ホテル


アドセンス広告

新宿区役所前カプセルホテル

  • 24 May 2022
  • のぶやん
新宿区役所前カプセルホテル
新宿区役所前カプセルホテル
新宿区役所前カプセルホテル
新宿区役所前カプセルホテル
新宿区役所前カプセルホテル
新宿区役所前カプセルホテル
新宿区役所前カプセルホテル

新宿区役所前に位置しており、価格は1800円~2500円ぐらいです。共有スペースが確保されていて、寝るだけなら十分です。連泊の場合にも、昼は外出しなくてはいけないという決まりがありますので注意が必要です。

新宿で困った時に使える「新宿区役所前カプセルホテル」レビュー

  • 22 January 2022
  • のぶやん

新宿区役所前には、カプセルホテルがあります。

ここは連泊したとしても、チェックアウト時間10時になると、いちどチェックアウトする必要ああります。昼のチェックアウトの煩わしさなどを考えると、連泊ならビジネスホテルに宿泊した方が良い気もします。外国人の友達を接待するのに「宿泊体験」したり、深夜に終電を逃した時に利用したりするのは良い選択のような気がします。

コロナ下で空いている

コロナ下ということもあって、かなり空いている印象をうけました。

片山津温泉郷の加賀観光ホテルが無期限休業でどうなる?

  • 17 January 2022
  • のぶやん

2020年8月頃からコロナの大打撃を受けた片山津温泉では、加賀観光ホテルが無期限休業に入っています。加賀観光ホテルは、中国人・韓国人などの外国人インバウンド団体客で復活の兆しを見せていましたが、それがコロナの打撃を受けたことで、予約が大幅に激減して休業まで追い込まれました。

供給過剰で国内客で回せない事情

少子高齢化によって、年配の方が旅行に行かなくなり団体客が激減、若い個人客は金がなくて旅行になかなかいけません。行けたとしても、草津温泉など、首都圏から近いところが有利です。北陸の富山、金沢、福井だけでは、温泉郷を支えるほどの人口がおらず、観光客を遠くから呼んでこないといけないのです。

世界において一部の富裕層が潤う中で、若年層ほど奴隷のように働いて温泉旅行に行くお金も工面できない状況なのです。この状況を変えないと、いくら外国人観光客を呼んでも、日本文化の温泉郷を維持していくことはできないでしょう。

加賀温泉卿の供給過剰

加賀温泉卿は、片津山、粟津、山代、山中と温泉街が4つもあります。その4つの温泉街で客を奪い合っているのです。

片山津温泉の相次ぐ経営破たん

片山津温泉では、経営破たんが相次いでいます。2020年11月には、2020年9月に従業員30人を解雇して休業していました加賀八汐(かがやしお)が総額2億円の負債を抱えて経営破たん。ホテル北陸古賀乃井刃、020年8月に山代温泉の「ホテル大のや」の正社員8名を含む全従業員を解雇した上で長期休館に入りました。

何が悪くてこうなったのか?

片山津温泉郷は、全国的な温泉として有名ではありません。もともと「団体客に依存したビジネスモデル」は限界がありましたが、個人客を呼び込むような知名度もなければ、名所も持っていなかったのです。

新しい客層に対するアプローチ不足

日本人は、少子高齢化が加速して、独身者が増えているにも関わらず、温泉旅館は個人客として「ファミリー層」ばかり奪い合いをしています。少ない団体客が来ないからと、少ないファミリー層を奪い合っても、価格と満足殿比較で、大江戸温泉物語、湯快リゾートに勝てるはずがありません。自分たちで新しい客層を開拓できなければ、温泉旅館は生き残れません。

カテゴリ: 

人材確保が難しいホテル業界!ネパール人採用が加速

  • 6 April 2021
  • のぶやん
人材確保が難しいホテル業界

ホテル業界においては、「人材の使い捨て」が当たり前のように行われていて、

このような乱暴な人材の使い捨てによって、会員制ホテルで未経験のアルバイトがホール担当になったりして、接客レベルが非常に低いので客からのクレームにも繋がったりしています。それでも、もはや即日採用のアルバイト従業員なしでは回らないようなホテルも多いのです。

中抜けシフトを嫌がる人が多い

多くの人が「中抜けシフト」というシフトを嫌って、ホテル業界に就業しようとしません。ホテルの飲食部門などでは、中抜け、食事の時間のずれなどが普通に行われていて、人間らしい働き方ができないような状況に鳴っています。そのような状況で長く働き続けることができるのは、「他に転職するあてがない人」ということになります。他に転職するあてがあれば、そんな条件が悪いところで働かないでしょう。

星野リゾートが導入する通し勤務

そこで、星野リゾートは、マルチタスク制を導入して、通し勤務ができるようにしています。社員の離職率を下げるためには、もしくはバイトの満足度を高めるためには、通し勤務というのは大変に重要になります。食事の時間もきちんと交代制で確保する必要があります。

