ファストファッション


アドセンス広告

日本上陸した時に楽しめたファストファッションのH&Mがつまらない場所になってしまった。同じ服しか置いてない!努力する百貨店と飽きるファストファッション

  • 13 January 2017
  • のぶやん

2008年に日本上陸してきたファストファッションのH&Mですが、いつ行っても同じような服装しかおいておらず、ものによって『去年も置いてませんでした?』と思うような服装が増えて、行ってもつまらなくなって、あまり行かなくなりました。H&Mは、確かに安い商品を扱っていて、安いから行くんですけど、バーゲンで安いのしか買わないです。

お店に求められる面白さ

最近、熱帯魚屋さんに行ったら、凄く混んでいて驚きました。熱帯魚屋さんがデートスポットのようになっているのです。熱帯魚屋さんに行くと、見ているだけで水族館にいるような気分になって面白いんですよ。非日常の感覚が楽しめるというか、しかも熱帯魚を買わなければ、無料で楽しめる訳で、本当に多くのカップルが来店して楽しんでいました。

IKEAが良くできているのは、家具を売る場所なのに、何故だか安いレストランがあってコーヒーを楽しんでいけたりとか、名物ホットドッグがあって100円でホットドッグを楽しんでいけたりとか、エンタメ性があるから面白いのです。だから、デートで行こうとか、友達とIKEAに行こうという事になっていくんですね。販売しているのは、家具なんだけれども、家具だけじゃなくて『楽しさ』とか『雰囲気』が売り物なんです。

伊勢丹新宿本店の屋上庭園

伊勢丹新宿本店には、屋上庭園があります。屋上庭園「アイ・ガーデン」と呼ばれるシンプルな庭園なんですけど、気軽に屋上に行けて素敵だなと思うのです。地下でお弁当を買って屋上で食べたり、子供連れなどが屋上に行って休憩するなどファミリーにも人気があります。百貨店に行って単に買い物をしたという記憶ではなくて、こういった庭園で少し遊んだとか、別のものを見たという楽しみがあれば、百貨店に行く理由にもいいなと思うのです。屋上庭園だと、子供が動き回る時に写真も撮影できますしね。

百貨店は、特に地方の百貨店は非常に厳しい状況にあり、次々と閉店しています。駅前の百貨店などでも閉店する場所が多くなっていて、駅前の過疎化(シャッター商店街化)に加速をかけています。今では、既にイオンなどの郊外店舗に来るまで買い物に行く生活スタイルが普通になっているので、わざわざ街中の百貨店に行かなくなっているのです。

2016年だけでも大型の百貨店が大量に閉店しています。

2016年1月「伊万里玉屋」閉店
2016年2月「西武百貨店春日部店」閉店
2016年9月「西武百貨店旭川店」閉店
2016年9月「そごう柏店」閉店
2016年11月「千葉パルコ・西友千葉パルコ店」閉店
2016年12月「プランタン銀座」閉店

更に2017年に多くの百貨店が閉店予定となっています。

2017年2月「西武百貨店筑波店」閉店
2017年2月「西武百貨店八尾店」閉店
2017年春ごろ「三越千葉店」閉店
2017年春ごろ「多摩センター三越」閉店
2017年7月「阪急阪神百貨店 堺北花田阪急」閉店
時期未定「伊勢丹松戸店」
時期未定「伊勢丹相模原店」
時期未定「伊勢丹府中店」

こうして見ると、百貨店と言う形態が既に時代に合っていないという事が分かります。今の時代は、都心においてさえ、1つの大型ビルに何でも置いているというよりは、大型ビルにドンキ・ホーテのようにビル全体に1つの会社が入って商品を陳列していたりすることが増えています。H&Mなどのファストファッションも1階から3階までH&Mというように広大な売り場に大量の商品を配置するようなスタイルになっていて、百貨店のように狭い場所に陳列するというスタイルでは、客のニーズに応える事が難しい状況になっているのです。

カテゴリ: 

ハードが激安化した次にソフトが激安化してくる!工業からサービス産業の激安化でホワイトカラー賃金下落

  • 12 November 2016
  • のぶやん

世界的にH&MとかZARAとかForever21などの『ファストファッション』の安い洋服が売られるようになってきたのは、2010年ぐらいから盛んになってきました。

