労働


アドセンス広告

人間と自然との関係にかかわる、ある種の過程を「労働」と呼び、人間が自身の行為によって、自然との関係を統制し、価値ある対象を形成する過程を「労働」と呼ぶ。 人間は古今東西、太古から現代にいたるまで、どの地域でも、何らかの生産活動により生きてきた[4]。そうした生産活動を「労働」と解釈するようになったのは、近代以降である[4]。 生産活動は、いつの時代でも、何らかの表象体系(意味づけの体系)と関わりがある。

人間が行っている現実の生産行為とそれを包括するいる表象とは、バラバラではなく、一体として存在する[4]。いいかえると、何らかの生産活動があれば、それを解釈し表現する言葉が伴うことになり、こうした言葉には特定の歴史や世界像(世界観)が織り込まれていると考えられている。労働について語る、ということは、言葉で織り成された労働表象を語ることでもある。人間が自然との間に、生産活動を通しつつ関係を持つということは、こうした表象に端的に現れているような、ある時代特有の世界解釈を身をもって生きることでもある。

(→#歴史) 資本主義社会では、労働は倫理的性格の活動ではなく、労働者の生存を維持するためにやむをえなく行われる苦痛に満ちたもの、と考えられるようになった。マルクス主義においては「資本主義社会では、生産手段を持たない多くの人々(=労働者階級)はみずからの労働力を商品として売らざるを得ず、生産過程に投入されて剰余価値を生み出すため生産手段の所有者(=資本家階級)に搾取されることになる」と説明されるようになった。(→#歴史) 現在、国際労働機関では、望ましい労働の形としてディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)の実現を目標に挙げている。

1日8時間も働いてるのは奴隷と同じという理由

  • 26 March 2022
  • のぶやん
若者の労働者

労働者が稼げる賃金の限界

日本の一般的なアルバイトの時給である時給1000円で8時間働くと8000円ですが、税金・社会保障費で半分4000円ほどが取られてしまいます。そうすると1日4000円しか自由に使えるお金がありません。自由に使えるお金が少なければ、生活が大幅に制限されることになってしまいます。

長時間労働が健康に悪い

同じことを繰り返す長時間労働は、自分自身の健康を害する可能性が極めて高いと言えるでしょう。適度な肉体労働は、それ自体は健康に良いこともありますが、それが長時間になってくると精神的にも肉体的にも厳しいものになります。

お金がないと旅行できない

お金がないと旅行にいけないので、自分自身の見識を広めることも出来なくなってしまいます。

休日にお出かけするとお金がなくなる

お金がない人は、休日に外出しますが、休日はどこも料金が高くなっています。サラリーマンなどは、休日にお出かけするしか方法がありませんが、休日にお出かけする人ほど、お金を浪費しがちになってしまいます。

カテゴリ: 

働く人が損をする社会で昇進したくない若者が増加!企業の序列はどうなっているのか?

  • 16 March 2022
  • のぶやん
働く人が損をする社会で昇進したくない若者が増加!企業の序列はどうなっているのか?

働いたら損をする社会

株主至上主義によって、株主に利益還元がされる場合、企業の従業員は階級が高くても、低くても「単なる駒」として扱われます。高度に発展した資本主義の社会では、お金を持って投資することがお金を生み出すので、労働することではお金を生み出すことができない社会になっているのです。

搾取されている労働者

労働者として働くこと=搾取されることになります。お金を持つことが難しい場合でも、お金を増やす資産を持つことはできます。例えば、ウェブサイトで広告収入を得ることもその1つですし、自分が何とか頑張ってお金を少しでも貯めて、上場企業の会社の株式を購入するのも良いでしょう。いずれにしても、自分が働く以外の収入源を保有することが大切になります。
 
かつては、労働からお金を得るというのが一般的でしたが、現代では労働だけからお金を得るのではなくなってきているのです。情報化社会の中では、情報からお金を得るということも模索していかなくてはいけません。多くの人は、情報に対してお金を払うのです。

