仮想通貨のFX取引でスワップポイントが消費者金融並みに高額でヤバい!

  • 21 January 2018
  • のぶやん

数日前まで資産1億円を達成して『億り人』を自慢していた人は、ロスカットで口座残高がマイナス1600万円になるという悲劇が起こっています。自分の資産で売買する現物取引でこのような事は起こらないので、お金を借りて取引を行った結果、口座残高がマイナスになったのです。

仮想通貨の値動きは、外国為替FXより変動が大きいので、信用取引のレバレッジに細心の注意を払う必要があります。数千円の少額から遊ぶには、仮想通貨の値動きが激しいので面白いかもしれません。

マイナス1600万円

仮想通貨の信用取引

仮想通貨の取引所で金を借りて信用取引を行うと、金利が1日0.05%、1ヶ月で1.5%、1年で18.25%になり、クレジットカードで借金するのと何も変わらない状況になってしまいます。

レバレッジ手数料

大暴落で巨大損失が発生

2018年1月17日から1月18日にかけての仮想通貨の大暴落によって、多くの信用取引でロスカットが発生して、大きな損失を出した人がいました。

カテゴリ: 

関連記事


関連記事