ファストファッション
2015年までの10年で、日本国内では外資系のファストファッションの店舗数が倍になっており、日本人の着ている衣料品の45%が安物の衣類という状況になっている。 手頃な価格でお洒落を楽しめるとされる一方で、中国やベトナム、バングラデシュなど、衣類の生産を受け持つ発展途上国の工場や、ショップで働く従業員の人権問題、また、工場を置いている国での環境汚染問題などが度々メディアで取り上げられ、悪しき大量消費社会の象徴と批判されたり、世界的な経済格差拡大と貧困層増大で、仮に衣類を買おうと思っても金が無く、安価なファストファッションの衣類しか選択肢がない現状に対する批判なども出始めている。
wikipadia

今、既に衣類を日本国内で製造しているのはごくわずかで、その多くは、激安の賃金である中国・ベトナム・バングラディシュなどで製造されています。日本国内には、工場ですら立地する事が非常に難しくなっており、海外生産を近年になって更に加速するようになってきています。そもそも、日本国内でやる必要がある事などは、高度な研究ぐらいのものであり、そのほかの事はすべて海外に移転すれば良い状況になってきているのです。

ソフト分野の海外移転も著しい

最近では、開発拠点までも海外に移す動きが加速しています。例えば、アニメを描くイラストレーターなどは、10年前ぐらいから海外が増えて、今では韓国に外注するアニメ作品が非常に多くなってきています。更には、開発に多額の費用がかかるので、その開発費を海外の研究者を雇う事で安く済ませようとする動きも出てきています。

ソフト分野は、工場の移転と違って国境を超えやすいという特徴を持っています。日本人の若者の体力がある安価な労働力は必要とされていて、企業の採用も容易に行われますが、それが中年を超えて40代になってくると不要になる例が多発しています。今、40代でリストラされた男性が行く場所を探すのは至難の業であるとされています。

今後は、日本で行う事業は少なくなる

日本が内需を保っているのは、高齢者が金を持っていて、かつ高齢者の人口が多いからです。高齢者が金を失うと、日本全体の資産、消費力、内需はすべて失われる事になります。そうなると、若者であったとしても、韓国のように失業問題が表面化する事になるでしょう。そして、若者が失業問題を抱えるという事は、中高年の労働者というのは、更に悲惨になっていくという事でもあります。

日本では、貧富の格差がどんどん拡大しており、6人に1人の子供が食べ物に困るような状況に陥っています。このような状況は、国家が改善すべき状態ですが、国は国民・市民に何もしようとせず、自分たちの利権をむさぼるために腐敗しています。

テレビ局が放送事業を独占する時代でなくなる

現在の状況は、テレビ局が放送事業を独占しているような状況ですが、ソフトが更に安くなってくると独占していくのは不可能になります。Youtuberのように1人で100万Viewを集めるような放送が力を持つようになってきていますし、Facebookなどでライブ放送が行われるようになってきています。

今後は、テレビを付けるという古い習慣から、チャンネルがいくらでもある中から選ぶような時代になっていく事は間違いないでしょう。Facebookのライブ映像などは、2015年12月にテスト配信されていて、2016年2月に正式リリースされてからは、どんどん出されるようになってきて、あっという間にフェイスブックの主力コンテンツを形成するまでに至っています。ライブ時間は、長いものでは3時間に及び、膨大なデータが毎日のように作られています。

ホワイトカラーの賃金が下落

工業製品が安くなっただけではなくて、今後はサービス産業も安くなると考えられるので、ホワイトカラーの賃金が一気に下落する可能性があるでしょう。中国の大卒などが日本の労働者に大きな圧力をかけている事は間違いありません。現在、日本においては、中国のようにある企業の内部における事務職などは求人に応募が殺到している状況で、反対に厳しい医療・介護・建設分野などは、人が不足するような状況に陥っています。

