恋愛


アドセンス広告

事実婚でも何でも良いので、好きな人と結婚する方が絶対に幸せになる

  • 3 November 2018
  • のぶやん

結婚して仲が悪くなって残念ながら離婚に至るカップルは沢山います。自分の親が毎日のように喧嘩しても離婚しなかった理由を尋ねたら『好きだったから』という事でした。そうして子供が生まれると、子供に対する愛情1億倍です。

はあちゅうが事実婚で結婚しましたけど、本当に好きになるならば、相手の職業とかどうでもいいのかなーとは思います。本人が本当に好きな人と結婚するのが最も幸せになる近道だからです。好きでもない人と一緒のお墓に入るなんて、想像しただけで辛いですよね。

好きでもない人と結婚して、後から本当に好きな人が出来たとしたら、自分が後悔してしまいますね。

事実婚でも何でも良いので、好きな人と結婚する方が絶対に幸せになる

男性が女性を深く愛する

特に男性の方が女性の方を深く愛している場合には、女性は必ず幸せになれる可能性が大きいです。男性が浮気をしないで、女性を大切にしてくれるからです。愛される女性ほど幸せになれるものはありません。いくら資産が100億円の億万長者と結婚しても、愛されなければ幸せになれない。イギリス王室のチャーチル皇太子は、結局はダイアナと離婚して、カミアに流れていきました。ダイアナは愛されない事に悩んでいました。

カネを持ってるとか、美人であるとか関係ないわけです。単に自分が一緒にいて楽しいとか、相性がいいとか、理解しあえるとか、そういう『何となく一緒にいたい』と望む事が大事なのかなと思ったりします。どんなイケメンだって20年もたてばオッサンだし、究極の美女は10年でオバサンと呼ばれる年齢になってしまうんですからね。

女性が男性を愛する重要性

女性の側も男性を愛していなければ、将来的に『お金がなくなったから』という理由だけで離婚するかもしれません。愛した事もなくて、見た目も今一つ、お金もない人と結婚している意味というのは、ほとんどないでしょうからね。いくら愛して貰えても、途中でキモいと思ったら、一緒に結婚生活どころではなくなります。

女性が出産で選べる男性は1人だけで、そこにこだわりを持つのは当然と言えるでしょう。

見る目が高い女性が孤立

見る目が高い女性は、イケメン男性に惹かれてしまうのは当然と言えるでしょう。しかし、そこで考えるべきなのは、『自分の水準がどこにあるか』という事です。20代の前半であったり、アイドル級の美人と言われる30歳ぐらいであれば、イケメン男性と付き合う事ができます。しかし、普通に性格が良いイケメン男性は、美女と付き合っちゃうんです。

20代前半の女性であれば、イケメンとはいかなくても、それなりの男性とお付き合いができる可能性が高いです。そのままの考えで、30代になってしまうと、非常に難しい状況になってしまいます。25歳~35歳のイケメン男性が本命にしている彼女を良く観察してみて下さい。ほとんどがかなりの美人ですから。

35歳ぐらいまでのイケメンであれば、女性を口説くのは、本当に簡単なのです。下手をすれば、収入ゼロであっても、女性からお金を出して貰える場合だって可能(いわゆる紐状態)でしょう。

40歳まで待った方がいい?

婚活している女性の中には、好きな人ができないと悩んで、誰でも良いので結婚とはいかず、ずっと独身を貫こうとする人もいるでしょう。特に20代のころにモテモテだった『受け身女子』の場合、自分でアプローチしないので、30代になって男性が寄ってこなくなると選べなくなってしまいます。

40歳まで結婚を待った方が良いか?と言えば、結婚を待てば良い事がある可能性も僅かながら存在します。白馬の王子さまが現れる可能性は、全くのゼロではありません。元カレと30代後半で復縁した人などの例もあります。しかし、35歳ぐらいまでが限界で、それ以上だと本当に厳しいです。

男性が結婚したい本命彼女

男性が『この人だったら結婚したい』と思う本命の彼女になる最も良い方法は、遊びだと思う人と付き合わない事です。常に男を取り換えてきたような女性と結婚したいと思うような男性はいません。本気で付き合うつもりなら、本当の本気で当たっていく事が大切です。

あの英国チャールズ皇太子とカミヤさんもお互いが離婚してまで一緒になるというのだから、よほどの相性が良いと言えるでしょう。男性が本命だと思うのは、年齢がいくつになっても、自分の傍にいてくれたら助かる人です。

相性とは何か?

