労働


アドセンス広告


アマゾンが超セール中!!

人間と自然との関係にかかわる、ある種の過程を「労働」と呼び、人間が自身の行為によって、自然との関係を統制し、価値ある対象を形成する過程を「労働」と呼ぶ。 人間は古今東西、太古から現代にいたるまで、どの地域でも、何らかの生産活動により生きてきた[4]。そうした生産活動を「労働」と解釈するようになったのは、近代以降である[4]。 生産活動は、いつの時代でも、何らかの表象体系(意味づけの体系)と関わりがある。

人間が行っている現実の生産行為とそれを包括するいる表象とは、バラバラではなく、一体として存在する[4]。いいかえると、何らかの生産活動があれば、それを解釈し表現する言葉が伴うことになり、こうした言葉には特定の歴史や世界像(世界観)が織り込まれていると考えられている。労働について語る、ということは、言葉で織り成された労働表象を語ることでもある。人間が自然との間に、生産活動を通しつつ関係を持つということは、こうした表象に端的に現れているような、ある時代特有の世界解釈を身をもって生きることでもある。

(→#歴史) 資本主義社会では、労働は倫理的性格の活動ではなく、労働者の生存を維持するためにやむをえなく行われる苦痛に満ちたもの、と考えられるようになった。マルクス主義においては「資本主義社会では、生産手段を持たない多くの人々(=労働者階級)はみずからの労働力を商品として売らざるを得ず、生産過程に投入されて剰余価値を生み出すため生産手段の所有者(=資本家階級)に搾取されることになる」と説明されるようになった。(→#歴史) 現在、国際労働機関では、望ましい労働の形としてディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)の実現を目標に挙げている。

サラリーマンは奴隷であるという事実

  • 8 November 2022
  • のぶやん
奴隷

普通にサラリーマンをしている人には、「普通にすること」しか思い浮かびません。それ以上の発想が出てこなくなってしまうのです。それまで、自分自身でリスクを取らない人は、リスクを取らないことに慣れきってしまいます。そうすると、自分でリスクを取ろうとしても、うまくいかないのです。

サラリーマンは奴隷である

サラリーマンは、どこまで行っても奴隷でしかありません。会社の指示は絶対ですので、あまりやりたくないと思う仕事でも引き受けなければいけないことも多くなります。いくら転職活動を行ったところで、奴隷の活動は、奴隷でしかありません。

今のサラリーマンは、確かに畠を耕している訳ではありませんが、資産をほとんど保有していない「小作人」であることに変わりがありません。自分で収益を生み出す資産を全く保有していないのです。1億円ほど資産があれば、株式投資だけで3%の収入になり、1億円×3%=300万円(20%税金)で暮らしが成立するというものでしょう。

自分の代替が沢山いる状況

サラリーマンは、やはり「サラリーマンでしかない」のです。自営業のように自立した存在ではないということです。大手に行くほど「誰が抜けても良い」状況になっているので、仕事がマニュアル化されているのです。そのため、いくら大手の名前があったとしても、「自分の存在価値」というものを確認することが難しくなってしまいます。

会社という組織の中には、サラリーマンが沢山いないと回らないようにできているのです。そして、サラリーマンとして昇進したり、成功するほどに、自分自身でリスクを負わない立ち回りをするようになっていく傾向があります。会社で「リスクを回避すること」に慣れてしまうと、自分自身がどのようにリスクを取ればいいか分からなくなってしまうのです。

上手な立ち回りなど存在しない

会社の中でいくら「上手に立ち回ろう」と思っても、社外から見れば「井の中の蛙」であることは間違いありません。サラリーマンは、安定しているようで、実際には「会社に縛られている」ことが安定のように見えているだけです。人間は、誰かに保護して貰って安心を得たいという考え方がありますが、会社は自分の生活を守ってくれることはなく、守ってくれるのは会社自身です。

サラリーマン同士の付き合い

サラリーマンは、サラリーマン同士で付き合って染まっていくことが多くなります。経営者は、経営者どうしで付き合おうとする傾向があります。サラリーマン同士の会話が「常識」となると、もはや「自分でビジネスする能力」というものが全くない状況になってしまいます。