華がないので人が集まらない

ラーメン店に人が集まらないにも関わらず、スタバであれば人材採用が容易にできます。そこは、やはりブランド力の差だったり、仕事のないように対するイメージが大きいです。

増加する外国人労働者

厳しい仕事においては、「日本人の採用が出来ない状況」なので、ネパール人を採用するホテルが増えています。外国人労働者は、厳しい仕事でもなかなか辞めることができないからです。

ビジネスホテルに全く不必要なものは?テレビ・新聞

  • 4 April 2021
  • のぶやん

テレビは設置しなくてもいい

ビジネスホテルに宿泊したとき、ほぼ100%テレビが設置されていますが、テレビ見ることがないので無い方がいいです。あんな箱物は、置いてるだけで部屋のスペースが狭くなるし、NHKの受信料金がホテルの代金に反映されるとなれば、もういらないです。

何でビジネスホテルで、どの部屋にもテレビが設置されているか謎でしかありません。私はテレビを1分も見ないのにも関わらず、テレビが設置されていて邪魔なだけなんですね。他のところにサービスのコストをかけて欲しいものです。

新聞は全く必要ない

新聞サービスをしているホテルもありますが、新聞は情報源にはならないので、全くいらないものです。新聞などを読んで楽しそうに話ができるのは、ほとんど60歳以上の高齢者になるので、私たちに新聞を差し入れてくれたところで、そのまま10秒ぐらい眺めてゴミ箱に行くだけです。資源の無駄でしかありません。

コロナ下で低迷するホテル需要。大阪のビジネスホテル2500円の衝撃

  • 4 April 2021
  • のぶやん
コロナ下で低迷するホテル需要。

コロナ下で特に厳しいとされているのが、都会にあるホテルです。

大阪のビジネスホテル2500円

大阪のビジネスホテルは、GOTOがないにも関わらず、2500円ほどで販売されています。ビジネスホテルよりも広さが確保できるビジネスホテルでさえ、3500円ほどで販売されています。とにかく目に見えて観光の需要が低迷している状況です。

ビジネスホテルは、2500円でいくら部屋を販売しても利益になりませんが、従業員を食わせていくのに現金を手に入れないといけないので、「利益が出なくても何とかやっている」という状況です。

インバウンド低迷はいつまで続くか?

インバウンドの低迷がいつまで続くのか?というのも、ホテル業界にとって大きな関心ごとになっています。2019年までのように、多くの海外旅行観光客が戻ってくるには、まだ時間がかかるかもしれません。

ホテル業界で「役に立たないとされた社員」が行う業務とは?システム化できる単純作業

  • 18 January 2020
  • のぶやん

ホテル業界においては、役に立たないと会社から勝手に烙印を押された社員が行く先は3つあります。

役に立たないというのは、例えば「インバウンドのお客様が急増しているのに英語が話せない」という社員(日本ではインバウンド客が多いにも関わらず、総支配人が英語を話せないことすらある)であったり、幹部で高給取りであるのに給与に見合った働きをしていないので首になるケースなどがあります。会社としては、高給取り1人を雇うぐらいならば、能力地が高い派遣さんでも雇った方が会社に有益であると考えてしまうのです。

外国人が日本にどんどん流入してくるような状況において、ホテル業界で英語が話せない古い社員は「必要のない社員」としての烙印を押されるにいたっています。英語を話せることは当たり前のことであり、英語のほかに中国語などが話せる必要があります。

職場の求める能力に達していない

ホテル業界で英語が求められる職場であるにも関わらず、英語を全く理解することができないような社員は、ホテルで働いているのは迷惑ということになります。また、フロント業務などで頻繁にミスを繰り返す場合にも、フロントの単純作業に不向きということで、職場で使えない人材の烙印を押されることになります。

ホテル業界などでは、「客からの評判がよい状況」が重要になります。顧客からのクレームが多ければ、会社として本人の処遇を考えなければいけない状況になります。

解雇規定に接触しない

解雇する規定と言うのは、主に「上司の言うことに従わないことが多い」ということ(上司への意図的な反抗・反発)であったり、遅刻・欠勤が多いなどの勤務態度を問題にされることがあります。こうした規定に接触すると、解雇対象にもされかねないので、特に注意が必要です。

会社が従業員を解雇するのは、容易なことではありません。処遇を悪くして「自主的に退職して貰うように仕向ける」というのは、今でも頻繁に行われていることです。

役に立たない烙印を押された社員の行く末

1、全く関係ない部署の「応援」で単純業務
2、深夜の勤務ばかりの割り当てになる
3、今まで経験したことない部署に移動

役に立たないと烙印を押されるのは、50代の社員が多いという特徴があります。ホテル業界において、50代社員にもなると幹部として給料が高くなりますが、それに見合った働きができていないとなると首の対象になります。ただ、リストラすることは簡単ではないので、誰もやりたくない厳しい業務を押し付けることになります。