相性というのは、相手の価値観を理解できるかどうかです。相手の価値観など理解できなくても、恋愛感情を持って2年ぐらい付き合う事はできるんです。しかし、それ以上は難しい。学歴に関する考え方、仕事に対する考え方、社会全般に対する考え方が価値観として一致していなければ、長い恋愛を成功させることは難しいのです。

カテゴリ: 

成功している結婚の多くが学生時代からの恋愛結婚

  • 2 November 2018
  • のぶやん

女性が30歳ぐらいになると、相手に年収とか求めるようになるけど、ぶっちゃけ年収なんてリストラされたらゼロですからね。年収がないと確かに子育てとか非常に大変ですけど、それは日本という国が腐敗国家だからであって、個人の責任にされちゃっている部分が非常に大きいと思います。

成功している結婚の多くが学生時代からの恋愛結婚

学生恋愛が一番良い

学生の時に恋愛して、そのまま学生結婚するぐらいの勢いが最も結婚して幸せになれるパターンかもしれません。収入などの確定しない段階での恋愛だし、周囲やお互いの事も良く理解して結婚する事ができますからね。

学生時代を逃したのであれば、社会人1年目~3年目ぐらいに結婚相手を決めると、最もスムーズにいくパターンかもしれません。

結婚相談所も30代は難しい

結婚相談所においては、女性が結婚するのは『若さが全て』と言われています。そして、婚活市場において男性に求められるのは、年収がトップとなっています。金を稼げない男は婚活市場において用なしな訳なので、年収が低い時点でもう婚活なんてやらなくてよいという事になります。

30代であれば、婚活なんてしなくても、アルバイトとかフリーターでも、シェアハウスにでも住んでいれば、20代のそこそこの女性を捕まえる事は可能です。婚活をするより、そちらの方が手っ取り早いです。『婚活に出てくると大人気だろ』というような女性がシェアハウスに沢山いますからね。

高所得女性ほど結婚できない

男性が高学歴・高所得の方が結婚しやすいのに対して、女性が高学歴・高所得になるほど結婚が遅れる、もしくは結婚できない状況である事が報告されています。日本において、女性が稼ぐことは、必ずしも幸せに直結しない事を意味していると分かります。そこにあるのは、『私生活を完全に犠牲にしたカネ稼ぎ』であり、人生をカネの方に重点を置くと結婚が遠のくことが分かります。

高所得男性は、結婚において有利ではありますが、ベンチャー企業の社長などは仕事に必死すぎて婚期を逃している人もたくさんいます。

タグ: 

男性が彼女に本命か遊びかを見分ける方法は?遊び彼女から本命彼女になれる?

  • 31 October 2018
  • のぶやん

良く恋愛のテキストで見かける『男性がお金を使ってくれたら本命』というのは、嘘です。お金のある男性は、浮気相手の女性をキープするためにそれなりの金額を費やすので、お金を使う事が本命であるとは限りません。

むしろ、常に奢ってくれたりするのは、お金で済まそうとしている可能性があり、本命でない可能性があります。本命であれば、お金は共有財産と考えて割り勘にしたりすることもあるからです。

男性が彼女に本命か遊びかを見分ける方法は?

親友に紹介する

親友と呼べるような長い付き合いの友達に紹介すれば、本命になっている可能性が極めて高いです。付き合いが浅い軽い友達にしか紹介してくれないのは、単なる遊びになっている事が多いです。本命の彼女の場合には、学校の同級生時代からの付き合いなど、本当に仲が良い友達を紹介してくれることがあります。

親友に紹介してくれない場合には、単なる遊びの可能性が極めて高くなります。

親に紹介する本命

男性が女性を親に紹介する時には、本命である可能性は高くなります。単に旅行についでに来て食事するという事ではなくて、特に家まで招待してくれたという事であれば、もう本命一直線です。男性が家まで招待してくれるのであれば、その人は本気なので結婚を考えても良いと言えるでしょう。逆に家まで招待してくれないのであれば、遊びの可能性も考えておきましょう。