例えば、牛丼屋・コンビニチェーン店の店舗が非常に多いにも関わらず、アルバイトなどをやりたがる人は少数で、牛丼屋・コンビニチェーン店のアルバイトを募集しても誰も応募しません。産業別に非常に大きなばらつきが出てきている現状で、アベノミクスのような形で金融を用いてお金をばら撒いても、その波及効果がサービス産業の一部に限定されるので、それが終わった途端にサービス産業のホワイトカラー求人も減ってくる事が予想できます。言いかえれば、本当に一部のホワイトカラーしか生き残る事が出来ません。

カテゴリ: 

今年に入ってからユニクロに全く行かなくなってる

  • 26 August 2015
  • のぶやん

2014年は、ユニクロをフル活用した年でもありました。ユニクロとか、H&Mのファストファッションと呼ばれる店に1週間に1度ぐらいの割合で必ず行って何か買っていました。仕事柄、服装が必要だったというのもありますけど、ユニクロで新しいものを気軽に揃えておきたいと思っていたのだと思います。そして、仕事が変わった今年になってから、ユニクロには全く行かなくなりました。

今年に入ってからユニクロに全く行かなくなってる

価格が高いと感じる

ユニクロの価格設定について言えば、ズボンとか4000円とかするんですけど、消費税が8%付くと4320円ほどの価格になります。普段着として着ていると、思ったよりすぐにダメになっちゃうし、似たようなのをまた買うとなると、「あれ、前に4000円も使ったのに、また4000円はもったいないな」という気がしてくるのです。ユニクロじゃなくて、どうせ消耗品なら、H&Mの1500円ズボンでもいいかなと。

そうなんです、ユニクロは、消耗品として買うものというイメージが定着しているので、4000円ですら高く感じてしまうのです。消耗品で買うとすれば、3000円以下じゃないと庶民にとって高い買い物だと感じてしまいます。出来ればどの服装でも2000円以下で買えた方がいいかなと。4000円となると、オシャレに着て歩く服装も買える気がしてくるのです。

ユニクロにマジで飽きた

ユニクロで毎週のように買い物をしていると、似たような服ばかりで本当に飽きてしまうのです。特にズボンとかになると、自分が選びたいと思うズボンが何となく置いてなかったり、もう持っていたりするようなズボンになってくるので、新しいものが手に取りづらくなってしまうのです。

あー、これ前も買ったよな・・・別のは高いし、ユニクロでもう何も買うものないよな・・・・と思って、別のお店に行ったりする訳です。何度も何度もユニクロで買い物をしていると、自分が買うものなんて決まってくるし、それを新しく何度も買う気にはならないんですよね。

安いことが何より大事

ユニクロに限った事ではないですけど、私だってブランド服に興味がないわけじゃないんです。普通の人と同じように、高い服というのもそれなりに持っているのですけど、それを買う為に普段は安い服で押さえたいのです。普段から中途半端な服を買っていたのでは、高い服を買うお金までなくなってしまいます。普段は安い服で抑えておいて、いざとなった時に高い服を身に着けられるようにしておきたいという事です。

ユニクロに対するイメージは、「安くて良い服装」というものだったのですが、今のユニクロは、「普通の価格でまあまあ良い」というものになってしまいました。H&Mなどは、めちゃくちゃ安くてボロボロになるような服も多いのですが、H&M渋谷などでは、それなりのジャケットとか服装も置いていたりします。

H&Mの方が良さを感じる

H&Mでは、安いものはユニクロの比較でないぐらいに安く置いていて、ペラペラの生地で布地もそんなに良くないのに、外出する時にユニクロじゃなくてH&Mの服を選んで外出することが多いのです。それは多分、ファッション性が高いからという説明になると思うのですが、ユニクロだってファッション性に力を入れているはずなんですけど、何だかクールじゃないんですよね。

H&Mが私のスタイルに合っているというのもありますけど。ユニクロも大人でクールな感じを出してほしいと思っています。

カテゴリ: 

ファッション雑誌がもう要らない!店頭で最新の服を試して買えばいい

  • 1 March 2014
  • のぶやん

私自身は、ユニクロであったり、H&Mとか言われるいわゆるファストファッションというものが大好きで、こういった店に2週間に1回以上の割合で訪問して、何らかの洋服を買っています。

