マネジメント

経営管理論は、組織・団体(主に企業)の管理についての実践的な技法(経営管理)の確立を目指す学問であり、経営学を構成する分野の一つ。 20世紀初頭、科学的管理法を提唱し、「経営学の父」と呼ばれたフレデリック・テイラーがその始まりとされており、また「管理原則(管理過程論)の父」と呼ばれたアンリ・ファヨールによる研究により、学問として成立。その後、主にアメリカで研究が発展した。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら (新潮文庫)

Amazonは信用できない。怖いのでアマゾンを二度と利用しない。

  • 17 March 2018
  • のぶやん

アマゾンで怖いことがあったので、二度と利用しない事にしました。カスタマーセンターは、表面上で丁寧な対応をするを見せながらも、外資系企業なので対応できない事が多いようであてになりません。

アマゾンは、最近ではメーカー業者に『協力金』を出させていたとして、日本で公正取引委員会に立ち入り検査されました。アマゾン側で勝手に値引きした後で、メーカー業者にその分を要求していたという事でした。

何故、企業は借金経営に走るのか?楽天、ソフトバンクの莫大な借金を考える

  • 5 March 2018
  • のぶやん

楽天グループの負債総額が1兆円を超えて、過去最大の借金経営に経営者が。ソフトバンクグループの借金も15兆円を超えている状況で、こちらの借金も1企業として日本最大規模に膨れ上がっています。

楽天、ソフトバンクに共通するのは、自社の成長を模索して借金で投資・買収を繰り返しているという事です。

カテゴリ: 

仮想通貨の取引所は儲かるんじゃなかったの?Zaif運営会社テックビューロ赤字の謎

  • 28 February 2018
  • のぶやん

Zaif運営会社テックビューロ赤字が公表されました。コインチェックの返金などで『仮想通貨の取引所は儲かる』とされていたのですが、Zaifの運営会社は赤字だったようです。

サラリーマンが『仕事をした気分』になって給料を貰える時代は終わった!

  • 23 February 2018
  • のぶやん

インターネット社会でダイレクトに取引が行えるようになってくると、求められる仕事が『収入に直接的に結びつく仕事』になっていきます。バックオフィスの仕事は、コンピューターに任せるようになっていくからです。

何をしても全く稼げなくなってくると、職場に行って新聞を眺めたり、パソコンを眺めているだけになります。日本軍が敵を1人も倒さずに単に玉砕に向かっていくのと同じ行動です。

カテゴリ: 

自分に自信を持つための方法は?自分の強みを把握して書き出す。

  • 14 January 2018
  • のぶやん

自分の強みを把握する事は、誰にとっても非常に重要です。 強みが全くないと思われる人でも、実は強みを持っていたりするものです。例えば、『若さ』というのは、誰でも持てる強みになります。

自分の強みを書き出す事

現状で自分の強みを把握しておけば、将来的にそこを重点的に伸ばすことができます。強みを把握していないと、自分の軸を把握する事ができずにブレてしまいます。強みがある点に絞り込んで、重点化する事で、30代~40代頃の働き盛りで、かなりの競争力で社会と戦っていく事ができるでしょう。

強みが沢山あればあるほど、様々な応用力から将来的にも実力を伸ばせる可能性が高まります。

例えば・・・
・若い
・容姿が優れている
・外国語ができる
・留学経験がある
・楽器・音楽に優れている
・学歴が高い
・金融の専門知識がある
・保有している資格がある
・プログラミングができる
・パソコンを使いこなせる(Linuxなど)
・ツィッターのフォロワー数が多い(10万以上)
 

従業員を沢山抱える会社より、少人数で高収益の会社がいい

  • 3 January 2018
  • のぶやん

日本では、お金を保有した(=主要な消費者)である団塊の世代(=高齢者)が仕事を引退して年金生活に入っています。日本の多くの会社は、求人倍率の低下によって従業員不足に悩むようになってきています。特に若者の就職率は非常に高くて、和解と言うだけで誰でも就職できる状況になっています。

少人数で効率的に稼ぐ

社員数が多くなると、会社としての見栄えも良くなりますが、固定費である人件費が増加する事になります。少人数の社員で大きな利益を上げた方が会社としての収益性が高いという事になります。

テレビ局でお金をかけて作成した番組が視聴率1%(=約100万人の視聴者)であるならば、ユーチューバーが1人で100万再生した方が明らかに費用対効果が高くなります。

カテゴリ: 
タグ: 

地方でシェアハウスが成功しない理由は、設定されてる家賃が相場より高すぎるから

  • 25 December 2017
  • のぶやん

長野で2018年1月にシェアハウスがオープンする(柏屋旅館リンク)という情報をツィッターで見かけました。地方再生の鍵として、主に20代~30代前半が地方に移住する手段としては、シェアハウスの選択は面白いと思います。でも、ウェブサイトを見ると家賃が高く設定されすぎていてびっくりしました。長野県佐久市という立地だと、いくら駅に近いとは言っても、家賃設定を低くしないと入居者は集まらないでしょう。

