セラミック矯正は絶対にすべきでない。歯科医が自分の歯にしない”治療”


アドセンス広告

  • 19 October 2021
  • のぶやん

セラミック矯正は、矯正ではありません。

歯科医師が自分の歯にしない治療

歯科医師は、「セラミック矯正」を自分の歯に絶対にすることがありません。

セラミック矯正は危険すぎる

健康である歯の神経を抜いて、そこに被せ物を無理していれると、歯の寿命を大幅に縮めることになります。歯の神経を抜くことは、本当にもったいないことです。セラミック矯正は、歯がボロボロになる原因になり、インプラントすら難しくなると、今度は入れ歯ということになります。

セラミック矯正は、本当に10年ぐらいで入れ歯になってしまうリスクが高いのです。

ワイヤー矯正でも適用範囲が広い

ワイヤー矯正でも適用範囲が大きいので、かなりの範囲で「非抜歯矯正」も行うことができます。最近では、マウスピース矯正も行うことができます。

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

アドセンス広告

関連記事