収益性の資産を持つ難しさ

お金がない労働者にとっては、「収益性のある資産」を持つことは、簡単ではありません。そこはやはり、自分のモテる時間を投入して、収益性のある資産を作り出す必要があります。収益性資産を簡単にモテるのであれば、誰も労働することをしないからです。
 
労働者として働くことは、それ自体をノウハウにして、自分の糧とすることができる場合があるので、決して無駄な事ではありません。労働することで得られるお金よりもむしろ、その労働によって得られる知識の方が価値を持っていると言えるでしょう。

企業の内部にある序列

基本的には、主任レベルが「現場チーフ」となり、それを係長・課長などが指導していくような状況になります。一般社員による「働きやすさ」は、現場の主任・係長レベルが大きく影響しています。

0,契約社員・アルバイト
1,一般社員
2,主任・・・・部署のまとめ役
3,係長
4,課長
4,次長
5,部長
6,本部長(事業部長)
7、常務取締役
 

管理職になりたくない時代

Youtuberなどに魅力を感じる若者が増えるに従って、昇進に魅力を感じない人も増えてきました。管理職は、厳しくなる時代のあおりをもろに受けてしまう場所でもあります。例えば、一般社員を休ませるために、自分が率先してシフトに入るようなことをしてかなければ、周囲に示しがつかないという事で、自分が家庭を顧みずにシフトを入れたりすることもあるでしょう。

お店を営業する場合

お店を営業する場合には、「店長」が係長のレベルとなり、その中で優秀な人が課長職となります。

どうせ・・という諦め

例えば、お店のシフトにガンガン入って会社に貢献したとしても、会社が大して評価をしてくれなかったり、自己犠牲が無意味だと感じる場合、人は「なるべくシフトに入らず、プライベートを充実させたい」と考えるようになるでしょう。日本は、デフレの中で「一生懸命に働いても豊かになれない」と感じる人が多いので、なるべくバランス重視の人生を過ごしたいと考えるようになるのです。

会社の内部に多様な価値観が混在

会社の内部には、社員ばかりではなくて、派遣社員、アルバイトなど多様な働き方の人、もしくは外国人労働者まで混在するようになってきています。そのように多角化する社会の価値観の中で、会社の価値観を押し付けるだけでは、労働者のパフォーマンスを生み出せなくなってきているのです。

企業に求める価値観の変化

日本では、昇進・昇格しても豊かな人生に繋がらないと思う風潮が広がっています。

日本の「働くほど貧乏になる社会」でどうすればいいか?

  • 11 March 2022
  • のぶやん
働いたら負け

日本では、働けば働くほど、貧乏になっていきます。

働くことを回避することが大切

働くことを回避することが大事になります。

肉体労働で稼いではいけない

肉体労働で稼げる金額には限界があり、人間は無理をすればぶっ壊れてしまいます。人間が無理をすることで、食生活が乱れたり、睡眠が十分に取れなくなったり、無駄なストレスを抱えこむことになってしまうのです。そういったことが続くと、体に必ず不調がでてきて、病気になりやすくなります。

人間はあまりにストレスを抱えると、お酒を飲んだりして「妄想に逃げる」ようになっていきます。日頃の生活が面白みがなくて、刺激がないと、お酒などで楽しみを作るしかないような状況になってしまうのです。

どうすればいいのか?

