ホテル


アドセンス広告

ヒルトンHオナーズVISAゴールドカードは、日本人が持っても使いこなせない?

  • 8 January 2019
  • のぶやん

ヒルトンHオナーズVISAゴールドカードの入会を検討したのですが、日本国内のヒルトンは、使えるホテルが少ないですね。日本国内のヒルトンは、ブランド名で価格を釣り上げているような状況が見てとれて、他のホテルよりも「割高」に感じてしまいます。確かにヒルトンという統一されたブランドのサービス提供は受けられるのですが、いずれのホテルも他のホテルよりもやや割高に感じます。

国内で使いづらいカードとなると、必然的に海外に頻繁に行く人向けという事になります。しかも、米国・イギリスの出張が多い人向けという事になるでしょう。旅行で年に1,2回行くぐらいであれば、年会費がかかるカードをわざわざ保有している必要もないでしょう。

ヒルトンHオナーズVISAゴールドカードは、日本人が持っても使いこなせない?

・年会費14000円
・朝食無料
・無料のアップグレード

日本で使いづらいヒルトンホテル

日本では、ホテルの数が少なすぎるのかもしれません。アメリカであったり、イギリスなどでは、ヒルトンホテルが本当に沢山あって、ロンドン市内には、場所、価格も様々なヒルトンホテルがあるので、ロンドンに良く行くようなイギリス人なら迷わずヒルトンホテルのクレジットカードを保有することでしょう。

日本の東京には、ヒルトン東京(新宿)、ヒルトンお台場、ヒルトン東京ベイ(千葉)と、使いづらいものばかりです。新宿にあるヒルトン東京も、大型の良いホテルなんでしょうけど、1963年に開業したホテルは、かなり老朽化したホテルのイメージがあり、それほど積極的に利用したいという気になりません。

海外出張でヒルトン宿泊を狙う人向け

ヒルトンのカードは、年に1,2回ほど海外に行くぐらいでは、加入するメリットはそれほど高くありません。年会費が14000円と高いので、連泊しないと回収できないからです。ヒルトンホテルに縛られたくないということであれば、このクレジットカードは保有しない方が良いでしょう。

年に何度も出張する人で、同じ系列のホテルを利用する事にメリットがある人であれば、ヒルトンのクレジットカード申し込みする方が良さそうです。

カテゴリ: 

ヒルトンHオナーズVISAゴールドカードに入会すべき?年会費14000円の壁

  • 3 January 2019
  • のぶやん

ヒルトンは、その名前が世界中に知れ渡っている非常に有名な高級ホテルのグループです。高級ホテルを中心に運用していますが、ダブルツリーのように中価格帯のホテルも運用しているので、庶民でも手が届く範囲の価格のホテルは沢山あります。特に発展途上国のホテルは、わりと安めに設定されています。

ヒルトングループのホテルは、世界中にあって、特にアメリカに沢山あります。世界のどこに行ってもある便利さがあり、世界中を旅行する人であれば、ヒルトンホテルを頻繁に使うのも良い選択肢と言えるでしょう。

ヒルトンHオナーズVISAゴールドカード

ホテルのアップグレード・朝食無料

ヒルトンHオナーズVISAゴールドカードの特典は、朝食無料・部屋のアップグレードです。旅行で連泊するような場合には、朝食無料・部屋のアップグレードは、非常に大きな効果を発揮します。ただし、ヒルトンHオナーズVISAゴールドカードの通常年会費は13,950円(税込)です。ヒルトンを利用しなければ、会費がそのまま損になってしまいます。

頻繁に海外に出張に行ってヒルトンに宿泊するような人は、絶対に保有しておきたいカードです。その一方で、たまにしか旅行に行かない人だと、保有するメリットは少ない気もします。ファミリーで利用すると、全員分の朝食が無料になるというのは、それなりにメリットがあることのように感じます。