家賃が高いので部屋が埋まらない

この旅館に自分がいくらだったら移住しますか?と問われたら、住居費25万円、共益費0.5万円=合計3万円だったら移住を検討すると思います。5万円も出すのであれば、都心部にも比較的近い神奈川の大規模なシェアハウスに住めますし、6万円以上を出せば、都心部にも選ぶことができます。フルリフォームでよほど魅力的にでもしない限りは、長野県の立地で月5万円も出すのは難しいでしょう。

カテゴリ: 

テレビの芸能人がマジつまらない!ユーチューバーが人気になる理由は、個性で立ち位置の明確化

  • 24 December 2017
  • のぶやん

HIKAKINやはじめしゃちょーなど成功したユーチューバー見て、プロのユーチューバーを始める人は今でも多いですが、全く稼げていない人がほとんどです。ほとんどのユーチューバーがHIKAKINやはじめしゃちょーの真似事になってしまって、自分のキャラクターが確立されておらず、動画を見てもつまらなく思えてしまうからでしょう。売れているユーチューバーの多くは、キャラクターが際立っています。

自分の立ち位置を明確化する

凄く美人なのに変顔したりするのをインスタグラムにアップロードしたりしている人がいます。世界のトップモデルであるカーラ・デルヴィーニュを真似しているのか、『素の自分』を知って欲しいと思うのか、同機はいろいろありそうですが、少なくともキャラクターが別人になるその姿にドン引きしている人が多いのも事実です。

カーラ・デルヴィーニュが変顔をしても受け入れられるのは、それだけブランド力があるからで、普通の女性が変顔などをインスタグラムで公開しても、注目されるどころか『キャラが違う』と下手をすればキモいと思われる可能性すらあります。インスタグラムの自分のイメージを大事にしないと、自分のイメージを損なって仕事に影響する可能性もあります。

考える行為を集中して行う事のストレスとは?仕事のパフォーマンスを上げる方法

  • 18 December 2017
  • のぶやん

人間が勝負して考えている時には、間違いなくストレスがかかっているでしょう。例えば、将棋の棋士が勝負をする時には、事前準備をして集中して挑みます。裁判官が裁判を行うときにも集中して挑まなくてはいけません。『徹子の部屋』で語り手のお話を聞く黒柳徹子さんは、集中できる状態で挑む為に良く寝て挑むことにしていると言っています。

2017年11月から施行された「外国人技能実習制度」は、介護などを含む様々な業種において、外国人労働者の受け入れ態勢を整備した法律です。日本で単純労働者が大幅に不足して、単純労働の価格が高騰するのを防ぐ為に労働者の受け入れを進めています。単純作業を外国人の労働者に任せるならば、日本人はもっと高度な作業をする必要に迫られます。現実的には、教育などが追い付いておらず、単に日本人の低所得者相と外国人単純作業者が競合してしまうだけになる可能性も指摘されています。

集中する事が報酬に結びつかない

最近の日本では、仕事に集中する事が報酬に結びつかない事も増えています。例えば、コンビニのアルバイトが集中しても、集中しなくても貰える報酬は同じです。会社のホワイトカラーなども、コンピューターによる効率化が進んで誰でもできる作業になってきています。

時代の変化で知識なき上層部が形成される状況!有望な若者が自殺

  • 12 December 2017
  • のぶやん

通常の会社組織であれば、知識がない人が上層部にいるといけないので、『会長』という地位を用意して時代遅れになった経営者を社長から退任させて、社長が実質的な経営権を持ちます。また、執行役員などのシステムを作って、能力がある人材を実際の業務を当たらせる事になります。

出来が悪いのに給料が高い

日本の学生は、少子高齢化で団塊の世代が引退したので、大学生は誰でも就職できるような状況です。日本人の大卒人材で大学の時に努力したような『使える人材』というのは少数であり、就職してから使える人材なのに下っ端と言う事も多いです。一方で、使えもしない中高年が高給を得ているという現実もあります。

中国人は、人材が豊富であり、毎年600万人の卒業生がいて、日本の10倍の若手の人材が社会人となります。就業者の数が多いので、非常に激しい競争の中で優秀な学生も多くて、中国の科学技術を支える原動力となっています。実際、中国は海外から技術吸収を行うだけではなくて、独自技術も開発する余力が出てきています。

中国がやっている事の多くは外資系からの技術導入である訳ですが、それを行ってもさらに開発者を雇いいれる余力があるので、開発者をドンドン雇い入れて独自の研究も発展させています。

カテゴリ: 

Pages

経営管理論は、組織・団体(主に企業)の管理についての実践的な技法(経営管理)の確立を目指す学問であり、経営学を構成する分野の一つ。 20世紀初頭、科学的管理法を提唱し、「経営学の父」と呼ばれたフレデリック・テイラーがその始まりとされており、また「管理原則(管理過程論)の父」と呼ばれたアンリ・ファヨールによる研究により、学問として成立。その後、主にアメリカで研究が発展した。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら (新潮文庫)

関連記事