時代の変化に取り残される人たち


アドセンス広告

  • 4 April 2021
  • のぶやん

いつも同じ人とばかり一緒にいる人というのは、「変化を嫌う性格である」と言えるでしょう。

友人関係が固定されると成長しない

いつも同じ友人関係では、その情報も限られたものになるので、人間的に成長することができません。同じ人間とばかり交流してきた人と、様々な人間と交流してきた人では、会話の面白さであったり、深みが違ってくるのは当然と言えるでしょう。

田舎で人間関係が固定されて、同じ人ばかりコミュニケーションを取っていたのでは、本当に世界が全く広がりません。外から来る人を受け入れることもできず、自分たちの世界の中だけで何とか完結させようとしてしまいます。

突然の変化に対応することができない

社会が激動の時代になってくると、変化しない人たちが生き残れない時代になっていきます。突然の社会の変化に対しては、急な対応をすることができない場合が多くなります。

新しいことをはじめるのは面倒

何か新しいことをはじめたり、新しい人間関係を作っていくというのは、大変に面倒なことです。その面倒なことを避けていたのでは、新しい出会いも何もありません。新しい出会いがなければ、自分の周囲だけの会話になってしまって、知識が更新されることがなくなってしまいます。

変化することにコストがかかる

自分が変化していくためには、多大のコストがかかります。そのような変化を嫌っていくことはできますが、嫌っているだけでは世の中においていかれることは間違いないでしょう。例えば、「投資は必要である」と誰もが知っている事実ではありますが、投資に関して勉強しようと言うのは少数です。何故なら、投資に関して勉強するコストが高いからです。しかし、投資をしないと労働だけで豊かになることはできません。

新しい人間関係をゼロから構築するということは、お金、時間を取られることでもあるので、「リスクがあること」とも言えるでしょう。恋愛などは、まさに「ギャンブル」に例えられるほどです。

思い込みが激しくなってしまう

自分が多くの社会を見て、様々な価値観に触れていないと、それだけ思い込みも激しくなってしまう傾向があります。自分の情報がアップデートされていないと、10年、20年も前の話を平気でしてしまうようなことになります。「10年前はこうだったから、今もこうだろう」という信じられないような激しい思い込みをしてしまうのです。

テレビが素晴らしい話題を教えてくれることなどなく、テレビは広告主の広告を垂れ流しているだけの箱でしかありません。そのテレビを話題にするということは、広告主になりかわって宣伝をしてあげているだけにすぎないと言えるでしょう。

時代に取り残される人々

田舎にいて何十年も同じ職場で働いていたりすれば、それは「時代に取り残されて当然」でしょう。

友人を見るとその人が分かる

その人が日頃から付き合いのある友人・人間関係を見ると、その人が分かると言います。

日本は確実に貧しくなった

日本は確実に貧しくなりました。今では、日本のビジネスホテルは、3000円ぐらいで宿泊することができますが、10年前はそうではありませんでした。この10年で日本の貧しさが加速したのです。

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

アドセンス広告

関連記事