近距離でLCCの優位性は失われつつある


アドセンス広告

  • 5 April 2021
  • のぶやん

日本においては、全国に高速道路が整備されているので、例えば「東京~大阪」では、LCCに登場する優勢が失われてきています。

東京~大阪LCCに優位性はない

東京~大阪のLCCは、既に採算が取れるものではなくなってきています。いくら輸送量が多いとはいっても、市内から空港までの移動、空港の搭乗手続き、そして空港から市内までの移動を考えると、あまりに時間がかかりすぎるのです。東京~大阪間は、新幹線で13000円ほどかかり、あまりに高コストになりますが2.5時間で到着します。

東京~大阪をLCCを使えば、3000円ぐらいで乗ることができますが、成田空港までの移動と市内までの移動に

東京~大阪はバス移動

東京~大阪の移動というのは、JRが2階建てによるバス移動を開始しています。この2階建てのバスというのが非常に強力で、1階建てのバスに比べると、かなり激安でも採算を合わせることができてしまうというメリットがあるのです。1階建てのバスに比べると、2階建てのバスは多くの人を運べるので、それだけ運賃を安くできてしまうのです。

 

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

アドセンス広告

関連記事