テイカー


アドセンス広告
言語: 

組織を崩壊させるテイカーの特徴とは?

  • 2 March 2022
  • のぶやん

テイカーを見抜く最も良い方法は、「組織のために動いてくれているかどうか」です。口ばかりではなくて、何か行動しているかどうか?ということになります。

テイカーはギバーに近づく

テイカーは、ギバーに近づいて、その成果・果実をとろうとしてきます。テイカーは、ギバーの自己犠牲を求めて、その犠牲を自分のものにしようとします。対策としては、テイカーの前でギバーをやめるということが大切になります。そうすれば、テイカーはギバーに近づいても何も得られないということになります。

ギバーであり続けると、自分の疲弊を招くことになるので、きちんと人を選んでギバーになる必要があるということです。

他人の手柄を横取りしようとする

他の誰かが作業を統べてやって、自分は何もしていないのに、あたかも自分が全てやったかのように周囲に言って回るというのは、テイカーの典型的な特徴であると言えるでしょう。このような人は、絶対に信用してはいけない人になります。

メンドクサイ仕事を押し付けてくる

細かい作業であったり、メンドクサイ仕事を全て押し付けておいて、自分は楽しい所だけ欲しいというタイプの人間です。面倒な仕事、忙しい仕事を押し付けてくる人は、テイカーであると言えるでしょう。

自分の興味ある話しか聞かない

自分が興味ある話しか聞かないような人は、相手に対して全く興味がありません。興味、関心が向いているのが自分自身で、自己中心的なのです。そういう人に合わせていると、ギバーが養分として全て吸い取られてしまいます。吸血鬼のような存在です。

テイカーは嫌われる

大人と大人の関係では、テイカーはどんどん嫌われていくことになります。誰からも好かれずに距離を取られていき、孤立していくことになります。自分の利益だけを考えて、人を動かそうとする人を好く人はいません。そんな振る舞いをしても、自分のところに集まってくる人は誰もいないでしょう。

隠れテイカーの存在

自分がギバーのように振る舞い、装いをしておきながら、それは表面の姿であり、テイカーとして待ち構えている時があります。隠れテイカーは、こちらのことをお構いなしに、自分の要求ばかりを押し付けてくる人です。簡単に言ってしまえば、こちらを利用しようとするばかりで、こちらのメリットをまるで考えてくれない人ということになります。

自分は相手のことを考えていないからこそ、「自分は相手を助ける存在だ」と思い込んでいます。このような人は厄介ですので、距離をおいた方が良いでしょう。相手が全く喜んでもいないことを、相手のためにしてやった気になっている押し付けがましい人ということになります。

自分自身がテイカーにならないこと

最も大切な事は、自分自身がテイカーにならないことです。テイカーは、長期的に見るとほとんど損をしてしまいます。友達もテイカーだらけになって、本当に良いことは何もありません。ギバーの人を友達に持ちたいのであれば、自分がギバーであり続けるということです。徳のある人間の所に、徳のある人が集まるということなのです。

GIVE&TAKE 与える人こそ成功する時代

ギブ&テイクを理解して人間関係を円滑にしよう!

  • 28 February 2022
  • のぶやん

テイカーと一緒にいると、損をした気分にさせられてしまいます。例えば、「自分が暇だから、今すぐいくよ」という行動は、自分勝手な行動であると言えるでしょう。

テイカーに時間を使ってはいけない

テイカーにお金・時間を使うことは、全く人間関係の投資になりません。テイカーは、こちらが困った時には、全く助けてくれないからです。テイカーは、「相手から搾取しよう」と考えているだけで、全く与えることを考えていません。そのため、テイカーといると「常に損をした気分」になってしまうのです。

テイカーでいると人間関係が悪化する

テイカーは、周囲の人がどんどん離れていくので、人間関係が悪化していくことになります。自分だけを優先する人と、誰も友達でいたいと思わないからです。相手に損をさせてしまった場合には、相手から「もう二度とこの人と関わりたくない」と思われてしまうようになります。

二度とこの人と関わりたくないと思われたら、それこそ人間関係はもはや修復するのが難しいと言えるでしょう。修復できなくなった人間関係を戻すのは難しいことです。

社会人としての自覚

社会人は、テイカーだけでやっていくのは難しくなります。20代前半は、テイカーでも「仕方ないか」と思ってくれる人もいるかもしれませんが、30代でテイカーでいつづけると、誰からも相手にされなくなってしまいます。仕事、プライベートを充実させていくためには、ギバーになっていく必要があるということです。

ギバーであると得をする

ギバーは、相手に損をさせたと思われないので、「また会いたい」と思われます。少なくとも、「この人と会いたくない」とは思われません。

GIVE&TAKE 与える人こそ成功する時代

自己犠牲を伴わないギバーは成功しやすい!

  • 28 February 2022
  • のぶやん

成功者は、ギバーであり、かつ自己犠牲を伴わない人です。自分の利益を考えず、他人に与え続けていたら、それは自己疲弊に繋がります。それどころか、組織が搾取されるようであれば、崩壊してしまうことになるでしょう。

要求ばかり多いにも関わらず、何も会社のことを考えず、貢献しない社員もテイカーと言えるでしょう。経営者は、そうした社員を放置せず、適切な対処をしなくてはいけません。組織は、ギバーが会社に残れるように、ギバーにとって有利な仕組みづくりを構築する必要があります。

最初にギバーであり続ける

成功するためには、ギバーにならないといけないので、最初に与え続けることが必要になります。見返りもないのに与え続けるのは、簡単なことではありません。何か自分が他人にできることはないかと探すことが大切になります。

ギバーは組織を良くする

強力なギバーがいると、周囲の人が影響を受けてギバーになっていきます。それが組織をどんどん強いものにしていくのです。だから、組織はギバーを増やしていく必要があります。

自己犠牲を伴わない親切

簡単に言ってしまえば、自分が空いた時間で親切にしたり、自分と相手との時間を楽しむということです。友人を接待する時に、自分もニコニコ楽しむ事ができれば、自分のためにもなるかもしれません。

テイカーでは成功が限定される

周囲から搾取されるテイカーは、成功も限定的になってしまいます。圧倒的に与えるギバーこそが成功の条件になっていきます。

テイカーを見抜いて距離を置く

テイカーは、自分から何かをしようという気持ちがありません。人のものを吸い取っていくという意味でテイカーとなります。参加しない人、発言しない人は、テイカーとなります。イベントに参加して、全く場を盛り上げる気がない人もテイカーです。

 

カテゴリ: 

アドセンス広告

関連記事