ヒルトン系のホテルで高級であればあるほど、朝食の価格も高くなる傾向があるので、日頃からヒルトンの上位のホテルに宿泊する人の場合には、朝食を無料にしたり、アップグレードするメリットがさらに大きくなります。

楽天のクレジットカードと比較

楽天プレミアムカードは、年会費10800円(税込)で、空港ラウンジが無料で使える『プライオリティ・パス』と海外旅行で医療が無料で受けられる現地の無償医療保険が付帯されています。この2つは非常に大きくて、年に1回でもプライオリティ・パスを使えば元が取れますし、何より無料の医療保険が付いているのは、海外で万一の時に絶対に助かります。

簡単に言ってしまえば、楽天プレミアムカードは、年1回でも海外旅行に行く人であれば、持っておく価値があるということです。年に1回も海外旅行に行かない人であれば、別に持つ価値がほとんどないカードです。海外旅行に行く人だけが持っていれば十分というカードで、海外旅行に行く人に人気のカードになっています。希望すれば、キャッシング機能も付ける事ができて現地通貨で引き出す事もできます。

カテゴリ: 

高級ホテルに宿泊したり、ビジネスクラスに乗って海外旅行に行くべき理由は?自分を少しずつ高める練習を行う

  • 29 December 2018
  • のぶやん

1人旅では、ホテルなんてどこでもいいと思っていましたが、少し高級なホテルに宿泊すると旅行の気分が全く違ったものになりますね。あまりケチケチしすぎると、激狭の部屋になって、朝食付きでもパンとコーヒーだけが普通です。少し高級ホテルにするだけで、良い部屋に宿泊できて、朝食の質がかなり良くなります。

高級ホテルに宿泊して、「こんな感じのところに常に泊まれるように頑張ろう」と思って自分を奮い立たせる効果があるならば、それは自分を向上させる動機になっていいなと思いました。

高級ホテルに宿泊したり、ビジネスクラスに乗って海外旅行に行くべき理由

高級ホテルで自分を高める

自分に少し高いかな?と思うぐらいの高級ホテルに宿泊する事で、自分の理想像のイメージを広げることができるようになります。毎日のように高級ホテルに宿泊できるような自分をイメージすることで、自分がさらに仕事のできるビジネスマンになる事ができるでしょう。

超高級ホテルに宿泊しなくても、日本では1万円を超える価格で「やや高級ホテル」に宿泊できて、部屋もそれなりに広くて、朝食も良いものが提供される事が多いです。ビジネスホテルをやめて、やや高級感のあるシティホテルに宿泊する事を習慣づける事ができれば、自分のポジションもそれに従って少しずつ向上できるかもしれません。

アジアのビジネスクラスなら手が届く?

アジアのビジネスクラス航空券であれば、10万円以下で購入する事が可能になっています。カップルで旅行に行くのであれば、アジアでビジネスクラスを使った旅行にして、高級ホテルに宿泊するというのは、十分に有る選択肢だと思っています。

ビジネスクラスに搭乗する事がイメージできるようになると、自分がそのクラスに常に乗れるように頑張ろうという気持ちになりますね。今は、高いクラスに常に乗るのが難しくても、将来的にビジネスクラスに常に乗れるように頑張ろうとする事は、大切であると思います。

カテゴリ: 

本命であれば、男性側が『それなりのシティホテル』を用意する?

  • 21 December 2018
  • のぶやん

男性が本命であれば、女性と一緒に宿泊する時に「それなりのシティホテル」を用意するらしいです。確かに、男性側の意見からすると、それはあるかもしれませんね。ラブホテルを1回ぐらい試してみようという人がいるかもしれませんけど、本命とラブホテルというのは、あまりないかもしれませんね。遊びだったらラブホテルを積極的に選ぶ気もします。

手が早い・遅いは、男性の性格によるので、あまりあてになりません。じっくり遅く手出しをしても遊びの場合もあるし、逆に早く手出しをしても本命の場合もあります。

本命であれば、男性側が『それなりのシティホテル』を用意する?

