大企業のサラリーマンに残念すぎるオッサンが多い理由


アドセンス広告

  • 5 April 2021
  • のぶやん

今の時代、大企業に向いてないような人の方が「社会で大活躍していける可能性を秘めた人材」と言えるでしょう。

つまらない仕事の話ばかりをする

大企業に勤務していたサラリーマン労働者の多くがプライベート日常が充実していないので、「仕事の話ばかりをする状況」になってしまいます。仕事の話というのは、女性にとって何も面白い話題ではありません。一緒にいて仕事の話ばかり聞かされると、「二度と会いたくない」というほどウンザリしてしまいます。

昔の知識で説教をしてくる

1つの会社に長い間いたようなサラリーマンは、自分の行き方が正しいと教え込まれているのか、多様性のある生き方を認められない傾向もあります。10年、20年前の昔の知識で説教をしてくるようなオッサンというのは、「老害」以外の何者でもないでしょう。

年功序列の何がそんなにヤバいのか?

運用しているのは、自分の資産ではなくて、「他人の資産」なのです。他人の資産を増やすことに協力しているうちは、どんなに頑張っても豊かになることはできません。

・長い通勤時間
・仕事の内容がずっと同じ
・楽しみがお酒

若者がいずれオッサンになる

若者と言われる人であっても、10年、15年先になると「オッサン」と言われる世代になっていきます。そうした時、そのまま大企業にいると考え方から姿まで、「なりたくなかったオッサン」そのものになっていくことになります。

話のソースがテレビ・新聞

話のソースがテレビ・新聞であるというのは、オジサンの特徴であるとも言えるでしょう。テレビ・新聞を10年以上も見ていると、その考え方に染まっていくことになります。その考え方は、なかなか解消されるものではありません。

いつも話題がなくて、テレビ・新聞の話題を話し始める人というのは、そんなに深い関係になることができない人です。

生活方式が変化すると崩壊する

生活のやり方が変わると、人々が今までと同じ生活をしなくなるので、それで崩壊する職業が出てくることになります。その1つがJRなどの運送業です。例えば、今まで鉄道を使って通勤していた人が、全く鉄道を使わなくなって「在宅勤務」を始めた場合、鉄道会社の固定収入は全くなくなってしまいます。

人物の「小物感」が出てしまう

人物に小物感が出てしまうと、女性から嫌われてしまいます。

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

アドセンス広告

関連記事