ビットコインの発掘とコンテンツの提供は、データを生成するという点において類似している

  • 19 June 2017
  • webplatform

ビットコインの発掘というのは、『記帳する作業を手伝う事である』と言われています。

インターネットに記帳する作業

ブログを書いているのは、インターネット上に記帳する作業という意味では、ビットコインの貴重作業とブログを書く行為は変わるところがありません。ただ、ビットコインの場合に記帳されるのは数字のトランズアクションであり、ブログに記載されるのは文字データのトランズアクションという点で異なっています。一般的には、文字データのトランズアクションの方が数値よりも複雑で、読解を必要とします。数字は万国共通のものですが、文字情報というのは読解力を必要とします。

ビットコインの記帳作業を行う事に寄ってお金が発生するという提案は、ビットコインの記帳作業を活発化させて、今では大型コンピューターで行わないと貴重でお金をプラスにする事が不可能とされています。まるで、アフィリエイトで稼ぐのと同じようなもので、記帳の速度が発達すればするほど、コインを得る事が難しくなっていくという仕組みです。

上限が2100万枚と決められているビットコインは、枯渇が決まっている運命にあるので、希少価値が高まるとされています。ビットコインに限った事ではありませんが、発掘作業がますます大変で高度な作業となってくるのは明らかであり、ビットコインの保有格差に発展する可能性すら出てきています。

意味のある記帳作業

文字情報であったとしても、人々に意味のある貴重作業をしなくてはいけない時代になっています。インターネットにおける記帳作業は、それが意味があるものになる為には、人々が『見やすくて面白い』と思う必要があります。単にデーターを生成しただけだと、それが意味があるものに仕上がらないので、見やすくて面白くする必要性があるのです。

私たちは日常的に『コミュニケーション』という記帳作業を行っています。例えば、LINEで会話を行ったり、Twitterでコミュニケーションを行っているのは、記帳作業と言えるでしょう。しかし、こうしたサービスが永久に何十年も続くと思っている人は誰もおらず、新しいサービスが生まれて寿命を終えたら、これらのサービスは終了します。その時点で記帳された内容は消失すると考えても良いでしょう。このように考えると、ビットコインが枯渇するというのは、ビットコインがその役割を終えて消滅すると考えても良い事になります。

銘柄としてのビットコイン

ビットコインを1つの記帳サービスだと考えると、ビットコインは1つの銘柄としての価値と考える事もできるでしょう。そう考えると、多くの記帳サービスが生まれている中で、使われやすい仮想通貨が価値を持っていくという事になります。分かりやすいのは、やはり決済手段として価値を持つという事で、決済手段として利用価値が広まれば、その通貨が値上がりすると考える事ができます。

カテゴリ: 
おすすめ: 

関連記事


税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止