少し贅沢できるシティホテル

旅行で連泊するときには、さすがに超高級ホテルは財布に厳しいので、それなりに贅沢できる程度のホテルを選ぶことになるかもしれません。具体的には、普通のサラリーマンの人であれば、1泊1万5千円~2万円ぐらいが本命彼女に使う予算となるでしょう。頑張る男性であれば、1泊2万円以上も使うかもしれませんが、連泊となると身の丈を超えている場合もあります。

付き合ってないけどお泊りデートに誘われて、頑張って高級ホテル連泊してるようならば、本命の可能性もあります。さらに遊びの内容も徹底して考えてくれているようであれば、かなり本命の確率が高くなるので、連泊中にでも『付き合ってるんだよね?』と確認すればいいでしょう。

思い出作りを頑張る

女性のことをどれだけ考えて思い出作りをしようかとしている所をみると、本命かどうかが分かります。遊びの女性であれば、出来る限りお金を節約したいと思うはずです。本命に対してもお金をケチケチしている男性は確かに存在しますけど、そういう男性は本命以外の女性に対しては、さらにケチケチしています。

自分が本命彼女かどうかを判断するのは、お金であったり、手間、暇、時間などをどれぐらいかけてくれたかです。お金を出してなくても、手間隙を凄いかけてくれているようであれば、やはり本命の可能性は高いといえます。

海外旅行のホテル予約は、『キャンセル不可』を利用するべき?ホテル予約のトラブル

  • 4 December 2018
  • のぶやん

海外旅行のホテル予約では、『前日までキャンセル無料』になっている場合と、『キャンセル不可』になっている場合があります。キャンセル不可の場合には、インターネット上で予約の時点で支払いが行われるので、『前払いのキャンセル不可』なので利用者にとって不利な契約となっています。その代わりに『キャンセル不可』では、その分だけ最安値料金が提示される事が多くなっています。

キャンセル不可の契約はいいけれど、1ヵ月ぐらい前までは、普通にキャンセルできるようにしてほしいですね。このために通常はキャンセル可能を予約しておいて、3週間ぐらい前に日程が固まった後でキャンセル不可に書き換える作業を行う人が多いようです。

海外旅行のホテル予約は、『キャンセル不可』を利用するべき?ホテル予約のトラブル

先にキャンセル無料を予約しておく

旅行の計画を立てた時点では、とりあえず人気ホテルで価格がそこそこのホテルで『キャンセル無料』を予約しておく人が多いです。そこから宿探しを始めて、後日にもっと安くて良い宿を見つけたら、以前に予約した『キャンセル無料』の宿泊をキャンセルして、新しく見つけた宿を取り直すという方法です。

注意しなければいけないのは、『キャンセル無料』のホテルをきちんとキャンセルできているかを良く確認する事です。先に予約したホテルのキャンセルを忘れると、自分の日程上のダブルブッキングとなってしまって、両方とも支払いが発生してしまう可能性があります。実際、忙しい人でダブルブッキングを発生させる人が稀に存在しています。

クレジットカードの支払い

『キャンセル無料』では、現地払いになっている場合にクレジットカードの引き落としが発生しない事は、『キャンセル無料』を選択する大きなメリットになっています。『キャンセル不可』の宿を予約してしまうと、その時点でクレジットカードの支払いが発生してしまうので、旅行に行く前の前払いになってしまいます。

ホテルとしては、前払いで先に決済して貰えば、料金を先に回収できるので、前払いで優遇した料金を設定しています。ホテルの予約は、まるで金融商品のような形態に近づいてきているとも言えるでしょう。『キャンセルできる権利』を購入するというオプション取引になります。

広がるホテルの直接販売

航空会社の予約にしても、ホテルの予約にしても、直接販売がどんどん広がりを見せています。航空会社が航空券をダイレクト販売する事で安値で販売したり、ホテルがチェーン店化して販売力を持ってインターネットでダイレクト販売する事が増えているためです。ホテルの直販を利用すれば、間違いなく最安値とはいきませんが、かなりの安値で予約出来る事は間違いありません。

