動画


アドセンス広告

ニコニコ動画に見る失敗のマネジメントとは?2chひろゆき氏も指摘していたニコニコ動画の問題点

  • 13 December 2017
  • のぶやん

ユーチューブは、Google社が運営しているので資本力が半端ではなくて、いくらでも動画をアップロードできるプラットフォームに成長していますそのGoogle社が運営しているニコニコ

ニコニコ動画の有料会員減少

今まで増加を続けてきた『ニコニコ動画の有料会員』は、2016年から減少に転じています。この大きな理由として、競合するユーチューブに多くのユーザーが流れてしまった事が最大の要因で、その他にツイキャスのライブが流行していたり、フェイスブックライブなどが開始された事もあるでしょう。いずれにしても、ネトウヨ育成してきたニコニコ動画に陰りが見えている事は確かです。

ニコニコ動画の現在の立ち位置としては、アクセス上位にアニメのチャンネルが乱立して『アニメ放送チャンネル』のようになっています。アニメを見る為だけに有料会員になっている人も多いです。しかし、それはアベマTVがアニメを無料で放送するようになってから、ユーザーを奪われる事が懸念されています。

ひろゆき氏の指摘

ひろゆき氏の指摘によると、社内においてユーザーを見ている人に権力がないという事で、ユーザーを見てない経営陣がやりたい事をやる場になっているというのです。現場とコミュニケーションをしている人たちに全く権限がなくて、現場の声が届かないようになっているというのです。

日本企業では、使えない人材が上層部に居て、高給取りで威張っていますが、ニコニコ動画もその例外ではなくなりました。サービス開始当初は新しかったサービスは、既に古臭く陳腐化しています。そして、日本企業の上層部は、現場に決定権を持たせると口で言いながら、給料をそのままに失敗したら現場に責任を押し付けようとします。最も良いのは、サービスが分からない上層部が失敗を認めて引退する事です。

ユーザーを見ている人に権力がない。
誰もユーザーが喜ぶサービスを企画しない
ユーザーを見ていない経営陣がやりたいことを企画する
ユーザーが喜ばないサービスが世に出る
ユーザー喜ばない

自民党と癒着するニコニコ動画

ニコニコ動画は、麻生氏の甥の名である麻生巌が株式会社ドワンゴ取締役、カドカワ 株式会社社外取締役となっており、完全に政権と癒着しています。政治が入り込んでしまうと、資金・人脈などを政治に頼りがちになってしまう傾向があり、経営努力を損なう危険性が出てきてしまいます。

政治と癒着して、経営者が政治の方向を向いているという事は、ユーザーの方向を向けないという事にもなりかねません。政府から補助金を貰ったような事業に失敗が多いのは、『補助金を受け取る事が稼ぐ事』と勘違いして、実際の市場の方を向いていかないからです。実際には市場からお金を稼ぐ事ができずに失敗します。

経営権を握る古い顔ぶれ

ニコニコ動画は、ドワンゴの川上会長が運営責任者を退いて、NTTドコモだった栗田穣崇さんが運営責任者となりました。自民党の熱狂的支持者でNTTドコモだった夏野剛さんの後輩にあたる人であり、NTTドコモ時代にimodeを成功させた事でニコニコ動画の取締役に就任しています。しかし、今までの経営陣が出てきた所で、結果は変わらないでしょう。現場に権限を与えるとか言ってますけど、最も良い方法は経営陣を刷新する事です。

経営陣が持っているパソコンのスペックは最新型でサクサク動くかもしれませんが、世間の若者が持っているものがそうであるとは限りません。お金がなくて10年前のパソコンを使っている人もいますし、ほとんどスマホで視聴している人もいます。そうした若者の事情をくみ取らないとサービスが成功しない時代になっています。相手が持っているパソコンであったり、対象顧客の感性を理解できなければ、サービスどころではありません。

カテゴリ: 

設計というのは、発展する為には広く顧客の需要を取り込む事が大事

  • 13 August 2017
  • のぶやん

包益民氏によるTEDの話です。僅か12分で語る事は、設計と言うものは、いかに美しく作ったところで意味を持たないという事です。それの背景などを広く学んで、顧客の需要ニーズに合う形で設計を行わないと、生産を上げる事ができないという事を分かりやすく説明しています。

カテゴリ: 

中国語の自己紹介に使えそうなフレーズ

  • 6 April 2017
  • のぶやん

台湾のドラマー(爵士鼓)である陳曼青がテレビに出演して自己紹介していますが、中国語で話す時に使えそうなフレーズが沢山でてきます。

最近の台湾の若者は、台湾の訛りが減って中国の普通語を話す人が増えています。

カテゴリ: 