安定しているという幻想

サラリーマンが安定しているというのは、本当に幻想でしかありません。

ライフスタイルを考える

普通のサラリーマンのライフスタイルは、会社で18:00頃まで働いて、それから駅の近くで飲んでから帰るような生活です。その生活をどうやって変化させようと考えた所で、サラリーマンが自分の時間を自由に調整することはできないのです。

自分でビジネスするスキルは違う

自分で金を稼ぐためには、あらゆる知識を総動員して戦う必要性がでてきます。会社が給料をだしてくれる訳でも、会社が知識を授けてくれる訳でもないのです。

突然、起業などできない

サラリーマンを長年続けていると、新しい発想など生まれてくる余地がなくなっていきます。大手企業に勤務していれば、それなりに福利厚生が充実しており、ある程度の年齢になったら、もう独立する気力もなくなってしまうでしょう。家族もいたり、住宅ローンを抱えたりしていれば、なおさら「一生涯、会社にしがみつくしかない」状況になってしまいます。

お金のために働くようになってしまい、自分の自由な時間が僅かしかないという状況になってしまいます。自分で時間をコントロールできないことは、大きなストレスになります。定年してから第二の人生を過ごしたいと思ったところで、退職するのが65歳まで引き延ばされた上で、65歳になった時に体も動きづらくなっています。

労働力を切り売りしてはいけない

労働力を切り売りしていたのでは、暮らしぶりはいつまでたっても楽にはなりません。人間の労働力は、それほど大きな差がないからです。労働力の切り売りではなくて、自分自身が収益を得る事ができる「資産」を保有する必要があるのです。そのために、考え方を転換していく必要があります。

自由になりたいなら独立する

上司から命令されたり、会社から命令されたくないと思うのであれば、自分自身で何か商売を始めるしかありません。自分自身で新しい商売を考えて、実践・実行していくことが大切になります。

同じ仕事を繰り返している

同じ仕事を繰り返しているだけでは、自分自身の給料を上昇させることはできません。他の人がやりたがらない「めんどくさいこと」も引き受けないと、自分自身が成長していく事はできないのです。会社などで同じことを繰り返して、新しいことを学ばなければ、自分自身の市場価値がどんどん低下していくことになります。そうすると、会社は外部の人を採用して、成長しない人に辞めて貰うことになります。

カテゴリ: 

商業施設の大規模化とアルバイト奴隷制度

  • 25 October 2022
  • のぶやん
商業の大規模化とアルバイト奴隷制度

田舎のアルバイト奴隷

この20年~30年で田舎で何が起こったでしょうか?どの地方でも起こっている問題は、中心商店街が廃れてしまって、イオンなどの郊外店が賑わっている様子です。イオンなどが悪者にされることがありますが、イオンなどは「町の需要に応じて出店」したものであり、市民はむしろ出店を歓迎している地域が多いので、それ自体が悪者にされるべきではありません。

大資本と低賃金の奴隷

イオンなどの大資本は、郊外に大型店舗を構えて、そのテンポの中には、ブランドが知れていて、知名度も高い店舗がずらりと並んでいます。飲食店もまとめて入居してあるので、飲食店に困ることもありません。食べたり、ショッピングを楽しんだ後は、併設された映画館などに行ったりして遊ぶこともできます。

どうすればいいのか?

