カジノ

言語: 

山本太郎議員の『カジノじゃないだろ!災害対応だろ』が正論すぎる。

  • 11 July 2018
  • のぶやん

2018年7月10日、国会では委員長権限でカジノ審議が強行されて、質問に立った山本太郎が『カジノ審議をやってるばあいか!災害対応だろ!』と正論を言いました。

カテゴリ: 

山本太郎の自民党を批判するツィートが1万リツィートされた!大災害よりカジノ法審議の優先を批判

  • 10 July 2018
  • のぶやん

山本太郎さんがつぶやいたツィートが1万以上のリツィートされています。ツィートされた内容は、自民党が大災害を無視して国会でカジノ審議を行う事を批判するものでした。

政治家のツィートで1万リツィートを超える事は非常に稀であり、選挙期間中でもないのに山本太郎が注目されている事が改めて示されました。

カテゴリ: 

日本でカジノを営業しても儲からない理由

  • 8 July 2017
  • のぶやん

日本でカジノ法を作って、経済を振興しようという動きがありますが、日本でカジノは成功しないでしょう。その理由としては、カジノリゾート型で一種の不動産のようなところがあり、日本において不動産の新規開発が特に必要とされていないという事に尽きます。需要がほとんどない所に不動産を建てる為の収益源として、カジノリゾート型にしようという試みですが、需要がないものはないんですよ。

海外におけるカジノ失敗

海外におけるカジノの失敗例として、アトランティックシティのカジノ失敗があります。ここは最初からカジノが失敗していた訳ではなくて、数十年にもわたってカジノリゾートとしてはうまく回っていたのです。1975年から開始されたアトランティックシティにおけるカジノは、2006年まではうまくいっていたというのです。それまで、米国の不動産価格が上昇を続けていて、好景気に沸いていました。問題は、リーマンショックが起こってから、客が来なくなった事でした。

カテゴリ: 

絶対に金持ちになれない貧乏人になる人の共通点とは?ギャンブル・酒・風俗が貧乏を呼び寄せる

  • 22 May 2017
  • のぶやん

金持ちになる方法は様々でしょうが、金持ちにならない方法は決まっています。それは、ギャンブル、お酒、風俗で、この3つは友達に奢るとかいうレベルじゃないぐらいハマっている人はカネを食われて貧乏の方向に向かっていきます。貧困に陥る何割かの人は、この3つが影響していて、さらに金がなくなってキャッシングとかに手をだしたらもうアウトです。

1、ギャンブル(特にパチンコ・スロットが好き)
2、お酒が大好きで泥酔する
3、風俗が好き

ギャンブルが破滅を招く

ギャンブルは、誰かを金持ちにする為にやるものであり、自分が金もちになろうと思ったらやるべきではないでしょう。平均的な勝率というのは、やる前から既に決まっているので、やり続ければ続けるほど負ける事になります。つまり、最初からやらない人が勝ちというのがギャンブルです。

そもそも楽しむための娯楽とされているギャンブルで、お金を楽に稼げるというのであれば、世の中の誰も働かなくなってしまいます。ギャンブルで勝てないからこそ、多くの人が労働してギャンブルに行かないのです。

カテゴリ: 

今の消費したつもりで貯金する!お金を借りる逆の行動をするとお金が貯まる!

  • 15 May 2017
  • のぶやん

限られた収入の中で生活をするとストレスになって、逆に大きな出費に繋がってしまう事になりかねません。

2006年1月の過払い金返還の最高裁判決によって、消費者金融業者の再編が進んで、、武富士が倒産、アコムが三菱UFJフィナンシャルグループの子会社化、プロミスは三井住友フィナンシャルグループの傘下となりました。消費者金融業者があまりに高金利の『グレーゾーン』で貸し付けたので、ヤミ金なども社会問題かして消費者金融を嫌う市民が増えて、市民の支持が得られなくなった結果でした。

多くの借金がギャンブルで作られる

多重債務者の半数以上がギャンブルによって借金の借り入れを膨らませています。ギャンブル依存症でキャッシングを始めてしまうと大変な事になるのは、容易に想像できる事です。負けるとキャッシングしていたら、返済するどころか、どんどん借り入れが膨らんで多重債務に陥ってしまいます。大王製紙の井川元社長は、カジノのバカラという遊びによって、会社から多額のお金を借り入れて、160億円という巨額の資産を失いました。

カテゴリ: 

井川意高氏の現在は?藤原紀香とカジノで豪遊していた過去

  • 6 May 2017
  • のぶやん

大王製紙の井川意高さんは、カジノをする為に多額のお金を大王製紙の関連会社から借り入れてカジノに使ってしまったとして、会社に対して損害を与えたとして社会促進センターに入りました。2016年12月に収監されていた2016年12月に収監されていた社会促進センターから仮釈放されて、今は普通に過ごしているという事です。

カテゴリ: 

伊東美咲の夫の会社『京楽産業』も経営危機に突入?カジノ法でパチンコ店の倒産が目前

  • 24 December 2016
  • のぶやん

日本では、2016年12月15日にカジノ法が賛成多数で可決されましたが、このカジノ法でパチンコ店が潰れる可能性も指摘されています。カジノは、パチンコよりも賭博性が非常に高くなっていて、パチンコで10万円負けるというのは、1日中パチンコ台に向かわないと難しい事ですが、カジノで10万円をかけると、一瞬で10万円を失ってしまうからです。この為に負けたお金を取り返そうとむきになってカジノでお金を失う人が増えています。

カテゴリ: 

日本のカジノ法案の議論をもう少し慎重になった方がいいと思う。

  • 6 December 2016
  • のぶやん

日本は、既にパチンコであったり、公営の競馬、競艇などもあって、ギャンブル大国と言っても良い状況です。更にカジノを導入したところで、市場規模が限定された日本においてどれだけの経済効果が期待できるのか疑問です。経済効果よりも、ギャンブル依存症で経済破綻する人を増やすなどの悪い影響の方が強ければ、カジノを強引にやる必要はないでしょう。負の面を十分に見ないで、ガンガン進めていって、後から大きな問題が起こる事が懸念されます。

どうしてもう少し慎重に議論が必要かと言えば、カジノというものがどういったものであるかを国民の多くが理解していない事もあります。例えば、韓国などでカジノが解禁されたのですが、17ヶ所のカジノが運営されているうちの16ヶ所が外国人向けとなっていて、韓国人が入場できるのは1ヵ所だけとなっています。 その韓国で1ヵ所だけカジノが運営されている江原町は、14年前にカジノが作られましたが、破たん者が相次いでおり、今では周囲に人が寄り付かなくなっているという話もあります。

カテゴリ: 

関連記事