家に招待するのが複数回になれば、もう結婚をしても良いと思っている証拠です。友達の女性を気軽に親に何度も紹介する男性などいませんから、自分が本命で愛されていると感じても良いでしょう。さらに親戚にまで紹介してくれるというのであれば、これは本命中の本命であると言えるでしょう。一般的に結婚を前提としていなければ、親戚にまで紹介してくれません。

凄い根性を見せる

彼氏が本気の場合には、超ピンチの時に仕事を投げ出しても来てくれたりします。浮気相手であっても、ある程度の事はしてくれますが、それは友達に尽くすのとあまり変わりありません。友達で出来る範囲を確実に超えていると思えるような事をしてくれたのであれば、それは本気度が高いという事になります。

最終的に結婚しようと思っている人に対しては、財産を投げ売ってでも何とかしようという思いが沸いてくるのが男性です。

遊び彼女から本命彼女になれる?

単なる遊びでの彼女状態から本命彼女になれるかと言えば、結論を言えば非常に難しいです。男性の場合には、女性と違って「浮気は浮気」であり、遊びの女性と最終的に結ばれたいと全く思っていません。どんなに食事を重ねても、夜を重ねても、旅行を重ねてさえ、遊びの状態は、遊びの状態です。

カテゴリ: 

相手のプライドを傷つける事は、恋愛関係の解消に繋がる。

  • 3 July 2018
  • のぶやん

男性のプライドを傷つけてはいけないのは、日本だけではなくて外国も同じだ。それは、男女に限った話ではなくて、男女も国籍も関係ない。


相手のプライドを傷つけるという事は、その時点で『恋愛関係を解消したい』という意思表示でもある。友達であれば、プライドを傷つけても仲直りできるが、恋人関係ではそうはいかない。相手のプライドを傷つけないように細心の注意を払わなければいけない。相手の事が気に入らないのであれば、文句を言うより関係を解消した方がいい。



カテゴリ: 
タグ: 

女性と男性の恋愛に対する有利・不利を考える。31歳以上の女性が相手にされなくなる理由

  • 17 June 2016
  • のぶやん

女性は、28歳ぐらいまで、恋愛市場において『圧倒的有利』な状況で恋愛する事ができます。普通の女性であったとしても、28歳ぐらいまでであれば、そこそこの男と付き合えます。そこが29歳になるとちょっと厳しくなって、30歳になると普通の女性はあまり相手にされなくなります。31歳になった時点で、結婚時点として見てくれる同年代の男性が一気に減少すると考えられています。

女性と男性の恋愛に対する有利・不利を考える。31歳以上の女性が相手にされなくなる理由

31歳になると同年代が相手にしない

女性が30歳を超えると、結婚相手を見つける事が一気に困難になります。更に31歳になって『良い結婚相手』なんて探した場合には、ほとんど絶望的だと思った方が良いでしょう。かなり美人であれば、遊び相手として遊んでくれるかもしれませんけど、結婚相手として見て貰えるかどうかは別問題です。

簡単に言ってしまえば、20代後半で付き合うのであれば、遊びじゃなくて本気で結婚をするつもりで付き合っていかなければいけないという事です。何故なら、遊んでしまって30代になると、男を変えようと思っても、それ以上の男に相手にされなくなってしまうという現実に直面するからです。今まではすんなりと彼氏を変更してこれたかもしれませんが、これからは男性から全く相手にされなくなってしまうのです。特に、人気のある男性であったり、経済力がある男性からは全く相手にされなくなります。

30代女性がアプローチしても失敗する

30代女性でアプローチしたところで、良い男性なんて遊んでもくれないでしょうし、遊び人だったら遊ばれてオシマイです。ここにきて経験人数がどんどん増加する女性もいれば、慎重になって全く男縁がなくなる女性もいます。いずれにしても、30代女性が『良い男性にアプローチされる』などという事は単なる幻想です。30代の収入がそこそこで、見た目がそこそこの男性であれば、全く30代にアプローチすること自体を考えていない人が多いです。