イオンのビジネスに乗るためにどうすればいいか?と言えば、先ずはイオンの株を買う事です。イオン株は、個人の株主優待を背景に上昇を続けて、今では2700円になっています。庶民が全く手が届かないかと言えば、そんなことはありません。100株単位で27万円もする株式ですが、積立のように少しずつ買っていけば、到達できる金額です。イオンの株主になれば、イオンカードを手に入れることができて、イオンラウンジを使う事ができるようになります。

特にイオンが近くにある人は、イオンラウンジを利用できることは、「喫茶店に行く必要がない」ということで、大きなメリットになります。

北海道・猿払村の現実

北海道・猿払村は、なんと平均年収が日本で全国4位という「日本一豊かな村」として知られています。その源泉となっているのは、高級ホタテであり、「高級ホタテ」として海外に輸出が大成功して莫大な富を生み出しています。そのホタテの権利を保有しているのが、村の漁協250人です。まさに「大成功している村」なのですが、、、、問題は「働き手がいないこと」だそうです。

高級ホタテを加工・出荷して売ればいくらでも売れますが、その加工する人材がいないということで、中国人実習生を採用したりしているということです。資本家と労働者(奴隷)をここに見る事が出来ます。村の年収を押し上げる250人の労協関係者と、最低賃金786円で働く低賃金労働者の格差社会がそこに出ているわけです。

カテゴリ: 

田舎で「手取り13万円」から脱却する方法

  • 13 October 2022
  • のぶやん
田舎で「手取り13万円」から脱却する方法

ツィッターで「手取り13万円」が話題になっています。

普通に働いて手取り13万円

普通に働いているにも関わらず、手取り13万円はどうしてでしょうか?その理由は、江戸時代に米価が下落して、米ばかり作っていた「コメ農家」では食っていけなくなったのと同じです。既に単純労働と化したような仕事をしても、それはデフレに巻き込まれているので、食べていけない状況になっているのです。

親が言う努力で挽回できない

親の時代とは、既に時代が違っており、「普通に努力して勝てる時代」ではなくなってきています。フルタイムで働いて手取り13万円では、時間もない、お金もないという状況に陥ってしまって、未来永劫ずっと「何もできない」状況に陥ってしまいます。

お金がなくて遊びに行けない

お金がないことは、友達と遊びに行きづらくなることを意味しています。友達と遊びに行けなければ、人間関係もつまらないものになってしまって、人生自体がつまらないものになりかねません。

インターネットで儲からない

ブログなどで儲けるのは、本当に大変な時代になってきています。インターネットで記事を書いたところで、簡単に儲かるものではありません。Youtuberになっても、生活まで至る人は本当に一部の人だけになります。今さらYoutuberを始めたところで、儲けるのは至難の業になります。皆が稼げると言い始めた時には、競争が激しくなりすぎていて、そこで稼ぐことが極めて難しくなっているからです。

ビットコインでさえ、最も早く目を付けた人が儲かっているのです。皆が知るようになったものは、既に競争が激しくなっていて儲からないようになっているのです。だからこそ、常に新しいものを探し続けないといけないということになります。新しい儲かる市場を見つけていかないと、古い市場はどんどん儲からなくなるからです。

生活はさらに苦しくなる

手取り13万円で「同じような生活」を続けていると、将来的に「さらに厳しい状況になる」ことに陥ります。その理由は、自分自身の年齢もどんどん高くなっていくからです。手取り13万円では、自分自身が将来的な身動きが取れない状況に陥りかねないからです。

移動することが大切になる

自分自身が苦労したとしても、移動距離を増やすことが大切になります。移動距離を増やすことで、打開策が見えてくることがあります。自分自身が移動することで、最新の情報を集める事が大切になるのです。移動をすることで、自分自身の経験が増える事で、他の人にはない競争力を持てるようになるのです。

移動をすることで、新しい人に出会うことができれば、それで自分自身の価値を広げることができます。

実家に住むしかない現実

手取りが13万円であれば、実家に住むしかないような状況に陥ります。住居費・光熱費・食事代の大半を親が負担すれば、手取り13万円でも何とか生活できるようになるかもしれません。もし、手取り13万円で外で暮らそうと思えば、家賃・光熱費を激安に抑え込んで5万円にしたとしても、手元に8万円しか残らないことになってしまいます。

カテゴリ: 

日本人の労働意欲が高まらない理由

  • 23 September 2022
  • のぶやん

かつての中国の労働者は、「共同生産の中で意欲を失っていた」とあります。日本においては、会社が資本を保有する代わりとして、利益の一部を従業員に配る「ボーナス」という制度で、従業員の労働意欲を高めてきました。