フェイスブックの違法動画は今後どうなるのだろうか?違法動画の乱立しているFacebookの現状

  • 12 May 2016
  • のぶやん

フェイスブックには、Youtubeからコピーした動画であったり、テレビ番組などの動画が溢れています。中には、人気Youtuberの完全コピーで作られたコミュニティであったり、テレビ番組をそのまま流して人気になっているコミュニティもあります。今は、フェイスブックは特に対策を講じておらず、放置している状況です。何故ならば、そういった動画が沢山置かれる事によって、ユーザーの滞在時間が高くなって、広告料として儲かるからです。



フェイスブックで乱立する違法とされる動画

Youtubeの方であれば、既に違法動画とされるような動画(特に音楽が厳しい)はすぐに著作権の警告が出たりするのですが、フェイスブックにおいてそのような警告がでる事がありません。フェイスブックにおける唯一の渓谷は、『動画の容量が大きすぎるので小さくしろ』というものだけです。動画の内容は、どんなものでもアップロードすることができます。それが、違法であるかどうかは、全く関係のないことになっています。日本のテレビ動画であったり、音楽の動画であったりと。

フェイスブックは、今でもYoutubeのように動画をアップロードした人が利益をあげる事はできないようになっています。言い換えれば、このような違法動画で利益を出しているのは、主にフェイスブックという事になります。言い換えれば、違法動画などがアップロードされればされるだけ、フェイスブックがどんどんユーザーの滞在時間を長くして儲かるとうい事ができます。

広告会社オグルヴィとアナリティクス企業タビューラー・ラボの調査では、2015年第1四半期のフェイスブックの人気動画トップ1,000のうち、725本が海賊版で合計170億回も閲覧されていた。というデーターもあり、簡単に言ってしまえば、フェイスブック上のほとんどの動画が海賊版の動画であり、それでフェイスブックはボロ儲けしているということでもあります。違法ではなくて普通にアップロードされた動画が閲覧数を伸ばさないで、インターネット上で適当に拾ったり、Youtubeをコピーした動画がアクセスを集めるのは理解できます。

サンドリンの友人がYouTubeに投稿した動画は、4年をかけて500万再生を記録したが、フェイスブック上に違法投稿された動画は4日間で同等の再生数を記録したという。「フェイスブックは違法に投稿された動画で金儲けをしている」とサンドリンは述べている。サンドリンの友人がYouTubeに投稿した動画は、4年をかけて500万再生を記録したが、フェイスブック上に違法投稿された動画は4日間で同等の再生数を記録したという。「フェイスブックは違法に投稿された動画で金儲けをしている」とサンドリンは述べている。

新しい動画プラットフォームとして

自称ジャーナリストと言っている奴の多くは、自分の媒体を持っておらず、テレビ・ラジオ・雑誌などに出演して知名度をあげて、そこから『ジャーナリスト』と名乗るようになって、書籍を出版したり、メルマガで稼ぐようになったりしています。それをジャーナリストと言ってきたわけですけど、最近はどうも様子が変わってきています。というのは、多くの素人とされる人がどうがをYoutube上にアップロードし始めたからです。そして、Youtubeと同時にフェイスブックにもアップロードする人は日増しに増えてきました。

フェイスブックというのは、日本においても既に大きなプラットフォームで3000万人が利用していると言われていますが、アップロードされている動画というのは、それほど多くありません。今後は、多くの動画がフェイスブックにもアップロードされるようになるでしょう。従来のジャーナリストが活動してきたテレビ・新聞・雑誌などの分野は廃れて、更にオンラインのプラットフォームに置き換わっていく可能性が高くなっています。特に伸びしろがあるとされているのが、フェイスブックの動画です。

3つの巨大動画プラットフォーム

現在、動画のプラットフォームというのは3つあって、Youtubeが圧倒的トップですが、ヨーロッパではDailymotionが利用される事も多いです。そして、先程から書いているFacebookです。この3つが大きなプラットフォームですが、今後は更にハードディスクの容量が拡張されると、アマゾンなどの別の企業が容易に参入できる分野ではあります。更に言えば、LINE社までも動画のプラットフォームを保有したがる可能性もあり、プラットフォームがコンテンツを奪い合う状況になることが予想されます。

フェイスブックは、より良いコンテンツを置いて貰うためにお金を配る事になりますが、その為にはコピー防止技術というのが不可欠になってくるでしょう。コピーコンテンツにお金を配るのは、クリエーターから訴えられるリスクがフェイスブック側にも生じることになるので、良くないことだからです。

カテゴリ: 

NHKが完全に政府プロパガンダのアベチャンネル化してた!

