アルバイトに社員と同じ働きを求めるブラック企業


アドセンス広告
  • 14 May 2022
  • のぶやん
アルバイトに社員と同じ働きを求めるブラック企業

時給で働くアルバイトは、社員のような福利厚生を受けておらず、ボーナスもありません。それなのに、社員と同じような働き方を求められるのはおかしな話なのです。

人件費を抑えるためのアルバイト雇用

企業は、パート・アルバイトを使うことで、人件費を削減して、それを利益の根源としています。人件費を抑えるためにアルバイトを雇用しているのに、「正社員と同じ働きをしろ」というのは、企業側にとって都合が良すぎる話です。賃金が安いということは、それだけ企業に対するコミットも少なくなって当然だからです。

要求が多い企業に注意が必要

採用の段階で「この企業は要求がやけに多いな」と感じた場合には、それなりに注意する必要があるでしょう。正社員と同じような仕事をさせるのであれば、待遇も正社員と同じにしなければ、アルバイトはやる気にはならないのは当然でしょう。

アルバイトの責任は限られている

アルバイトに対して、社員と同じ責任を持たせたいのであれば、最低2000円以上の時給を保証しなくてはいけないでしょう。時給1500円であれば「社員と同じ働き」を求めるのは、かなり無理があります。時給1500円で1日8時間×20日ほど働いても、月給24万円にしかならず、それでは社員の給料に達しないからです。

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

アドセンス広告

関連記事