有料NOTEの販売方法!毎月5000円の売り上げを達成


アドセンス広告

  • 9 April 2020
  • のぶやん

NOTEを有料で販売してから半年ぐらいになりますが、1ヶ月5000円以上の収益を上げることができるところまで成長してきました。数百円の記事を20本ほど有料公開していますが、毎日少しずつ売れています。

購入する人の立場にたって、きちんとした記事作成をすることが必要です。そうすれば、サポート寄付を受けることもできるようになります。

有料NOTEの販売をするためには、無料と同じような情報を並べるだけではいけません。無料で読める情報であったら意味がないわけで、有料である理由が必要になります。私の場合には、文字数を増やしてきちんと読めるものに仕上げて、有料記事として販売してます。

NOTE有料価格の設定

NOTEの最低価格は、100円から販売することができますが、100円で販売したのでは大量に販売しないと全く稼ぐことができません。NOTEで書籍ほど売り上げることは難しいことを考えると、最低でも200円~500円ぐらいで販売したいところです。しかし、書籍が数百円で販売している時に、高い価格を設定すると買って貰えないか、買って貰えても読者の満足度が低いものになってしまいます。

読者に損をさせるような販売の仕方は良くありませんので、価格設定をきちんと考える必要があります。有料で販売するからには、10000文字ぐらいは必要になると考えた方が方が良いでしょう。

読者の満足度を高める工夫

読者の満足度を高めるには、ある程度の文字数が必要になるでしょう。私は、1000文字50円以内が相場だと思っているので、10000文字で500円以内に抑えています。大切なことは、購入してくれた読者に「損をさせた」と思わせないことです。そのためには、写真を挿入するなど、楽しい感じのページに仕上げていくことも大事になるでしょう。

オンライン販売ならでわの利点

書籍販売などでは、販売後に修正がきかないのですが、有料NOTEでは、販売後にどんどん修正を加えることができます。つまり、最初に5000文字100円で販売していても、後から記事を追加して10000文字200円にすることが可能なのです。内容が充実したら、価格を上げるのは当然と言えるでしょう。

有料NOTEの販売手法

有料NOTEが沢山売れている人は、販売ルートを持っている人がほとんどです。ツィッターでつぶやいたり、YAHOO知恵袋にコメントでURLを宣伝したりするのも良いでしょう。私の場合には、自分のサイトに有料NOTEのURLを掲載して宣伝しています。アクセスが多い自分のサイトからNOTEに誘導するのは、1つの販売手法として非常に有効です。

タイトルは、販売に大きく影響するので非常に重要です。タイトルを変えるだけで販売できるようになることもあるので、全く売れない場合はタイトル変更した方がよいでしょう。

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

アドセンス広告

関連記事