韓国政府が仮想通貨を規制したがっているのは、韓国ウォンが弱いから

  • 13 January 2018
  • のぶやん

韓国政府が仮想通貨を規制したがっているのは、韓国ウォンがもともと通貨として強くないので、コントロール不能になって金融危機に繋がるのを恐れているのです。韓国人が韓国ウォンでなくて、仮想通貨を持ち始めるようになったら大変です。

先日、韓国法相が『仮想通貨の取引所の閉鎖を目標にしている』と発言してビットコインが大幅に値下がりする事態となりました。

日本で仮想通貨の人口100万人

日本では、既に100万人ほどが仮想通貨に投資していると報道されており、その数を増やし続けています。外国為替FXの人口が400万人ほどとされているので、それに迫る勢いを見せています。

このように日本・韓国などで仮想通貨が熱狂されているのは、その爆発的な値上がり益によって億万長者になったという話で、庶民の社会的な不満が仮想通貨に乗り移っているという事もあるでしょう。

 

日本政府は規制の見通しなし

日本政府は、仮想通貨で世界で最大の税収を得たとされていて、2017年に9兆円の税収増があったのではないかとも言われています。日本では、総合課税で雑所得にする事に決めたので、規制を行うよりも、税収を得られるメリットの方が大きいと判断しているのでしょう。また、経済界も仮想通貨を前向きにとらえています。

カテゴリ: 
タグ: 

関連記事