個人による生産財の保有

個人による生産財の保有は、個人の労働意欲を高めることに役立ちます。現在、収益性資産は土地だけではなくて、不動産だけではなくて、インターネット上のウェブサイトもそれにあたります。「広告マーケット」が大きなシェアを占めるようになってきています。この理由は、広告が人々の脳内を支配することで、消費市場に影響を与えて、消費行動を作り出すからです。

長期的なキャリア形成の変化

特定分野だけをこなしいたのでは、時代の変化に対応できない状況になってきています。例えば、農業分野に強かった人であったとしても、ある一定のレベルを超えてくると、今度は工業分野に強くないと生産が伸びないかもしれません。そのように、長期的なキャリア形成には「変化に強いこと」も求められるようになります。

カテゴリ: 
タグ: 

1日8時間も働いてるのは奴隷と同じという理由

  • 26 March 2022
  • のぶやん
若者の労働者

労働者が稼げる賃金の限界

日本の一般的なアルバイトの時給である時給1000円で8時間働くと8000円ですが、税金・社会保障費で半分4000円ほどが取られてしまいます。そうすると1日4000円しか自由に使えるお金がありません。自由に使えるお金が少なければ、生活が大幅に制限されることになってしまいます。

長時間労働が健康に悪い

同じことを繰り返す長時間労働は、自分自身の健康を害する可能性が極めて高いと言えるでしょう。適度な肉体労働は、それ自体は健康に良いこともありますが、それが長時間になってくると精神的にも肉体的にも厳しいものになります。

お金がないと旅行できない

お金がないと旅行にいけないので、自分自身の見識を広めることも出来なくなってしまいます。

休日にお出かけするとお金がなくなる

お金がない人は、休日に外出しますが、休日はどこも料金が高くなっています。サラリーマンなどは、休日にお出かけするしか方法がありませんが、休日にお出かけする人ほど、お金を浪費しがちになってしまいます。

カテゴリ: 

働く人が損をする社会で昇進したくない若者が増加!企業の序列はどうなっているのか?

  • 16 March 2022
  • のぶやん
働く人が損をする社会で昇進したくない若者が増加!企業の序列はどうなっているのか?

働いたら損をする社会

株主至上主義によって、株主に利益還元がされる場合、企業の従業員は階級が高くても、低くても「単なる駒」として扱われます。高度に発展した資本主義の社会では、お金を持って投資することがお金を生み出すので、労働することではお金を生み出すことができない社会になっているのです。

搾取されている労働者

労働者として働くこと=搾取されることになります。お金を持つことが難しい場合でも、お金を増やす資産を持つことはできます。例えば、ウェブサイトで広告収入を得ることもその1つですし、自分が何とか頑張ってお金を少しでも貯めて、上場企業の会社の株式を購入するのも良いでしょう。いずれにしても、自分が働く以外の収入源を保有することが大切になります。
 
かつては、労働からお金を得るというのが一般的でしたが、現代では労働だけからお金を得るのではなくなってきているのです。情報化社会の中では、情報からお金を得るということも模索していかなくてはいけません。多くの人は、情報に対してお金を払うのです。

収益性の資産を持つ難しさ

お金がない労働者にとっては、「収益性のある資産」を持つことは、簡単ではありません。そこはやはり、自分のモテる時間を投入して、収益性のある資産を作り出す必要があります。収益性資産を簡単にモテるのであれば、誰も労働することをしないからです。
 
労働者として働くことは、それ自体をノウハウにして、自分の糧とすることができる場合があるので、決して無駄な事ではありません。労働することで得られるお金よりもむしろ、その労働によって得られる知識の方が価値を持っていると言えるでしょう。

企業の内部にある序列

基本的には、主任レベルが「現場チーフ」となり、それを係長・課長などが指導していくような状況になります。一般社員による「働きやすさ」は、現場の主任・係長レベルが大きく影響しています。