  • 11 January 2016
  • のぶやん

安倍一緒に寿司を食べていたというメディア

メディアが安倍と一緒になって寿司を食べていたという事です。寿司になっていて、メディアの中立性など期待できるはずもありません。全てアベのプロパガンダ放送局・新聞になってしまいました。また、報道の自由度は、安倍政権になって大幅に下がっています。


日本を支配している総理大臣の家系図

自民党の総理大臣が良く変わると言われていますが、単純に親戚で回していただけでした。




安倍の家系図にNHK元会長

安倍の家系図には、海老沢勝二NHK元会長が居る事が分かります。また、NHKプロデューサーの古賀龍二という安倍の親戚も、安倍晋三の親戚です。

 

カテゴリ: 

フェイスブックが1日で動画再生数80億回を記録!伸びるFacebook動画はYoutubeに迫れるか

  • 29 December 2015
  • のぶやん

フェイスブックが2015年11月4日に発表した第3四半期の業績では、売上、純利益ともに過去最高を記録しています。フェイスブックから若者離れと言われる中で、収益化には成功してきているようです。ニュースフィード上の動画広告やInstagram広告が好調に推移しているという事で、伸びる分野をしっかりと押さえいてるという感じが伝わってきます。インスタグラムでは、広告を見たことがないのですが、恐らくは企業のアカウントを自然に「オススメ」などに表示する事で、広告料を徴収しているものと考えられ、上手なビジネス手法だと思うのでした。

伸びている動画広告の再生回数

フェイスブック上に動画をアップロードする人が増え続けており、2014年秋に10億回だったものが、2015年4月に1日40億回に再生回数が倍増して、2015年11月に80億回と発表されていて、急激に増加している事が分かります。フェイスブック上の動画は、Youtubeの動画と違って「コンテンツに溶け込んで自動再生される」というものです。この為にクリックが必要なく閲覧が容易というメリットがあります。文章を読みながら動画をみるという事も可能になっています。フェイスブック上には、Youtubeの動画も置けるようになっているのですが、こちらは自動再生ではないので、あまり再生されないのです。フェイスブック上に動画を置いた方が圧倒的に有利です。

毎日新聞映像グループなどにおいても、フェイスブックに動画を沢山アップロードしており、注目度の高い動画、注目度の低い動画が閲覧数で分かるようになっています。高校生デモであったり、SEALDsなどの動画の注目度が高くて1万単位のアクセスを集めており、毎日新聞社が力を入れて取材に来る理由も分かります。その他の動画は、数百しかアクセスを集めていないものが多くて、費用対効果ですれば、かなり微妙だと思います。

フェイスブック上で無断動画が横行している

フェイスブック上でYoutubeからコピーした動画がアップロードされる事件が多発しているという事です。2015年7月にはこの記事でもしてきされているのですが、私もYoutubeにアップロードした動画をコピーされたので、せめて引用元のリンクを掲載して貰えるように要請しました。Youtubeが自動再生されないのに対してFacebookの動画が自動再生されるので、Facebookの方が再生回数が伸びやすく、下手をすると「元のアップロードしたYoutubeよりも、Facebookの方が伸びている」という事すら起こってきます。

Youtubeが報酬を分配しているのに対して、Facebookでは報酬を分配するプランがないので、多くのYoutuberは誰もFacebookに投稿しようと思いません。無断で投稿されたりするとむしろ困ってしまう訳です。最近は、テレビが放送されると、ほとんど同時に録画されてすぐにYoutubeやらFacebookに上がってきます。以前であれば、Youtubeで探していたのですが、今では「動画配信のコミュニティ」みたいなものまで存在しており、そこを見れば見たい動画がフェイスブック上で流れていたりします。

フェイスブックからすると、動画を配信する人に対してお金を配るようにすれば、Youtuberと呼ばれた人たちの多くをフェイスブックに取り込むことができるようになるかもしれません。そして、それはYoutubeにとって大変に脅威になる事でしょう。フェイスブックのアカウントというのは、本人のプロフィールと結びついている場合も多くあり、Youtubeよりも更に正確な分析が期待できます。フェイスブックは、実際にビデオクリエーターに収益を分配する(記事英語)と発表しており、2016年中に新たなプログラムで、フェイスブックのビデオ投稿が盛んになる事は間違いなさそうです。

NAVERまとめで動画が全く再生されない

NAVERまとめのように「まとめプラットフォーム上」に置いた画像は多くの人が閲覧しますが、動画となると、再生が面倒で多くの人が見てくれません。そこで、Facebookのように自動再生化してすぐに再生されると、強制再生なので興味があれば見てくれます。それは、クリエーターにとっても非常に重要な事です。