特に高級ホテルであればあるほど、ホテルの直販を利用する方が高いサービスを受けられるとされています。特に海外旅行では、ホテルで「予約されていなかった」というトラブルを避けるには、ホテルの直販サイトからの予約が非常に有効になる事は間違いありません。

カテゴリ: 

海外で高級ホテルに併設されたレストランが安い理由

  • 15 November 2018
  • のぶやん

友達が連れて行ってくれたお店は、予約不要のいきなり!ステーキだった。立ち食いで大きなステーキを食べる事ができる。ハッキリ言って、自分が考案する立場だったら絶対に行かないお店だけど、友達は流行りに敏感なのか連れて行ってくれて、始めて入った『いきなり!ステーキ』は、確かに参考になった。ステーキと言えば、高級料理店で味わいながら食べるというものだったが、それを庶民の立ち食いにしたもので、それが受けて『行列ができるお店』もできているみたいだ。

儲からない高級ホテルレストラン

海外の高級ホテルレストランは、利益率が低いのでやる気がないとされています。ニューヨークであっても、ロンドンであっても、超高級ホテルと言われるところでさえ夕食のコースが1万円を割り込む事も珍しくなく、アフタヌーンティと似たような価格帯になっています。レストランの立地を考えると、ビジネスとして利益率が高いとは、とても思えません。

ましてルームサービスとなると、その利益率の低さが指摘されており、利用客が非常に少ないにもかかわらず、ルームサービスを常に出せるように準備しておく事は、ホテルの利益で考えると、全く意味のないものになっています。そこで、超高級ホテルでは、部屋に韓国の辛いカップ麺などを常設したりしている所があるのは、雰囲気としてどうなのか?と思ったりします。ルームサービスを頼まずにこちらを食ってろという事なんでしょうかね。

高級ホテルのレストラン評価が低い

海外の超高級ホテルと言われるところでさえ、レストランの評価が高くない場合があります。ホテルとしては、客単価を上げるためにも、ホテルのレストランで朝食・夕食を取ってもらう事を奨励するのでしょうけど、評判が今一つなのに、1人5000円も払ってビュッフェを食べるというのは、どうなのか?と思わずにはいられません。朝食に5000円を支払うのは、コスパが悪すぎてさすがに抵抗があります。

日本では、超高級ホテルに沢山のレストランが併設されている場合があり、寿司店、洋食、和食などがあり、1万円~5万円ほどの価格帯で提供されています。日本のレストランは、レストラン単体として成功するだけの利益を上げられるようです。結果、日本の東京は世界を代表する美食の場所となっており、ミシュランの三ツ星レストランが沢山あります。

最大53%OFF!レストラン予約も一休.com!

カテゴリ: 

高級ホテルを予約する時は、ホテルサイトから直接予約した方が良さそう。仲介サイトを利用するほど損をする仕組み

  • 14 November 2018
  • のぶやん

高級ホテルに宿泊する機会は、あまり多くないのですけど、それでも社会人になると高級ホテルに宿泊した方が良いと思う場合もあって、稀に宿泊する事があります。ホテルのサイトから直接予約するよりも、予約サイトから予約した方が5000円ほど安くなる!と思ったりするのですが、ホテルのサイトから直接予約した方が良いサービスを受けられるようです。

高級ホテルを予約する時は、ホテルサイトから直接予約した方が良さそう。

ホテル予約サイトが安くない

一般的にホテル予約サイトには『激安』というイメージがありますが、高級ホテルの予約サイトと比較して、それほど大きな割引率になっているとは思えません。ホテル予約サイトのクーポンを利用して、ようやく高級ホテルの予約サイトと同じぐらいの価格になると言った具合です。

ホテル予約サイトで安くなるのは、主にチェーン化されていない小型のホテルであって、チェーン化された大型のホテル・高級ホテルなどに至っては、ホテル予約サイトでもほとんど割引がされていない場合が多いように思います。

