お金自体に価値はない。お金で買える「経験」にこそ価値がある


アドセンス広告
  • 30 May 2022
  • のぶやん
お金自体に価値はない。お金で買える「経験」にこそ価値がある

お金というものは、人々が「そこに価値がある」と信じるから、価値が生まれるのです。そこに誰も価値がないと思えば、お金の価値は暴落していきます。

お金の価値を保証する権力

お金の価値を保障するのは、その権力構造にあります。国家権力は、その権力を用いて「貨幣の価値」を保障します。そうすると、貨幣が決済の手段として流通します。国民に課した税金は、農作物のような『物納』ではなく、お金で納付する義務があります。そこで、ものをお金にしなければいけないので、お金に対する需要が生じてしまうのです。

経験があると騙されなくなる

経験が増えてくると、社会の構造などに詳しくなるので、簡単に騙されなくなっていきます。田舎ものほど、純粋に人を信じてしまって騙される可能性があるのです。

小銭を稼ごうとする労働者

労働者が稼ごうとしているのは、富豪にとって「単なる小銭」になります。

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

アドセンス広告

関連記事