能力が伸びなければ、報酬も変わらない現実


アドセンス広告

  • 5 October 2020
  • のぶやん

ホテルにおける単純労働者不足

ホテルにおいては、レストランサービスなど、いわゆる「誰でもできる」単純労働者が大幅に不足しています。ホテルが募集しても、あまりやりたがる人材がいないので、関東の山の中にあるホテルなどは、わざわざ交通費を出して、「週末リゾバ」のような形で労働者を派遣して貰ったりしています。そのコストは、新幹線代金が15000円+労働者給与1万円+派遣会社の取り分1万円といった具合で、1日25000円ほどかかる計算になります。それでも週末は労働者を採用したいのです。

ホテルで洗い場を担当するパート

ホテルで洗い場を担当するのは、ほとんどが高齢者のパートになります。40代よりも若い人がやることは稀であり、ほとんどが60代以上の人になります。その一方で、ホールに立つのは、40代より若い人が多くなります。動きが機敏であるというのがその理由になるでしょう。

顧客の需要に応えられる能力

顧客の客層自体が変化している中で、外国人観光客などに対応する能力も求められるようになってきています。英語・中国語などの能力が必要になります。

アルバイトが給料をあげる方法

アルバイトが給料をあげるためには、給料が低い所を辞めるという選択をすることが大切になります。自分の意思をきちんと表明して、辞めるという選択を取れないのであれば、いくら文句を言っても給料はそのままになります。大勢の人が辞めて、誰もやりたがらない仕事は、時給もそれだけあがるはずです。

雇い主を説得する必要がある

雇い主が「この人を採用してメリットがある」と感じると、辞められないように時給をあげてくれるでしょう。

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

アドセンス広告

関連記事