レストラン


アドセンス広告

最大53%OFF!レストラン予約も一休.com!

楽天ポイントを上手に消化できるジェフグルメカードをオススメする理由

  • 31 December 2018
  • のぶやん

ジェフグルメカードは、非常に便利に使える全国共通お食事商品券です。
楽天では、送料無料で10300円で販売されています。
お金と同等に扱われて、お釣りが出るのが特徴です。

全国35000店舗で使えて、ファミレスなどで利用する事ができます。
・お釣りが出る
・有効期限がないので保存できる
・全国で利用できる

金券ショップで買うのもいい

海外旅行に行った時には、余った外貨を大黒屋などで日本円に両替して、そのついでにジェフグルメカードを購入しておけば良いでしょう。ほとんどの金券ショップで、ジェフグルメカード475円~480円ぐらいで売られているので、それを買うとファミレスで1割引きで食事が出来た事になります。

主に使える飲食店

全国に展開するチェーン店で使う事ができます。

洋食系では、ガスト、CASA、デニーズ、グラッチェガーデンズ、ココス、グルメドール、馬車道、ロイヤルホスト、ジョナサンなど。
和食系では、和食さと、夢庵、ザ・めしや、南部屋敷、華屋与兵衛、和グルメ、藍屋、源ぺいなど。

カテゴリ: 

ロンドンの超高層ビル「ザ・シャード」

  • 21 November 2018
  • のぶやん

ロンドン市内には、超高層ビルが少ないのですが、2013年にロンドンに建設された「ザ・シャード」は、ヨーロッパで最も高い130メートルを誇っています。東京タワーの高さが333メートルなので、東京タワーと同じぐらいの高さです。展望台も入居していて、31ポンド(=約4700円)で入場する事ができます。

ザ・シャードの展望台

望台は69Fの室内と 、72Fの屋外デッキに分かれていて、高さ244メートルからロンドン市内を眺める事ができます。

ロンドンの超高層ビル「ザ・シャード」

入場料は当日券31ポンド(約4700円)、前売り券25ポンド(約3500円)となっており高額で、前売り券が時間指定チケットになっています。普通は1人で訪問しないので、2人で訪問したら7000円です。グラス・シャンパン付きのプランもあって、5000円になっています。

当日に人数制限があった場合でも入場できる『優先入場チケット』が100ポンドで売られており、優雅に入場する事ができますが、2人で優先入場すれば200ポンド(約3万円)という恐ろしい価格になります。そんなにお金をかけるのであれば、レストランに入城した方が圧倒的にコスパが高くなるはずです。

シャングリラ・ホテル

34 - 52階が香港系のシャングリ・ラ・ホテルズ&リゾーツがロンドンに初進出していて、最低価格500ポンドからと、ロンドンで最高級ホテルとなっています。非常に高い価格ですが、宿泊できない価格でもないので、「展望台に上るぐらいであればシャングリラ・ホテルに宿泊しよう」と思う人も多いかもしれません。レセプションが35階にあって、そこまでエレベーターで一気に昇ります。

展望台に2人で入場すれば、景色を楽しむだけで1万円かかると考えると、展望台に上らなくても良いのでシャングリラ・ホテルで最安値の部屋を6万円で押さえた方がお得な感じがします。特にファミリーであれば、展望台に上るよりも、シャングリラ・ホテルに宿泊した方が明らかにコスパが良くなります。

レストラン&バー

31 - 33階がレストランになっていて、展望台に上るよりもレストランで食事をした方がコスパが明らかにいいのではないか?と考えるのは、多くの人に共通しています。確かに展望台は、高い場所からロンドンを見下ろす事ができますが、レストラン&バーの高さ31-33階であったとしても、ロンドンを見下ろすには十分な高さです。

「aqua shard」では、平日のみのランチ・コースが「32ポンドから」で、週末のブランチ・コースが「3コース48ポンドから」で、アフタヌーン・ティーが「45ポンド」から、夜にアラカルトとなっています。33階にある中華料理の「Hutong」は、絶景の中で中華料理が楽しめますが、中国で食べる5倍~10倍の価格です。52階には、バー『Gong』があって、£52でアフタヌーンティも楽しめます。カクテル1杯£17などシャングリラ・ホテル価格です。ドリンク2杯と料理一品£40ぐらいが目安です。

スカイ・ガーデンの存在

ロンドンの超高層ビル「ザ・シャード」

ロンドンに2014年にオープンした『20 Fenchurch Street』というビルの最上階がスカイ・ガーデンという名前で無料開放されています。目の前の「ザ・シャード」の展望台入場料が5000円であるのに対して、こちらは無料入場になっています。

カテゴリ: 

アドセンス広告

関連記事