ミニマリストによる「持たない暮らし」とは?


アドセンス広告

  • 28 December 2020
  • のぶやん

ミニマリストの最大のメリットは、「移動の自由を得られること」です。遊牧民が自由に移動しようとすれば、それは保有する財産を限定して、最低限のものだけを持って歩くということになります。要らないものをもって歩くことはできません。

ホテルに住んだ方が安い

都会の過剰に余ったホテルに住んだ方が、賃貸を借りるより安いという状況が起こってきています。東京都心の賃貸ならば、安くても7万円ぐらいするものですが、ホテルに住むなら1泊3000円でGOTOクーポン1000円、朝食付き(時価約1000円)で、実質的に1000円でホテル住まいを実現できるような場所が提供されています。

GOTOを利用するならば、ホテルに宿泊し続けた方がコストパフォーマンスが良くなると言えるでしょう。

移動の自由を手に入れる

いつも保有するものが少ないので、「移動の自由がある」というのがミニマリストの特徴とも言えるでしょう。都心にある3畳物件などは、ミニマリストでしか住むことが許されないような狭さでもあります。しかし、最近都内で出てきている3畳物件は、敷金・礼金・更新料が不要な物件となっていて、「都心に格安で住める物件」として人気になっています。

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

アドセンス広告

関連記事