シティホテル


アドセンス広告

言語: 

本命であれば、男性側が『それなりのシティホテル』を用意する?

  • 21 December 2018
  • のぶやん

男性が本命であれば、女性と一緒に宿泊する時に「それなりのシティホテル」を用意するらしいです。確かに、男性側の意見からすると、それはあるかもしれませんね。ラブホテルを1回ぐらい試してみようという人がいるかもしれませんけど、本命とラブホテルというのは、あまりないかもしれませんね。遊びだったらラブホテルを積極的に選ぶ気もします。

手が早い・遅いは、男性の性格によるので、あまりあてになりません。じっくり遅く手出しをしても遊びの場合もあるし、逆に早く手出しをしても本命の場合もあります。

本命であれば、男性側が『それなりのシティホテル』を用意する?

少し贅沢できるシティホテル

旅行で連泊するときには、さすがに超高級ホテルは財布に厳しいので、それなりに贅沢できる程度のホテルを選ぶことになるかもしれません。具体的には、普通のサラリーマンの人であれば、1泊1万5千円~2万円ぐらいが本命彼女に使う予算となるでしょう。頑張る男性であれば、1泊2万円以上も使うかもしれませんが、連泊となると身の丈を超えている場合もあります。

付き合ってないけどお泊りデートに誘われて、頑張って高級ホテル連泊してるようならば、本命の可能性もあります。さらに遊びの内容も徹底して考えてくれているようであれば、かなり本命の確率が高くなるので、連泊中にでも『付き合ってるんだよね?』と確認すればいいでしょう。

思い出作りを頑張る

女性のことをどれだけ考えて思い出作りをしようかとしている所をみると、本命かどうかが分かります。遊びの女性であれば、出来る限りお金を節約したいと思うはずです。本命に対してもお金をケチケチしている男性は確かに存在しますけど、そういう男性は本命以外の女性に対しては、さらにケチケチしています。

自分が本命彼女かどうかを判断するのは、お金であったり、手間、暇、時間などをどれぐらいかけてくれたかです。お金を出してなくても、手間隙を凄いかけてくれているようであれば、やはり本命の可能性は高いといえます。

地方でシティホテルが激安化!ビジネスホテルに押される流れ!地方のビジネスホテルが1泊4000円以下に!

  • 27 April 2017
  • のぶやん

仙台に出張に行って感じたのは、地方のシティホテルの激安化です。仙台市内の中心部であったとしても、5000円以下で朝食付きなどです。もちろん、1人で宿泊するので狭い部屋なんですけど、それでも5000円以下だとホテルもそれほど利益が取れないでしょう。

全国にチェーン展開するビジネスホテルが沢山できたことで、ホテルの価格競争が激しくなっているからかもしれません。

4000円でホテルに泊まれる

探そうと思えば、1泊3500円、4000円ぐらいで宿泊できるホテルも探す事もできそうです。ここ10年ぐらいで起こった価格競争は本当に激しかったようで、これから地方のシティホテルは、どんどん潰れていくかもしれませんね。確かに地方に出張が多いビジネスマンは、シティホテルを求めていないので、簡素なビジネスホテルで十分です。

 

地方ならホテルに住めるかも

地方で1泊4000円ぐらいの部屋であれば、1ヶ月契約にすれば10万円ぐらいで貸してくれるホテルもあるかもしれません。朝食付きで10万円という価格は、恐らくは高くないでしょう。地方暮らしであれば、1泊10万円でホテル側と交渉すれば、ずっと1つの部屋を貸してくれるかもしれません。

海外だとホテルをオフィスとして利用している場合もあるので、日本もこれからは、空いている部屋をオフィスとして貸し出す動きが広がるかもしれません。

 

 

おすすめ: 


アドセンス広告

関連記事