ギブ&テイクを理解して人間関係を円滑にしよう!


アドセンス広告


アマゾンが超セール中!!
  • 28 February 2022
  • のぶやん

テイカーと一緒にいると、損をした気分にさせられてしまいます。例えば、「自分が暇だから、今すぐいくよ」という行動は、自分勝手な行動であると言えるでしょう。

テイカーに時間を使ってはいけない

テイカーにお金・時間を使うことは、全く人間関係の投資になりません。テイカーは、こちらが困った時には、全く助けてくれないからです。テイカーは、「相手から搾取しよう」と考えているだけで、全く与えることを考えていません。そのため、テイカーといると「常に損をした気分」になってしまうのです。

テイカーでいると人間関係が悪化する

テイカーは、周囲の人がどんどん離れていくので、人間関係が悪化していくことになります。自分だけを優先する人と、誰も友達でいたいと思わないからです。相手に損をさせてしまった場合には、相手から「もう二度とこの人と関わりたくない」と思われてしまうようになります。

二度とこの人と関わりたくないと思われたら、それこそ人間関係はもはや修復するのが難しいと言えるでしょう。修復できなくなった人間関係を戻すのは難しいことです。

社会人としての自覚

社会人は、テイカーだけでやっていくのは難しくなります。20代前半は、テイカーでも「仕方ないか」と思ってくれる人もいるかもしれませんが、30代でテイカーでいつづけると、誰からも相手にされなくなってしまいます。仕事、プライベートを充実させていくためには、ギバーになっていく必要があるということです。

ギバーであると得をする

ギバーは、相手に損をさせたと思われないので、「また会いたい」と思われます。少なくとも、「この人と会いたくない」とは思われません。

GIVE&TAKE 与える人こそ成功する時代

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

アドセンス広告

関連記事