1、全く関係ない部署の応援

レストランのホールであったり、荷物運びのクローク業務など、普通はアルバイトがやるような部署を担当させられることになります。簡単に言えば、「もう、あなたにできる仕事は、アルバイトと同じものです」ということで、辞めてくれという合図です。

業務支援という言い訳の中で、アルバイトがする「単調業務」を行わされます。アルバイトは容易に辞める事ができますが、正社員であれば辞めることができずにしがみつくことになるので、周囲の大学生に囲まれながら「レストランの配膳係」をやる中高年の姿があります。様々な業務を経験するといういいわけの下で、誰でもできる単純作業を行わせるのです。

2、深夜の勤務ばかり割り当て

深夜勤務という誰もやりたがらない業務ばかり割り当てられるということは、日中に必要ないと言われているようなもので、将来を期待されていないということです。「いつ辞めてくれてもいいから、使い捨てにされている」と考えても良い状態であると言えるでしょう。

例えば、ホテルで夜勤ばかりの割り当てになってしまう社員というのは、「大事にされていない社員」と判断することもできます。優秀な社員に夜勤ばかりをやらせる会社というのは、ほとんどないと考えて良いでしょう。最近では、社員の負担が非常に大きいナイト業務は、アルバイトなどにやらせる事例も増えてきています。アルバイトなどにやらせることで、社員の離職率を減らす狙いがあります。

3、今まで経験したことない部署に移動

今までずっと行ってきていた部署と全く関係のない部署に移動が発令されるということは、簡単に言えば「今すぐにでも辞めてくれてもいい」と言われているようなものでしょう。辞めて欲しいけど、なかなか辞めてくれない社員に対して、会社が全く畑違いの場所で単純労働をやらせることがよくあります。

短銃作業のシステム化

単純作業をシステム化することで、アルバイトなどの数を極限まで減らして、高度人材を雇い入れることができるようになります。例えば、コンビニがシステム化されることで、1人~2人の店員だけで店舗の運営ができるようになっています。

雇い入れなければいけないのは、特定分野で活躍できる人材であり、そのような人材を企業が企業の内部に居ることは、企業の競争力に繋がります。それは、単なる安売りからの脱却を意味しています。ユニークであるということは、企業が客にお金を払って貰う上で非常に大切になる要素になります。

 

カテゴリ: 

ヒルトンHオナーズVISAゴールドカードは、日本人が持っても使いこなせない?

  • 8 January 2019
  • のぶやん
ヒルトンHオナーズVISAゴールドカードは、日本人が持っても使いこなせない?

ヒルトンHオナーズVISAゴールドカードの入会を検討したのですが、日本国内のヒルトンは、使えるホテルが少ないですね。日本国内のヒルトンは、ブランド名で価格を釣り上げているような状況が見てとれて、他のホテルよりも「割高」に感じてしまいます。確かにヒルトンという統一されたブランドのサービス提供は受けられるのですが、いずれのホテルも他のホテルよりもやや割高に感じます。

国内で使いづらいカードとなると、必然的に海外に頻繁に行く人向けという事になります。しかも、米国・イギリスの出張が多い人向けという事になるでしょう。旅行で年に1,2回行くぐらいであれば、年会費がかかるカードをわざわざ保有している必要もないでしょう。

ヒルトンHオナーズVISAゴールドカードは、日本人が持っても使いこなせない?

・年会費14000円
・朝食無料
・無料のアップグレード

日本で使いづらいヒルトンホテル

日本では、ホテルの数が少なすぎるのかもしれません。アメリカであったり、イギリスなどでは、ヒルトンホテルが本当に沢山あって、ロンドン市内には、場所、価格も様々なヒルトンホテルがあるので、ロンドンに良く行くようなイギリス人なら迷わずヒルトンホテルのクレジットカードを保有することでしょう。

日本の東京には、ヒルトン東京(新宿)、ヒルトンお台場、ヒルトン東京ベイ(千葉)と、使いづらいものばかりです。新宿にあるヒルトン東京も、大型の良いホテルなんでしょうけど、1963年に開業したホテルは、かなり老朽化したホテルのイメージがあり、それほど積極的に利用したいという気になりません。

海外出張でヒルトン宿泊を狙う人向け

ヒルトンのカードは、年に1,2回ほど海外に行くぐらいでは、加入するメリットはそれほど高くありません。年会費が14000円と高いので、連泊しないと回収できないからです。ヒルトンホテルに縛られたくないということであれば、このクレジットカードは保有しない方が良いでしょう。

年に何度も出張する人で、同じ系列のホテルを利用する事にメリットがある人であれば、ヒルトンのクレジットカード申し込みする方が良さそうです。

カテゴリ: 

Pages


アドセンス広告

関連記事