ちなみに某高級ホテルは、会員プログラム(会員以外に非公開のプラン)で旅行サイトより更に20%割り引いた価格を提示しており、そのプランを利用すれば、旅行サイトなど全く相手にならないほど、本当に激安で宿泊する事ができるように設定されていました。

高級ホテルに儲けさせる

何としても、最安値中の最安値で予約しよう!と血眼になって画面を見続けるのも悪くないですが、そんなに血眼になって格安サービスを探しても、高級ホテル側にお金が落ちないのでサービスが良くならないというのは問題です。

私たちが直接的にサービスを受けるのは、高級ホテルであって、高級ホテルの予約サイトではありません。高級ホテルに儲けさせてあげられるように考えれば、高級ホテルの側も私たちにより良いサービスを提供してくれるようになるでしょう。仲介サイトに利益をあげても、高級ホテルのサービス向上は期待できません。

高級ホテルと付き合いを始める

高級ホテルに滅多に泊まらない人であったとしても、1年間に2,3回は宿泊するかもしれません。海外旅行に行く人であれば、年に5、6泊する人もいるかもしれません。高級ホテルを年間、複数回利用するような人は、気に入ったチェーンと付き合いを始めるのが良いかもしれません。

高級ホテルは、会員プログラムを用意している場合が多くあって、会員プログラムの上客になればなるほど、より上級のサービスを受けられるようになります。特に頻繁に宿泊しなくても、1年に5,6泊すれば十分でしょう。アジアの国に遊びに行く回数が多ければ、1.5万ぐらいで超高級ホテルに宿泊できます。自分の行く場所と立地、サービスなどから相性が良いホテルを決めて、そのホテルを常用するのもありでしょう。

高級ホテルのコスパがいい

高級ホテルを常連として利用する層というのは、非常にお金に対して目が肥えている高級ビジネスマンが多いです。高級ホテルの側は、それなりのコストパフォーマンスで宿泊できるように配慮して様々なサービスを展開しており、結果的にコストパフォーマンスが非常に高いという事になってきます。

長期で滞在するのは、さすがにお金がかかりますが、数日の滞在であれば、高級ホテルに宿泊して気分を盛り上げて人生の運気を上昇させていくというのは、とても良い事に思えます。

ロンドンのホテルは本当に高い!イギリス旅行は考えるべき理由

  • 26 October 2018
  • のぶやん

ヨーロッパに遊びに行くのであれば、ロンドンに行くよりも、フランス・パリに行く方が満足度が高くなるでしょう。

ロンドンのホテルは本当に高い!イギリス旅行は考えるべき理由

ロンドンは、パリ以上にホテルの価格が高くなっています。ロンドンでは、日本と同じレベルのホテルだと2~3倍ぐらいの価格が付いています。こんな価格が付いてしまっては、庶民にはとてもたまらない国でしょう。ロンドンで暮らす事を考えると、月の収入が40万円を下回ると、非常に暮らしづらい街になっています。

パリの場合には、小型のホテルで狭ければ、1泊7000円ぐらいで宿泊する事ができるので日本とそれほど変わらないです。ロンドンの場合には、1泊1万円以上出さないと、まともなホテルを期待できません。このために、同じサービスであれば、ロンドンに行くより、パリに行った方が安上がりに感じる事が出来るでしょう。

観光スポットが多いロンドン

ロンドンは、パリほどではありませんが、観光スポットが数多く用意されています。ロンドンには、1666年にロンドン大火があって以降に建設された建物が数多く残っています。大英博物館のように無料で開放されている施設もあるので、観光スポットに困る事はありません。

ロンドンの観光スポットの特徴は、大英博物館など無料の場所を除くと意外と高額であるという事です。観光客が押し寄せるのに合わせて値上げが繰り返され、1回3000円以上となっています。単に数十分ほどの球体観覧車に乗るだけなんですけど、3000円に観光客が列を作って並んでいる状況です。

カテゴリ: 

Pages


アドセンス広告

関連記事