どのようにすればいいか?というのは、もはや「センスを磨く」しかないでしょう。自分なりに考えて動くことがなければ、何も生み出すことができません。

カテゴリ: 

仕事を適当にやる人の方が仕事が出来る理由

  • 11 March 2022
  • のぶやん
仕事を適当にやる人の方が仕事が出来る理由

仕事を適当にやる人は、仕事が出来るんです!何故かと言えば、リラックスしながら仕事に取り組むと、それだけパフォーマンスが上がるからです。

頑張ろうとすると継続できない

何事も「頑張ろう」として肩に力が入ると長続きさせることはできません。仕事を長続きさせることがないと、技能が向上することもありません。100メートルを走るようなペースで、1キロを走ることはできません。

遊び心で楽しく生きる

仕事の中にも、楽しさがないと、長続きすることができません。仕事ができる人は、仕事の場を楽しい場所に盛り上げることができます。本当に優秀な人は、とにかく楽しい雰囲気を持っているのです。何をやるにもポジティブにの物事をとらえることができて、それが良い体験に繋がっていきます。

きちんと休息して仕事する

仕事を真面目にやる人は、全力で仕事のことばかりを考えて、全ての時間を仕事に回そうとします。それでは、体が疲れて仕事ができなくなってしまいます。きちんと遊ぶ時には、遊ぶ必要があります。自分が企業から使い捨てにされないためにも、きちんと休憩をとる必要があるでしょう。

 

カテゴリ: 
タグ: 

日本で「手取り13万円」で強制労働に従事する奴隷たち

  • 16 February 2022
  • のぶやん
労働者

今の日本では、手取り13万円という賃金で働く人も珍しくなくなっています。時給1000円で1日8時間働くと8000円 × 20日=16万円で、そこから社会保障などを惹かれると、13万円ぐらいになるのです。この水準では、生活が本当にギリギリです。

手取り13万円の強制労働

手取り13万円というのは、非常に低水準の生活しか行うことができない、最低限の生活を行う「生活保護の水準」です。ほとんど生活費に消えてしまって、遊ぶことはほとんどできません、そのような水準で生活している人が日本には沢山います。これは、国策の強制労働とも言えるでしょう。

強制労働させられる人々

手取り13万円であれば、いつまでたっても生活の水準が向上しない状況に陥ってしまいます。このような「奴隷労働」をしていたのでは、日々の生活を過ごして死ぬだけになってしまうのです。

奴隷から逃れる方法

手取り13万円では、一生涯にわたり奴隷のままになってしまいます。奴隷から逃れるためには、働かない期間を作って、別にお金が稼げることをする必要があります。

カテゴリ: 

出世したくないと言うような社員など要らない

  • 13 January 2022
  • のぶやん
出世したくないと言うような社員など要らない

会社で「出世したいと思わない」という社員は増えてきています。そのような社員は、会社としては不要です。

成長意欲がない人は要らない

会社では、「会社と一緒に成長していける人材」を求めています。出世意欲がある人は、会社でどんどん重宝できるからです。出世意欲を持たない人は、長期雇用する人ではなくて、短期のアルバイトでもして貰った方がいいのです。

給料がどんどん低下していく

会社は、意欲が無い人を切るべく、給与水準を調整します。その結果、自分でやる気が無い人は、給料がどんどん低下していきます。企業が成果主義を求めていると、パフォーマンスが高い社員、必要とされる社員にのみ高い賃金を支払うという形態になっていくからです。

会社は労働者から搾取する

会社は、労働者を通じて利益を出す必要があるので、30万円の給料で50万円分の働きを求めてくるのです。そうすることで、会社はどんどん成長することができます。

カテゴリ: 

会社員として成長するスキルと生き方

  • 19 December 2021
  • のぶやん

会社員をずっとしていると、その会社の中で生きている世界が全てになってしまいます。

会社員を辞められない理由

会社員を辞めようと思っても、多くの人はそこから抜け出すことができません。人間にとって、「変化すること」は恐怖でしかありません。

・お金がなくなる恐怖
・何をしていいか分からない恐怖
・人間関係の恐怖
・スキル不足で辞められない

多種多様な能力が身につかない

サラリーマンに時間を取られていくと、肝心の「生きるためのスキル」を身に着けることができません。サラリーマンを辞められずに続けているのは、サラリーマンを辞める能力が身についていないからです。

