リンガーハットの「長崎ちゃんぽん」がマクドナルドの100倍健康的な理由!外食ならリンガーハットへ!

  • 30 June 2015
  • WEB情報屋

長崎ちゃんぽんで有名なリンガーハットは、私もたまに利用していますが、マクドナルドの100倍健康的であると言えます。それは、野菜のボリュームが多いだけではなくて、野菜のバランス(緑黄野菜が少ない意外)が良いですし、調理場も店内から見える所も多いので清潔感があるという事で、客の目線からすると非常に利用しやすいという事があります。

日本マクドナルド元社長の八木康行氏(2005-2008)を招いたリンガーハットは、ブランドイメージの低下(ビジネスジャーナル記事)を招いて「安かろう悪かろう」の代名詞になっていました。ちなみに、マクドナルドが大嫌いな私は、マクドナルドに最後に行った日は覚えていないほど昔の話となっています。多分、最後のマクドナルド5年前とかでしょうかね。二度と行きたくないですね。

リンガーハット楽天市場店

長崎ちゃんぽんは、ラーメンと違って健康に見える

長崎ちゃんぽんは、日本人の多くが愛してやまないラーメンと似たようなものなのかもしれませんが、全く異なっているのは野菜の量であり、野菜がとにかく多めに入っているのです。ラーメンと比べても明らかに健康的です。ラーメンは、塩分+炭水化物だけで構成されているので、ラーメンばかり食べている人というのは、その多くが30代から40代でお腹ぽっこりでデブになります。

リンガーハットの長崎ちゃんぽんの場合には、炭水化物の麺を野菜と一緒に食べる事ができるので、バランスが取れています。また、野菜ちゃんぽんという選択肢にすると、野菜の量を更に増やす事も可能です。長崎ちゃんぽんの麺の量も「普通」だとそれほど多くないので、女性だと普通で炭水化物を抑える事も可能になっています。

リンガーハットは、野菜の産地が明記してある

リンガーハットに最も行きたくなる理由は、野菜の産地が明記してあるという点です。福島原発事故があったので、なるべく放射能の影響を避けた産地のものをスーパーなどで購入しているのですが、リンガーハットの野菜は店内に産地の記載が全てあるので安心感があります。福島原発に最も近い産地として茨城県が書いてありますが、多少は茨城が混ざりこむのも仕方ないかなと思います。全く公表していない別の外食に比べたら100倍マシです。

野菜の産地が明記してあると言う事は、単に国産と書いてある外食よりもずっと安心感が高くなりますし、子供に食べさせても大丈夫かなと思う訳ですよ。だから、家族で来店しようという気になり、吉野家などの牛丼チェーン店(1人で来店客が多い)よりもファミリー層が多くなる訳です。それは売り上げ倍増になる理由でもあります。

この野菜産地はウェブ上で非常に細かく公開されています。
http://www.ringerhut.jp/quality/place_origin/
外食産業でここまで細かく産地を公開しているのは、非常に珍しいです。安心感が非常に強いです。

保存料・合成着色料不使用である

工場から直接配送するので、保存料・合成着色料について不使用(リンガーハットHP)にしてあるそうです。別の添加物は利用されていると考えますが、それでも保存料・合成着色料を使っていないだけで「他社よりも大きな努力が見られる」という事で評価して良いと考えます。本質というのは、保存料・合成着色料を不使用であるという事実よりも、そうした企業努力があるという点に向くべきです。

マクドナルドなどは、自社の社員が毎日食べられないもの(社内で毎日食べないようにというマニュアルがあるほど)をお客に提供しています。しかしながら、リンガーハット長崎ちゃんぽんであれば、毎日とは言わなくても、自社の社員が食べられる事は間違いなさそうです。自分たちが食えないものを売るなんて最低のマクドナルドですが、リンガーハットの企業努力は業績回復にも見て取れます。

塩分の取りすぎに注意!

長崎ちゃんぽん(リンガーハット)の欠点と言えば、塩分がとにかく多い事です。リンガーハットに行ったのであれば、汁を全部飲む事は決しておすすめできません。汁を飲まなければ、塩分を大幅に抑えることができます。汁を全部飲んでしまうと、1日の塩分摂取量に達してしまうので体に良くありません。また、頻繁にリンガーハットに行って塩分の取りすぎを繰り返す生活もやめた方がいいでしょう。行くなら1週間に1度が限度です。

リンガーハットの側でも塩分を気にする人向けに、塩分が30%オフになった「減塩長崎ちゃんぽん」というメニューがあるので、こちらのメニューをオーダーするのも良いでしょう。味は薄くなりますが、この「減塩長崎ちゃんぽん」は、家庭の味にかなり近いものを実現していると思います。

リンガーハット楽天市場店

味はそれほど期待できない!

このリンガーハットの長崎ちゃんぽんですが、麺を茹でたわけでもなくて、冷凍麺を自動麺解凍機で解凍したものを使っています。これが麺が不味くなっている要因なんですけど、人気のラーメン屋のようにこしがある麺を楽しみたいと思ったら、全然ダメです。ぐにょぐにょした潰れた感じの麺は、自動麺解凍機が作り出したと誰でも分かるようなものになっています。だから、麺をそれほど期待しないほうがいいでしょう。リンガーハットの「長崎ちゃんぽん」の麺が簡単に大盛りにできるのも、この解凍が簡単だからです。

自分で作る料理が最高!

リンガーハットで使っている野菜は、ブロッコリーであったり、ほうれん草など緑色が強い野菜というものが入っていません。だから、リンガーハットの野菜だけでは不十分という事になります。スーパーで売っている長崎ちゃんぽんに野菜を加えて、自分で調理したとしても、実際にリンガーハットと似たようなクオリティを出す事は可能でしょう。やっぱり、外食よりも自分で作る料理が最高ですね。

 

カテゴリ: 

Add new comment

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

関連記事


税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止