Youtubeでアプローチできなかった人にFacebook上に置いてアプローチ出来る事は、フェイスブックに動画をアップロードするモチベーションになります。フェイスブック上で簡単に動画が再生されて、それによって広告収入が得られるのであれば、どんどんアップロードして見て貰いたいと思うようになります。

まとめプラットフォームとしてのFacebook

今までは、日本の匿名ブログサイトなどが担ってきた「ニュースの貼り付けからコメントでのコミュニケーション」は、更に高度に動画や写真などを張り付けながら、フェイスブックで安心してコミュニケーションを取る事ができます。大きめのコミュニティに入っていれば、様々な情報をやり取りする事ができるのです。2ちゃんねるのまとめサイトでは、管理人の投稿だけに依存しているので、その点でフェイスブックのコミュニティの方が多様性があると言えます。

フェイスブックは、それでも10代の若者に人気を失ってきています。10代の若者にとってフェイスブックのプラットフォームというのは使いやすいものではないですし、動画アプリの方が楽しいという人も多いです。フェイスブックは、再び10代を取り込むためにショート動画なども活発に扱っていく必要性があるでしょう。また、インスタグラムも動画が少しずつ増えてきている感じがするので、写真だけではなくて、動画で見せる人も増えていくものと思われます。
 

英語が流ちょうに話せるメリットが上がっている

英語が流ちょうに話せる事のメリットは、以前にも増して価値が高いとも言えるでしょう。単に会話しているだけで、数億円の収入を得ているYoutuberであったり、何かについて説明しているだけで100万PVをあげている動画を沢山みてきました。英語を話す人の人口がとにかく多いので、英語で動画を配信する事のメリットは大きいと言えるでしょう。特に英語のスピーチ動画などは、大量に再生される傾向があります。

英語が流ちょうに話す事ができなくても、少なくとも英語を聞いて理解するぐらいできないと、情報の幅が相当に狭くなってしまう事は間違いなさそうです。Youtubeなどで英語のスピーチを聞くなどして、日頃から英語力の向上に努めておきたいものですね。

みんなの投稿が盛んに行われる時代

フェイスブック上においては、新聞社の社員などが撮影するプロの動画と、素人がデジカメで撮影した動画がインターネット上で閲覧するのにそれほど大きな差がなくなってきています。もちろん、テレビで閲覧する事を考えた場合には、良いカメラで撮影していた方が良いでしょうけど、普通にインターネットで閲覧するレベルでは、ほとんど大差がありません。インターネット上では、特に1分から5分ぐらいの短い動画が好まれる傾向にあります。

人々の多くがYoutubeであったり、フェイスブックなどの動画に時間を使うようになってしまうと、テレビ局としては大変に大きな脅威になるでしょう。テレビ局で製作したバラエティ番組など誰も見なくなってしまうからです。また、テレビ局が制作するプロパガンダニュースよりも、フェイスブックで多くの人から得た情報を信頼する人も増えてきています。

カテゴリ: 

アベ政治が日本を破壊する!日本の国力が落ちて簡単に中国に侵略されるだろ

  • 12 December 2015
  • のぶやん

税金を10%にあげて、防衛費を増強すれば、中国に対抗できるなんて全くの嘘デタラメだわ。防衛費を上げたいのは、単にアベが儲けたいからであって、中国とは全く無関係のデタラメです。防衛予算を上げたとしても、中国の脅威に何ら対抗しうる手段になりえません。

国の防衛力とは、防衛予算の事ではない

防衛力というのは、防衛予算のみで決まるものではないからです。防衛というのは、経済も含めたすべての要素で決定されるものであり、その最たるは全体の国力や外交努力によるものです。良く戦争ゲームをやった事がある人なら分かると思いますけど、内政が充実しないで戦争なんてできないのです。言い換えれば、軍事・防衛力というのは、内政・経済的な背景によるところが強いのです。

日本の場合には、高齢者・貧困者だらけで、国力の内情を見るとボロボロです。言い換えれば、こんな国は攻めなくても衰退していって、中国が好きな時に攻めてこれる国になってしまうのです。目先の社会保障費であったり、少子高齢化対策をさしおいて、飛行機なんて買って防衛予算なんて増やしていたら、国力を大きく落とす事になって国が滅びてしまいます。



