仮想通貨マイニングで利用するGeforceシリーズの紹介!本格マイニングならGTX1080ti

  • 12 February 2018
  • のぶやん

仮想通貨のマイニングでは、主にGPUでマイニングを行います。CPUでマイニングを行える仮想通貨は少数で、ほとんどがGPUを使ったマイニングになります。

GPUを使ったマイニングは、マザーボード、グラフィックボード、電源が基本のパーツになります。他にメモリ、CPUが必要ですが中古部品で問題ありません。

マイニングに必要なマザーボード

マイニングに必要なマザーボードは、価格帯と、自分が使うグラフィックボードの枚数によって変わってきます。ほとんどが10000円~20000円ぐらいのものになっています。

マイニングするのであれば、以下のマイニング専用マザーボードのようなものが複数のグラボを認識して、効率的にマイニングしてくれます。


ASRock Intel H110 チップセット搭載 ATX マザーボード H110 PRO BTC+


BIOSTAR ULTRA PRO CRYPTO-MINING マザーボード TB250-BTC PRO

Geforce中位機でマイニング

多くの仮想通貨マイナーは、Geforce中位機を用いてマイニングを行っています。価格帯が20000円~30000円なので、10万円あれば数枚買う事ができます。


玄人志向 ビデオカードGEFORCE GTX 1060搭載 GF-GTX1060-3GB/OC/DF

ガンガン掘れるGTX上位機

本格的にマイニングを行うのであれば、GTX1080tiが大人気になっています。非常に多くのマイナーがGTX1080を購入するので、約10万円の価格ながら品切れが続出しています。

玄人志向 ビデオカード 新シリーズGALAKURO Whiteモデル GEFORCE GTX 1080Ti搭載 GK-GTX1080Ti-E11GB/WHITE

中古デスクトップでマイニング

中古のデスクトップPCでメーカー製となると、電源が230Wレベルと貧弱なので1万円を超えてくるグラフィックボードを搭載すると動作しなくなる可能性があります。GPUがあくまでCPUの補助なので、激安・省エネのものであれば搭載可能です。

Celron、DualCoreなどCPUマイニングとしても貧弱なものは、GPUを搭載した方がまだマイニング機として使える場合もあるでしょう。


玄人志向 ビデオカードGEFORCE GT 710搭載 ロープロファイル 空冷FAN GF-GT710-E1GB/LP

良い電源を購入するべき

マザーボードを安いものを購入したとしても、電源にお金をかける事は、省エネ・安全性においても非常に大切になります。電源効率が最低でも80PLUS、出来れば85PLUSが良いでしょう。また、ランクがゴールド、プラチナを選べば間違いありません。

電源の価格帯は、その性能に応じて5000円~30000円ほどになっています。


SilverStone Strider Platinumシリーズ 750W 80PLUS Platinum認証 フルプラグインケーブル 奥行き140mm SST-ST75F-PT 日本正規代理店品

タグ: 

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
To prevent automated spam submissions leave this field empty.

関連記事