イケダハヤトが仮想通貨の営業をかけているけど、やってみないで文句を言うのもよろしくない事です。。そこで、QUOINEXで主要の仮想通貨であるビットコインとイーサリアムの仮想通貨を買ってみようかと思い始めています。

2014年に高知に移住したイケダハヤト氏がブログで『仮想通貨が500万円減少した』と報告していました。何故だか『売るどころか買い増ししています』と、買い増しの宣言までしています。

自分のカネが余っているかどうかは、自分の懐事情であって、相場には何も関係ない事です。株やFXでも言える事ではありますが、客観的に相場を見れなくなってしまうと、下落の時にナンピンを入れるなどして、負けが膨らんでしまう傾向があります。

イケダハヤト氏は、東京を出て高知に移住して、インターネットで騒ぐのに熱心な人たちの間で話題になりましたが、最近は仮想通貨・ビットコインの話題ばかりになっています。それだけ、ネタに困ったというか、田舎で他のネタがなくて、仮想通貨・ビットコインに熱中しているという事でしょう。

海外旅行に行って、ATMでお金を引き出すと、3%~4%という手数料が取られて本当に悩ましい問題です。海外で10万円ほど消費したとすると、それに新生銀行だとVISAレートに4%がかかってくると手数料が4000円なんです。海外の手数料が無料と宣伝していたのに、実態としては4%のレートを上乗せして手数料を稼いでいく詐欺まがいの行為を行っていた訳です。

ビットコイン

不動産の資産と、コンテンツの資産は、『収益を生み出す』という点で同じです。しかしながら、収益が減少する速度は、不動産よりもコンテンツの速度が一般的に早いとされていて、10年前のコンテンツが価値を持ち続ける事が難しい社会になっています。

関連記事

税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止