先進各国の中で日本だけ経済成長していない

先進各国がGDPを伸ばしていく中で、日本だけが経済成長していないどころか、むしろマイナスであることがわかります。経済成長していないのに、防衛費は伸ばすんですか?それじゃあ、日本は財政破綻に向けて突き進んでいるようなものです。既に日本には1000兆円もの政府国債があり、どうする事もできない状況に陥っています。だから、防衛費は削減して、コンパクトな防衛予算で防御に徹するしかないのです。それを防衛費を伸ばしたらどうなるか?旧ソ連のように崩壊するのみです。

日本が全く経済成長していなかにおいて、増税であったり、防衛予算を増強する事は、民間の経済に大きなダメージを与えます。そして、将来的に日本の経済力・国力が大きく失われる事になって、日本が旧ソ連のように内部から崩壊する事が予測できます。言い換えれば、日本円の価値がほとんどなくなって、日本国民の全体がどん底に突き落とされるという事でもあります。

http://blog-imgs-50.fc2.com/o/p/i/opinion21c/20120714002206907.jpg

中国の脅威を取り除きたいなら経済力を高めろ!

中国は、その人口と生産力を背景として、GDPを大きく伸ばしています。中国のGDPがこのまま伸び続けた場合には、2020年頃には、日本の2倍になる予測があります。人口規模からすると、日本の2倍のGDPであったとしても、何ら不思議な事ではありません。そこで、日本は経済力が伴わないままに防衛費を増強したらどうなるでしょうか?例えば、中東でやっているような戦争に日本がお付き合いしていたら、日本の経済力は更に損なわれてしまって中国との差は広がるばかりです。

日本は、防衛に徹する理由は、それが防衛予算を抑える事につながり、その事が人々の経済を豊かにしていくからです。社会保障を充実させて、少子高齢化を解消して日本の国力が高まれば、誰も攻めてこれなくなります。今のままの経済ボロボロで行くと、いずれ中国に日本企業の半分以上が買収されて、日本は中国の言いなりのような状況になってしまうでしょう。


http://img-cdn.jg.jugem.jp/2ee/1835912/20100909_644232.jpg

安保法の目的は、単なる経団連の金儲けで、国の経済力・国力を大きく損なう

カテゴリ: 
おすすめ: 

SEALDsによる2015年最後のデモの終わり方が凄かった!

  • 12 December 2015
  • のぶやん

SEALDsによる2015年最後のデモの終わり方は、アベ親衛隊の右翼が車2台でSEALDsのサウンドカーの前に突っ込んできて、それでSEALDsカーが急停車して、警察が駆けつけてきた。映画かヤラセじゃないかと思うぐらいに出来すぎたシーンなわけです。



UCDの思い切った賭け

SEALDsのサウンドカー、そしてそれに続いている若者+市民、右翼のサウンドカー、警察、更には撮影するカメラ・記者が全部揃ったところで、行われたのがUCDの単独ライブでした。街宣車が来て、少しひるんでから、UCDがコールをやめて後ろの方に下がってしまったのです。そして、後ろ側からUCDがジワジワと登場していきなりラップを始めちゃう訳です。本当に映画さながらのシーンです。

これには、隣にいたわかこさんも、爆笑して。おい、UCDがラップ始めちゃったよ!と笑ってる訳です。それで、UCDのバクチが大当たりして、観客になったデモ参加者は、何やら面白いものを見せられた気分で大喜び!大盛り上がりなわけです。こんなバクチを打てるのは、毎週のようにデモを経験したUCDだからなんですよね、この前の日もデモやっていて、それをやってるから、これが出来る。


映画の撮影でも撮れないような名シーン

これは、本当に映画の撮影でも撮れないようなシーンだったと思うのですが、右翼の街宣車がいる前で、何故かその場にいた100人以上の人が鋭気のラッパーであるUCDのラップに乗っちゃうわけですね。UCDの勢いに押されて、みんな右翼が来たことも忘れちゃって、一生懸命にコールを始める訳です。更に凄い事にコールやってるのがUCDだけじゃなくて、可愛い女の子が2人コーラーをやっちゃってる。黒髪の美人わかこさんと、髪の毛を茶色に染めてフサフサの髪をしている紅子さん、どちらもSEALDsのコールメンバーとして活躍していました。UCDというカッコいい存在だけではなくて、そこに美女2人でしょう、もう最高の絵が出来ているとしか言いようがありません。

オッサンのダサい進軍ラッパに対して、若者の鋭気ラッパーが対抗するなんて、出来すぎ。

そして、そのコールを10分近くも続けて、右翼の街宣車がその様子を見て効果がないと思ったのか、警察の説得もあってどこかに行っちゃう訳です。

カテゴリ: 
タグ: 

Pages


アドセンス広告

関連記事