日本における奴隷を育成していく制度


アドセンス広告


アマゾンが超セール中!!
  • 14 November 2022
  • のぶやん
日本における奴隷を育成していく制度

奴隷から解放されたければどうすればいいか?それは、奴隷の親分になることです。

サラリーマンの奴隷たち

自分の時間を自由に設定できない人たちは、皆さん「奴隷」と呼ぶにふさわしいでしょう。サラリーマンは、ほとんど90%以上が奴隷と呼ばれる身分です。部長ぐらいになれば、奴隷の親玉になれますし、役員になれば奴隷から解放された身分になれるかもしれませんが、ほとんど90%の人は奴隷です。

何かビジネスをしようとすること

サラリーマンが労働者を脱却できない背景には、自分自身が「何もビジネスを行わない」ということがあります。自分自身が何もビジネスを行う気がなければ、もちろん自分の力で稼ぐことなどできません。

1人の時間は限られている

1人の時間は、1日24時間、1ヵ月あたり720時間しかありません。時給制でどんなに頑張ったところで、自分自身が労働できる時間は限られています。そのため、時給制でまともに働こうと考えないことが大切になります。時給制でまともに働こうと考えると、時間をどんどん搾取されてしまうことになるからです。

教育で個性・才能は伸びない

学校教育では、個性・才能を伸ばすような教育方針をとっていません。やっていることは、奴隷の育成教育です。そうすると、自分でも気が付かないうちに「平凡な人間」になってしまって、平凡な人間には普通の給料しか稼ぐことができない状態に陥ってしまいます。

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

アドセンス広告

関連記事