イケダハヤト氏が絶対に教えてくれない仮想通貨で儲かる方法

  • 15 January 2018
  • のぶやん

イケダハヤトは、プロのアフィリエイターなので、本当の事を全く書いてません。イケダハヤト氏は、優秀なインターネットの営業マンですけど、技術系に非常に疎いのか、それとも隠しているのか知らないですけど、仮想通貨で本当の事が書かれていません。

仮想通貨でぼろ儲けしたければ、良く分からないICOに参加とかするのではなくて、自分でパソコンを準備してマイナー通貨を発掘しまくるのが最も儲かるのです。イケダハヤト氏のツィッターやブログでは、その事実にほとんど触れられていません。

自分のパソコンで発掘した仮想通貨が取引所に上場して値上がりしたタイミングでビットコインにチェンジして(日本円に換算した)税金を申告すれば、税務申告も大変にシンプルです。発掘で使う専用パソコン代金、発掘に使うさくらのVPSのサーバー代金は、全額経費に出来ます。

初期の発掘だと1円で1コイン

仮想通貨が出たばかりの初期の発掘だと1円で1コインというコインをゲットする事ができます。そして、2017年の例を見ると、1円でゲットしたコインが2000円になったりしているので、初期のうちに発掘を頑張って通貨を掘りだしていた人がぼろ儲けしています。2018年もゴミ通貨が化ける可能性は十分にあります。

取引所に上場されてから高値のものを購入しても、あまり儲ける事はできません。ICOで購入すると言っても、そもそもICO自体の価格が高かったり、訳の分からないICOが多くてムダ金になる可能性が大きいです。ICO銘柄を購入するより、発掘用のパソコンを買った方がいいかもしれません。

取り扱い銘柄が100種類を超えるBinance(バイナンス)でマイナー通貨をビットコインに変えて、国内で最も信用できるGMOコインに口座開設して日本円に換金するのが王道であると思います。

パソコン1台が富を生む

銀行が従業員の大量採用をして記帳(トランズアクション)させる時代は終わりました。今では、個人のパソコンで仮想通貨の発掘(記帳作業:トランズアクション)を行って、それがお金になる時代になっています。発掘作業は、人間が関わらなくてもほぼ自動で行ってくれます。

従来のパソコンは、『富を生み出せない個人』が買うにはスペックが高すぎたので、激安なものに値下がりしました。しかし、発掘に使って富を生み出す事が出来るならば、高額のパソコンを購入する人は沢山いるでしょう。

日本の電気代が高い

仮想通貨の発掘が盛んなのは、電気料金が激安の中国です。日本では、原発利権などがあって、官僚の天下り先企業などが何もしないで高額報酬を得ているので、電気代が非常に高くなっています。電気代が高い事は、発掘を行うと赤字になる可能性が強いという事です。

最近では、反原発の運動なども起こって、原発をなくす動きも広まっています。米国のシェールガス実用化なので、世界のエネルギー資源が余り始めています。原発を使った超高コストの発電をやめて、日本も火力・水力・自然エネルギーで激安の発言を実現する時期にきています。

仮想通貨の発掘方法が分からない

仮想通貨の発掘を行うのは、ほとんどの場合にWindowsやLinux向けのプログラムが配布されているので、プログラムを実行する非常にシンプルで簡単なものです。ただ、パソコンの初心者には難しく感じるかもしれませんし、それなりのスペックのパソコンがないと発掘が厳しいのも事実です。

パソコンを使ってマイナー通貨を発掘する方法は、やり方を知ってしまえば、誰でも出来るほど非常に簡単に出来る作業です。非常に簡単に出来る作業ですが、その方法を書いたものがインターネット上に少ないので、多くの人が発掘にチャレンジしていません。

カテゴリ: 
タグ: 

関連記事