会社員で身に着くスキルが限定的であると、会社員であることが大きなリスクになっていきます。特に年齢があがっても、営業スキルぐらいしか持ち合わせていないと、代替の効く駒として会社からリストラされてしまう可能性も強くなってしまいます。

会話がつまらなくなっていく

サラリーマンは、自分の会社で働いて週末に遊びに行くぐらいしか時間がないので、「つまらない会話」しかできなくなります。

サラリーマンを辞める方法

サラリーマンを辞めるためには、生活の全てを変化させなくてはいけません。それまで、サラリーマンで生き続けてきた人には、そんな芸当ができないのです。サラリーマンをしていたら、サラリーマンとして立ち回るスキルは高まりますが、生きるスキルは全く高まらなかったりします。サラリーマンは、自社の生産に有利になる偏った情報しか保有していないからです。

需給が複雑化する現代社会においては、サラリーマンの知識だけで将来的に生き残る人材であり続けるのは難しいと言えるでしょう。

多くの時間を会社に使う

会社員として働いていると、ほとんどの時間を会社に取られてしまいます。副業などをしようとしても、体は会社で疲れ果ててそれどころではありません。会社員として、会社のために全てを捧げるような人生になってしまうのです。

会社は人生を保証してくれない

会社が人生を保証してくれるというのは、単なる幻想でしかありません。会社は、自分の人生を保証してくれることはありません。

会社員を辞めるのが難しい理由

会社員を辞めるのが難しい理由は、収入面だけの問題ではありません。会社を辞めた途端に収入が途絶えるので、多くの人はその支出に耐えられなくなるのです。普段から、10万円で暮らせる人は、アルバイトでもすれば生活していけるでしょう。しかし、それまで20万円で生活していた人は、突然に生活を10万円にすることはできません。

フリーランスなどをしている人は、収入の変動があることを前提として、その収入の変動を見越した生活をしています。例えば、引っ越ししやすい家に住んでいたりして、収入の減少に合わせて家を変えたりすることができます。サラリーマンをしていると、そういった収入の変動がに対する対応力が鈍くなってしまうのです。

40代でリストラされても生き抜くことができる人生設計

  • 17 September 2021
  • のぶやん

40代で500万円ぐらいの貯金であれば、今までどおりの生活を続けていたのでは、1年~2年ぐらいでお金を使い切ってしまうでしょう。家族がいたなら、もっと早く使い切ってしまう可能性があります。もはや、お金がない状況では自由はないというような危機的な状況になりかねません。

リストラに備えておくこと

いつリストラされてもいいよに、「その日」の覚悟を持っておくことが必要です。そして、5年~10年の準備をコツコツと行っていくことが必要になっていくのです。40代で給与の高い職業を探すのは難しいとされているので、自分が得意とする専門分野に特化して、能力を伸ばしておくのが良いでしょう。

他人と別の行き方を模索する

40代になる前に「他の人と違った生き方を模索」しておた方が、人生が豊かになる可能性があります。40代になってリストラされて「再就職が危機的な状況にある」場合には、再就職しなければいいのです。そういう選択肢が取れるようになっておけばいいということになります。40代になるまで、生き方を鍛え続けておけば、40代になってから再就職しない生き方も模索できるようになります。

30代から生活防衛術を考える

40代でリストラされてもいき抜けるのは、30代できちんと「生活防衛術」を考えていた人たちだけです。生活防衛をきちんと考えて置けない人は、40代でリストラされると悲惨なことになってしまいます。普通のサラリーマンをやっていたのでは、40代のリストラに耐えることはできないでしょう。

家賃負担を下げること

労働しないために、最良の策と言えば、「家賃を大幅に下げること」です。家賃さえ下げることができれば、あとは食費が何とかなれば生きていくことができます。地方に引っ越して家賃を大幅に下げるなど、家賃負担を軽くすることができれば、出費を大幅に抑えることができるようになります。

カテゴリ: 

Pages


アドセンス広告

関連記事