お金のために働く人はイライラしている


アドセンス広告

  • 18 February 2021
  • のぶやん

職場がギスギスしていたり、イライラした状況にあれば、それだけで「仕事がつまらない」と思うようになります。

休憩時間に楽しく会話できる

休憩時間に楽しく会話できている雰囲気の良い職場というのは、それだけで「職場に来るのが楽しくなる」という特徴があります。そうすれば、職場の離職率が下がるので、昇給以上の効果があることは間違いありません。誰もギスギスした職場で働きたいと思っていないのです。

給料だけが目的になってしまう

職場がつまらないものになると、働くことの喜びなどを感じることなく、「給料だけが目的」になってしまいます。給料だけが目的になってしまった人からは、改善点が見られることはありません。改善が見られないと、ビジネス環境から取り残されていくことになります。

顧客の満足度が大幅に低下する

職場が「お金のために働く」ような状況になっていくと、顧客の満足度が大幅に低下することになります。

働く人の人生が充実しないといけない

働く人の人生が充実していないのに、まともに顧客にサービスを行うことができるはずもありません。

離職率が高くなってしまう

イライラしている職場においては、当たり前のように高い離職率となってしまいます。楽しく働けない状況だと、どうしても離職率が高くなるのです。そうすると、優秀な人から去っていくことになり、新人と仕事ができない人ばかりになってしまいます。

休憩スペースの充実が必要

休憩スペースの充実も必要になります。

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

アドセンス広告

関連記事