女性は現実主義だが、見る目があるとは限らない

女性というのは、非常に現実主義で、結婚する人に経済力を求めると言いますが、本当に経済力がある人が30代になった女性を選ぶという事はほとんどありません。経済力はある男性というのは、35歳ぐらいまでは、20代の女性を狙っていくので、30代の女性なんて目もくれません。また、自分の経済力を守るために女性に対しても頭の良さを求める傾向があるとされています。

現実的な女性というのは、自分と相手が釣り合っている事を重視しています。多くの女性というのは、格下の男性と結婚する事を嫌がります。周囲の女性からの評判を考えてしまうからです。恋愛までは良いけれど、結婚するのが嫌だと思ってしまうのです。不釣り合いの男性だと感じると、友人、家族に紹介しようとはしません。

カテゴリ: 
タグ: 

人間の相性と言うのは、会った時に分かる

  • 28 January 2016
  • のぶやん

相性というのは、後から良いか悪いか分かる時もあるけど、最初に会った時に相性がいいか悪いかが分かる事も多いですね。要は、相手に興味を持てるか、興味を持てないかということなんですけど、男性というのは、興味を持った女性の前では笑うし、興味を持った女性には、他の助成よりも優しく接するという特徴があります。そういった態度を見て、女性の方も『この人は優しい』というように感じる事が多くなるのでしょう。

相性が悪い相手と何をやってもうまくいかない

相性が良い相手というのは、自分と性格が同じとか、自分と性格が違うという問題ではなくて、ぱっと見た感じとか、少し話した時に『なんとなくタイプだ』と感じるものなんだと思います。それで近くにいることが多ければ、恋愛に発展する事も多いので、職場恋愛などはかなり多いと思います。

男女が会った時には、必ず『この人と付き合ったらどうなるか』と連想してしまうのが普通だったりするのですけど、その時に『幸せな気持ちになれそう』と考えるならば相性が良いという証拠でもあります。最初にポジティブに捉えた人に対して、人というのは優しく当たることが多いでしょうし、最初にネガティブに捉えた人に対して、人というのはネガティブに捉える事が多くなるでしょう。

誰とどのように出会いたいか

最初に『お金持ちの男性』をゲットしたいと思うのであれば、お金持ちの男性が出入りしている場所に身を置くのが一番でしょう。簡単に言ってしまえば、ビジネスクラスに座っていれば、隣の人は全部ビジネスクラスです。エコノミークラスに座っていれば、周囲の人は全部エコノミークラスです。エコノミークラスに座っているにも関わらず、ビジネスクラスの人と出会うという事はほとんど不可能です。

ビジネスクラスの人と出会いたいのであれば、ずっとビジネスクラスに乗りつつけていればいいのですが、普通にそんな事をしていたら破綻してしまいます。ビジネスクラスにたまに乗った時に出会いを求めるか、少しずつ自分を向上させてビジネスクラスに乗るチャンスを伺うという方法もあります。あるいは、会社のお金でビジネスクラスに乗るという事もあるでしょう。どこに住むかというのは、周囲の人を大きく決定づけてしまいます。特に日本でも格差社会になってきており、住む場所が大きく影響するようになってきています。

場の雰囲気をどのように作るか

ある箱の中に人が座っていたとして、その場を作り出すのは人な訳ですけど、教室に若者が座っている場合と、高齢者だけが座っている場合だと全く印象が異なります。誰かと会うときには、自分がその相手に失礼がないように『しっかりとした格好』をして挑む必要があるでしょう。相手がスーツで来た時に、こちらがジャージではダメなわけです。汚いと思うような格好があれば、すぐに捨ててしまうのが良いでしょう。

最初に格好を見て付き合いたいかどうかを決めるという人は多いですね。汚い格好の人だと、誰も熱心に付き合いたいと思わなくなってしまいます。

先生と生徒の相性もある

天才的な生徒というのは、先生に理解されない事が多いようです。先生の言うことを良く聞いていたのでは、先生のレベルにしかなれないという事でもあります。もちろん、先生が素晴らしい先生で良い影響を与えてくれるという事は多々あるかもしれませんが、それと同じぐらい先生が生徒の才能を良く理解せずに生徒を潰すという事も良くあります。

