になっているので、1万円ずつ返済していたのでは、いつまでたっても返済を終える事ができません。本来、5万円ずつ返済していけば返済を終える事もできるかもしれませんが、借金している家庭にはそんな余裕がないものです。

いろんな人の借金ブログを見ると、普通に働いているサラリーマンが3社以上、100万円以上の借金を抱えると非常に厳しい状況に陥る事が分かります。いわゆる『多重債務』という状況で、多重債務に陥ると『借金を返す為に借金をする』という非常に悪い連鎖になってしまっています。サラリーマンのカードローンだとどんなに頑張っても500万ぐらいが借り入れ限度で、それ以上の金額になると、任意整理か自己破産しか手段がなくなってしまいます。

返済が月々1万円ずつではなくて、月々の返済が5万円ぐらいできるのであれば、リボ払いも借金を返し終える事ができるかもしれませんが、50万円も借金して月々の返済が1万円ずつだと、金利だけの支払いになってしまって、いつまでたっても返済が永久に終わらない事になってしまいます。その場合には、いつまでにどういった形で返済するのかをプランを考えなくてはいけないでしょう。

堅実に所得を増やすこと

いろいろな借金ブログを見ると、借金500万円に及んで自暴自棄になり、パチンコ・FXなどのギャンブルでお金を返そうとして更にお金を失う結果になっています。コツコツと真面目に働いかずに一気にお金を返そうとやっきになればなるほど、どんどん負けていきます。ギャンブルでも、負けた人が取り返そうとして負けるのだそうです。

ギャンブルで発生させた借金は、真面目に働いて返済する以外に方法はありません。ギャンブルで発生させた借金に対しては、自己破産ですら基本的に認められていないからです。弁護士、司法書士に相談しながら人生をかけて返済するしかないと考えた方が良いでしょう。前向きに返していければ、普通に生活しながら10年ぐらいで返済を終える事ができる場合もあります。

コツコツとやる堅実が大切

地味な勉強であったとしても、コツコツと地道に積み上げていけば、誰もできない領域に達する事ができます。同じように一発逆転にかけず、少しずつ稼いでいけば、他の人に差を付けて『非常に大きな稼ぎ』にする事ができます。FXで5万円稼ぐ事は大きなリスクを伴いますが、ブログをコツコツと仕上げていくアフィリエイトであれば、リスクを伴わずに継続して5万円稼いでいる人も多いです。

早めに借金の危険に気づこう

借金から立ち直った人を見ていると、借入金が200万円ぐらいで減少に転じている事が多いです。逆に500万円ぐらいまで借金の危険に気が付かなかった人は、返済が遅れに遅れて、かなり危機的な状況になって任意整理に至っているケースが多いです。所得が普通のサラリーマンレベルで、500万円を超えても、更に周囲から借金を重ねて任意整理すら行わない人は、もうオワコンです。後は、夫にナイショ、嫁にナイショというのも人間関係が壊れるので結構ヤバいです。

住宅ローンを安易に組まない

結婚すると住宅が欲しくなる気持ちは分かりますが、そこで冷静に将来を考える必要があります。頭金が少ない状態で住宅を購入してしまうと、返済が本当に苦労の連続になってしまいます。返済できないと住宅を取り上げられてしまうという恐怖から、住宅ローン(低金利)を返済する為にカードローン(高金利)に手を出すという人もいて、それをやると破滅に向かってしまいます。

住宅ローンは、頭金が少なければ、最初のうちの返済が金利のみになってしまいます。金利のみ返済して、それが終わってから元金の返済になりますが、その時に返済できなくなって住宅を売却したとしても、買った時よりも非常に低い低価格でしか売却ができないのです!返済ができないからと言って住宅を売ったとしても、手元に借金だけが残る結果にりかねません。

住宅ローン+ショッピング(キャッシング)ローンとなると、月額の返済額は想像以上に大きなものになって、生活が相当に苦しくなる可能性があるでしょう。確かに賃貸で家賃を支払っていても生活としては変わらないのですが、賃貸の方が引っ越せる分だけ気持ちが楽かもしれませんね。その辺も考えて、頭金を出来るだけ蓄えてから購入するようにするのが良いと言えるでしょう。住宅には、住宅ローンの返済だけではなくて、固定資産税もかかってきて、電気代・ガス代などの維持費も多額になります。2000万円、3000万円の買い物は、本当に良く考えてから決めるべきでしょう。

カテゴリ: 
おすすめ: 

インターネットショッピングに便利

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

アドセンス広告

関連記事