新宿のファストファッション

私が良く利用している新宿のファストファッションの傾向について書きたいと思います。新宿東口では、GAP、ZARA、コムサ、ユニクロ(ビックロ)、H&M、TOP MANなどが出展しています。いずれの店舗も新宿に合わせて、渋谷などよりも少し大人向け(20代後半から30代、40代向け)に価格設定をしているのが特徴で、原宿や渋谷などよりも価格帯が高い服装が目立っています。

新宿ZARAは伊勢丹メンズ館並みに高い(どうしてこんな高い商品ばかり置いてるのか謎)価格設定で、この価格を出すならZARAで買わないよなと思わせるものばかり。ZARAはファッションセンスは良いのですが、品質は今ひとつなんです。ビックロの服装はダサすぎますが、パーカーとチノパンなどのズボンは安いわりに品質がいいのでパーカー、ズボンのみユニクロで調達です。H&M新宿店の接客は世界一最低で、客をゴミだとしか思っていない様子です。同じH&M原宿の接客とは天と地の差があります。コムサは押し売りが得意で論外です。TOP MANは、英国激安ブランドのはずが、どうしてか日本では高い、もちろん品質は悪いです。

ファストファッションの利用方法

ファストファッションの利用方法は、本当に簡単で手軽なものです。1万5千円ほどポケットに入れていって、H&Mでバーゲンセールしている品(H&Mは商品の回転率を上げる為に年中セール品があります)品で上着を1500円ほどで2点ほど買います。ファストファッションに訪問したら、4000円ほどのズボンを1本買っておきます。ジャケットが一番高くて、6000円-7000円ぐらいします。あとは、パーカーやセーター系など何か羽織るものを2000円-3000円ぐらいで買って終了です。これで合計1万5000円以内で上から下まで揃えていきます。

ファストファッションが好きな理由としては、失敗してもそれほど財布の痛手にならないという事です。それほど考えないでさっさと手にとって、試着室でバンバン着てみて、その上で気に入った商品を数着も買えるという楽しみがあります。これが有名ブランドショップに行ったのでは、1着を買うのに相当に悩む事になって、こんな買い物の楽しみを味わう事ができません。ほとんどのファストファッションでは、最新のファッショントレンドを置いているので、ファッションの勉強をしなくても、手に取れば最新ファッションに近いファッションを身に付ける事ができて、良い練習になります。

雑誌みないで店頭で選ぶだけ

雑誌を熱心に見て、どのように着こなせばいいかを研究するのは素晴らしい事で、ファッションのセンスを磨くには大切な事だと感じます。しかしながら、ファッションばかりにそれほど興味を持ってこなかった私のような人にとっては、雑誌を眺めるのは美容室に行った時だけで十分だと感じます。日頃はウェブサイトでファッションが目にとまると少し見る程度です。

ファストファッションなどの店頭に行って、さっさと何枚かピックアップすれば、それが流行のトレンドに近いという事が増えているので、雑誌をみるよりも実際に買って試していった方が自分のファッションを流行に近づけられると思うようになって来ました。

ガンガン買って試せる幸せ

ファストファッションの服は、どんなに綺麗に扱おうと思っていても、何回か着ると少しずつ駄目になってしまって、すぐに買い換える必要がでてきてしまいます。ユニクロなどは、品質が向上しているので、相当に丈夫になってきています。H&Mであったり、ZARAなどに関しては、洗濯を何度かするだけですぐに駄目になってしまう品質です。ファストファッションは、その名前の通りに短期のファッションを楽しむという要素が強い感じがしていて、2-3年でゴミになると考えています。

どんなに高い服を買ったとしても、2-3年ぐらいすると、自分の年齢があがったり、ファッショントレンドが変化したりして身に付けるのが厳しいと感じる服がでてくるのです。古びた服を着ているよりも、清潔感があってトレンド感がある服を身に付けた方が友達と遊びに行くときにも、デートに行くときにも印象が良くなるので、ファストファッションを使うようになっています。高い洋服は、冬のコートであったり、ジャケットなどで十分である気がします。あとは靴だけ数万円のブランドを使っておけば十分です。

カテゴリ: 

アドセンス広告

関連記事