0,契約社員・アルバイト
1,一般社員
2,主任・・・・部署のまとめ役
3,係長
4,課長
4,次長
5,部長
6,本部長(事業部長)
7、常務取締役
 

管理職になりたくない時代

Youtuberなどに魅力を感じる若者が増えるに従って、昇進に魅力を感じない人も増えてきました。管理職は、厳しくなる時代のあおりをもろに受けてしまう場所でもあります。例えば、一般社員を休ませるために、自分が率先してシフトに入るようなことをしてかなければ、周囲に示しがつかないという事で、自分が家庭を顧みずにシフトを入れたりすることもあるでしょう。

お店を営業する場合

お店を営業する場合には、「店長」が係長のレベルとなり、その中で優秀な人が課長職となります。

どうせ・・という諦め

例えば、お店のシフトにガンガン入って会社に貢献したとしても、会社が大して評価をしてくれなかったり、自己犠牲が無意味だと感じる場合、人は「なるべくシフトに入らず、プライベートを充実させたい」と考えるようになるでしょう。日本は、デフレの中で「一生懸命に働いても豊かになれない」と感じる人が多いので、なるべくバランス重視の人生を過ごしたいと考えるようになるのです。

会社の内部に多様な価値観が混在

会社の内部には、社員ばかりではなくて、派遣社員、アルバイトなど多様な働き方の人、もしくは外国人労働者まで混在するようになってきています。そのように多角化する社会の価値観の中で、会社の価値観を押し付けるだけでは、労働者のパフォーマンスを生み出せなくなってきているのです。

企業に求める価値観の変化

日本では、昇進・昇格しても豊かな人生に繋がらないと思う風潮が広がっています。

日本の「働くほど貧乏になる社会」でどうすればいいか?

  • 11 March 2022
  • のぶやん
働いたら負け

日本では、働けば働くほど、貧乏になっていきます。

働くことを回避することが大切

働くことを回避することが大事になります。

肉体労働で稼いではいけない

肉体労働で稼げる金額には限界があり、人間は無理をすればぶっ壊れてしまいます。人間が無理をすることで、食生活が乱れたり、睡眠が十分に取れなくなったり、無駄なストレスを抱えこむことになってしまうのです。そういったことが続くと、体に必ず不調がでてきて、病気になりやすくなります。

人間はあまりにストレスを抱えると、お酒を飲んだりして「妄想に逃げる」ようになっていきます。日頃の生活が面白みがなくて、刺激がないと、お酒などで楽しみを作るしかないような状況になってしまうのです。

どうすればいいのか?

どのようにすればいいか?というのは、もはや「センスを磨く」しかないでしょう。自分なりに考えて動くことがなければ、何も生み出すことができません。

カテゴリ: 

仕事を適当にやる人の方が仕事が出来る理由

  • 11 March 2022
  • のぶやん
仕事を適当にやる人の方が仕事が出来る理由

仕事を適当にやる人は、仕事が出来るんです!何故かと言えば、リラックスしながら仕事に取り組むと、それだけパフォーマンスが上がるからです。

頑張ろうとすると継続できない

何事も「頑張ろう」として肩に力が入ると長続きさせることはできません。仕事を長続きさせることがないと、技能が向上することもありません。100メートルを走るようなペースで、1キロを走ることはできません。

遊び心で楽しく生きる

仕事の中にも、楽しさがないと、長続きすることができません。仕事ができる人は、仕事の場を楽しい場所に盛り上げることができます。本当に優秀な人は、とにかく楽しい雰囲気を持っているのです。何をやるにもポジティブにの物事をとらえることができて、それが良い体験に繋がっていきます。

きちんと休息して仕事する

仕事を真面目にやる人は、全力で仕事のことばかりを考えて、全ての時間を仕事に回そうとします。それでは、体が疲れて仕事ができなくなってしまいます。きちんと遊ぶ時には、遊ぶ必要があります。自分が企業から使い捨てにされないためにも、きちんと休憩をとる必要があるでしょう。

 

カテゴリ: 
タグ: 

Pages


アドセンス広告

関連記事