良いことが連続して起こる

人間の良いことというのは、連続性を持っているようです。それは、自分の余裕と大きく関係していると思います。余裕がなくなると、人間というものは、様々な悪い行動が連続するようになってしまうのです。例えば、お金に余裕ができていれば、友達から誘われたとしても気軽に応じることができるし、楽しい旅行にも行けるかもしれない。そして、その余裕が様々に良い方向に作用してくのです。良い友だち関係が増えたりとか、良いチャンスが巡ってきたりとか。良い循環というのは連続して起こるし、それは更に良い循環を生み出していきます。

余裕がない状況というのは、いくらチャンスがあったとしても、そのチャンスをゲットする事ができないのです。

 

カテゴリ: 

ビジネスにおける「約束を守る」という事の重要性

  • 7 January 2016
  • のぶやん

私がコンサルをしたある会社で、新卒に対して入社する前に「住宅補助を出す」としていたにも関わらず、入社した後になってから何かと言い訳をつけて、「住宅補助を出さない」と言い始めた会社がありました。それは法律的に問題があるはずなのですが、入社した後になって新卒がどうする事もできないのを見越していたのかもしれません。

そういった事をやってしまうと、入社した社員が次々と辞める要因になるのです。「約束を破られた」という事は、新入社員の中に広がって、「約束を守らない会社で長期間働く事はリスクがある」との認識が入社した社員に広がっていたようなのです。

自分の所の社員を騙し打ちするような会社で働きたいと思う人はいないでしょう。上司は、約束した事を守る必要があります。そうしないと、優秀な社員からやる気がなくなって辞めて行って、最後に自分も辞める事になるからです。

基本的に時間を守る事

時間を守る事は、ビジネスの基本になります。時間を守るというだけではなくて、早めに待ち合わせ場所に行く方がいいでしょう。どうしても遅れるというのであれば、その時間に「待ち合わせしない」か、「前の日までに時間をずらして貰うか」を計画した方が良いでしょう。その時間に行けると自分で約束したのであれば、その時間よりも前に行けるように調整すべきです。

遅刻の癖がある人というのは、時間の管理ができない人と判断されてしまいます。言い換えれば、ビジネスが出来ない人と言えるでしょう。どんな場合においても、約束した時間をしっかりと守るという事が非常に重要であると言えるでしょう。1回ぐらい誰でも遅刻する事はありますけど、連続して遅刻をしたり、30分以上遅刻するような人と付き合いたいと思う人はいないでしょう。ビジネスが出来る人は、人の時間も大事にできるはずです。

小さな約束から信頼が生まれる

非常に小さい口約束であったとしても、約束された方は良く覚えているものです。例えば、女性に対して『プレゼントをあげるから』と言っておいてあげないと、女性は裏切られたと思うことでしょう。軽い気持ちで言った一言であったとしても、言われた方は約束だと思っている場合もあります。

小さな約束をメモしたりして、しっかりと約束を守ってくれる人は、少しずつ信頼感を増すことができます。細かいことを覚えてないルーズな人という印象は、恋愛においても、ビジネスにおいても非常に不利になります。

カテゴリ: 

好きだけど避けしてしまう恋愛の心理

職場や学校でなんだか好きな人に避けられている気がすると悩んでいる人が沢山います。 恋愛経験が少なく、異性に慣れていない未熟な男女は 、好意を持っている相手を前にすると、ついついそっけない冷たい態度をとってしまうという。 奥手で小心者、恥ずかしがり屋のシャイボーイやシャイガールはこの好き避けの 症状が露呈してしまうことが頻繁にある。 好きなのに嫌いであるかの行動をしてしまうのです。 具体例を挙げると、近づくと逃げるように遠ざかってしまう、目を見つめると目を合わせない、 サッと目を逸らされてしまう、 話しかけると笑顔がなく無表情、不機嫌そうで怒っているような表情を浮かべているなどのパターンがよくある。 好き避け男女の性質としては、基本的にあまのじゃくであり、 本命、本気の気持ちで好きな人であればあるほど、本心とは裏腹の行動をとってしまう。

Pages


アドセンス広告

関連記事