お金ではない資産の重要性とは?


アドセンス広告

  • 24 January 2021
  • のぶやん

お金というのは、それに価値があるという人間の信仰であり、幻想にすぎません。お金というのは、実際には単なる紙であり、世の中の人がお金に価値がないと信じるようになると、お金は全く無価値なものになってしまいます。

お金より価値があるもの

お金よりも価値があるものは何でしょうか?「お金では簡単に手に入らないもの」には、お金より価値があると考えられます。

人々の考えが価値を決める

ゴッホの絵は、ゴッホの生前にはほとんど無一文のものでした。それが、ゴッホの死後になってから、ゴッホの行き方とともに再評価されて、価値が高くなっていきました。人々が「それに価値がある」と感じることができれば、お金で考えると信じられないような高値が付いたりするものです。

お金の奴隷になる人々

お金に価値があると信仰してしまうと、お金にばかり囚われた生き方になってしまいます。そして、お金の囚人になってしまうのです。思い込みが激しい人ほど、お金の奴隷になりやすいと言えるでしょう。

国家を超越した企業の存在

グローバル企業が国家の規模を超えてしまうと、グローバル企業が国家を超えてその企業の株主、社員を守るようになります。そうなると、国に所属して税金を支払っているにも関わらず、その国を超越した企業に国がコントロールされるようなことが生じてしまいます

お金のやり取りがないグループ

お金のやり取りがない友人関係というのは、「お金では計れない価値」をもつことになります。

時間をかけた友人関係

友人関係には、何かと時間をかけるほど、信頼できる友達ということになっていきます。

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

アドセンス広告

関連記事