アドセンス広告

2012年からアベノミクスと称する『大企業の優遇政策』によって、企業利益・役員報酬は確かに増加しました。その一方で、労働者の賃金が全く増えておらず、

労働者ほど損する政策

日本政府は、2012年から株で食える金持ちほど得をして、労働者ほど損する政策を行ってきました。企業業績が良くなっているにも関わらず、日本人労働者の質はむしろ落ちて、日本人労働者は『

続きを読む

日本は、アメリカほど国土が広くないので、北海道でもない限り「車がないと生活が困難」という事は起きません。確かに車がないと「生活が不自由」という事はありますが、生活が困難というほどではないのです。

続きを読む
自動車 自家用車

日本の人口が大幅に減少する中において、日本の移民受け入れは、国際的な流れから考えても仕方ない事だと思います。。日本の雇用を奪うのか?と言えば、確かに海外の労働者の方が優秀で良く働くのだから、日本の雇用は奪われる方向にあるかもしれません。特に日本における中高年が行うべき単純労働の雇用環境というのは、外国人の若者労働者に奪われる可能性があるでしょう。

続きを読む
外国人労働者 東京駅

最も近寄らない方が良い人と言うのは、自分の周囲を攻撃してくる人です。周囲に対して攻撃的な人には、誰も近寄りたいと思わなくなり、ますます孤立する傾向があります。

自分の周囲に対しては、多少の欠点があったとしても、それを不満に言わないことが大切になります。

続きを読む
攻撃的な人 人間関係

普通にサラリーマンをしているだけでは、昇給・昇格が難しくなり、45歳をすぎるとリストラの対象になることも増えてきています。

富士通では、また大規模リストラが行われるようで、2019年4月に45歳以上の早期退職の募集を全部門に拡大して行っています。企業寿命がますます短いものになってきているので、今の大手と言っても将来的に安定かどうかは分からない状況になってきています。

続きを読む
サラリーマン 貧困化

アドセンス広告

関連記事