レンタルサーバーの大容量に騙されるな!最近のレンサバが使いものにならない

  • 12 December 2017
  • のぶやん

1000円で大容量100GBです!200GBです!と言ってるような大容量レンタルサーバーに注意しましょう。大容量を言っても、実際に大容量が扱う事ができない『詐欺まがいのレンタルサーバー』が増えています。100GBと言いながら、20GBほどを利用すると、ファイルの移動が不可能になったり、バックアップが出来なくなったりする症状が出てくるのです。

使えない格安レンサバ

月額800円~1500円ぐらいで提供されているレンサバの中には、高機能・高性能を言うほど使いものにならないレンサバが多いです。以前であれば、写真を設置する容量もそれほど必要なかったし、スピードも気にならなかった。最近は、Wordpressであったり、DrupalなどのCMSを設置する人が増えたので、サーバーに要求される質も上がってきています。

月額800円~1500円も支払うにも関わらず、実質的に100円サーバーと変わらないようなパフォーマンスしか提供しないレンサバが増えているので、本当に注意が必要です。更に初期費用などを徴収するとなると、もはや論外としか言いようがないでしょう。

初期費用無料が当たり前

初期費用が有料のサーバーと契約すると、解約しづらくなってしまいます。初期費用無料のサーバーと絶対に契約してはいけません。海外では、初期費用など取る会社がほとんど皆無で、初期費用どころか初期1ヶ月無料プレゼントやクーポンなどが配布されているほどです。日本の会社で初期費用を徴収する会社は絶対にやめましょう。

日本でレンタルサーバーでも初期費用無料のキャーンペーンを行う時があるので、そうしたキャーンペーン期間中に申し込むと良いでしょう。もしくは、A8.netのようなアフィリエイトサイトで、自己アフィリエイとを使って申し込むと、実質的な初期費用を無料にする事もできるようになります。

VPSの選択肢の方がいい

最近では、PHPやMysqlのインストールをセットにしたLumpなどのパッケージも進化しているので、VPSの敷居もかなり下がっています。日本で初期費用が無料のConoHa VPSのようなVPSがオススメです。月額630円で、3000円のレンサバと同じだけのコストパフォーマンスを得られる事ができます。ただし、SDDの容量だけが少ないのが難点になります。

日本国内であれば、私も契約しているConoHaのVPSが初期費用も無料で、月額630円から使えるのでオススメです。

カテゴリ: 

関連記事