労働


アドセンス広告

人間と自然との関係にかかわる、ある種の過程を「労働」と呼び、人間が自身の行為によって、自然との関係を統制し、価値ある対象を形成する過程を「労働」と呼ぶ。 人間は古今東西、太古から現代にいたるまで、どの地域でも、何らかの生産活動により生きてきた[4]。そうした生産活動を「労働」と解釈するようになったのは、近代以降である[4]。 生産活動は、いつの時代でも、何らかの表象体系(意味づけの体系)と関わりがある。

人間が行っている現実の生産行為とそれを包括するいる表象とは、バラバラではなく、一体として存在する[4]。いいかえると、何らかの生産活動があれば、それを解釈し表現する言葉が伴うことになり、こうした言葉には特定の歴史や世界像(世界観)が織り込まれていると考えられている。労働について語る、ということは、言葉で織り成された労働表象を語ることでもある。人間が自然との間に、生産活動を通しつつ関係を持つということは、こうした表象に端的に現れているような、ある時代特有の世界解釈を身をもって生きることでもある。

(→#歴史) 資本主義社会では、労働は倫理的性格の活動ではなく、労働者の生存を維持するためにやむをえなく行われる苦痛に満ちたもの、と考えられるようになった。マルクス主義においては「資本主義社会では、生産手段を持たない多くの人々(=労働者階級)はみずからの労働力を商品として売らざるを得ず、生産過程に投入されて剰余価値を生み出すため生産手段の所有者(=資本家階級)に搾取されることになる」と説明されるようになった。(→#歴史) 現在、国際労働機関では、望ましい労働の形としてディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)の実現を目標に挙げている。

出世したくないと言うような社員など要らない

  • 13 January 2022
  • のぶやん
出世したくないと言うような社員など要らない

会社で「出世したいと思わない」という社員は増えてきています。そのような社員は、会社としては不要です。

成長意欲がない人は要らない

会社では、「会社と一緒に成長していける人材」を求めています。出世意欲がある人は、会社でどんどん重宝できるからです。出世意欲を持たない人は、長期雇用する人ではなくて、短期のアルバイトでもして貰った方がいいのです。

給料がどんどん低下していく

会社は、意欲が無い人を切るべく、給与水準を調整します。その結果、自分でやる気が無い人は、給料がどんどん低下していきます。企業が成果主義を求めていると、パフォーマンスが高い社員、必要とされる社員にのみ高い賃金を支払うという形態になっていくからです。

会社は労働者から搾取する

会社は、労働者を通じて利益を出す必要があるので、30万円の給料で50万円分の働きを求めてくるのです。そうすることで、会社はどんどん成長することができます。

カテゴリ: 

会社員として成長するスキルと生き方

  • 19 December 2021
  • のぶやん

会社員をずっとしていると、その会社の中で生きている世界が全てになってしまいます。

会社員を辞められない理由

会社員を辞めようと思っても、多くの人はそこから抜け出すことができません。人間にとって、「変化すること」は恐怖でしかありません。

・お金がなくなる恐怖
・何をしていいか分からない恐怖
・人間関係の恐怖
・スキル不足で辞められない

多種多様な能力が身につかない

サラリーマンに時間を取られていくと、肝心の「生きるためのスキル」を身に着けることができません。サラリーマンを辞められずに続けているのは、サラリーマンを辞める能力が身についていないからです。

会社員で身に着くスキルが限定的であると、会社員であることが大きなリスクになっていきます。特に年齢があがっても、営業スキルぐらいしか持ち合わせていないと、代替の効く駒として会社からリストラされてしまう可能性も強くなってしまいます。

会話がつまらなくなっていく

サラリーマンは、自分の会社で働いて週末に遊びに行くぐらいしか時間がないので、「つまらない会話」しかできなくなります。

サラリーマンを辞める方法

サラリーマンを辞めるためには、生活の全てを変化させなくてはいけません。それまで、サラリーマンで生き続けてきた人には、そんな芸当ができないのです。サラリーマンをしていたら、サラリーマンとして立ち回るスキルは高まりますが、生きるスキルは全く高まらなかったりします。サラリーマンは、自社の生産に有利になる偏った情報しか保有していないからです。

需給が複雑化する現代社会においては、サラリーマンの知識だけで将来的に生き残る人材であり続けるのは難しいと言えるでしょう。

多くの時間を会社に使う

会社員として働いていると、ほとんどの時間を会社に取られてしまいます。副業などをしようとしても、体は会社で疲れ果ててそれどころではありません。会社員として、会社のために全てを捧げるような人生になってしまうのです。

会社は人生を保証してくれない

会社が人生を保証してくれるというのは、単なる幻想でしかありません。会社は、自分の人生を保証してくれることはありません。

会社員を辞めるのが難しい理由

会社員を辞めるのが難しい理由は、収入面だけの問題ではありません。会社を辞めた途端に収入が途絶えるので、多くの人はその支出に耐えられなくなるのです。普段から、10万円で暮らせる人は、アルバイトでもすれば生活していけるでしょう。しかし、それまで20万円で生活していた人は、突然に生活を10万円にすることはできません。

フリーランスなどをしている人は、収入の変動があることを前提として、その収入の変動を見越した生活をしています。例えば、引っ越ししやすい家に住んでいたりして、収入の減少に合わせて家を変えたりすることができます。サラリーマンをしていると、そういった収入の変動がに対する対応力が鈍くなってしまうのです。

40代でリストラされても生き抜くことができる人生設計

  • 17 September 2021
  • のぶやん

40代で500万円ぐらいの貯金であれば、今までどおりの生活を続けていたのでは、1年~2年ぐらいでお金を使い切ってしまうでしょう。家族がいたなら、もっと早く使い切ってしまう可能性があります。もはや、お金がない状況では自由はないというような危機的な状況になりかねません。

リストラに備えておくこと

いつリストラされてもいいよに、「その日」の覚悟を持っておくことが必要です。そして、5年~10年の準備をコツコツと行っていくことが必要になっていくのです。40代で給与の高い職業を探すのは難しいとされているので、自分が得意とする専門分野に特化して、能力を伸ばしておくのが良いでしょう。

他人と別の行き方を模索する

40代になる前に「他の人と違った生き方を模索」しておた方が、人生が豊かになる可能性があります。40代になってリストラされて「再就職が危機的な状況にある」場合には、再就職しなければいいのです。そういう選択肢が取れるようになっておけばいいということになります。40代になるまで、生き方を鍛え続けておけば、40代になってから再就職しない生き方も模索できるようになります。

30代から生活防衛術を考える

40代でリストラされてもいき抜けるのは、30代できちんと「生活防衛術」を考えていた人たちだけです。生活防衛をきちんと考えて置けない人は、40代でリストラされると悲惨なことになってしまいます。普通のサラリーマンをやっていたのでは、40代のリストラに耐えることはできないでしょう。

家賃負担を下げること

労働しないために、最良の策と言えば、「家賃を大幅に下げること」です。家賃さえ下げることができれば、あとは食費が何とかなれば生きていくことができます。地方に引っ越して家賃を大幅に下げるなど、家賃負担を軽くすることができれば、出費を大幅に抑えることができるようになります。

カテゴリ: 

40代でリストラされると大変なことになる

  • 16 September 2021
  • のぶやん
40代でリストラされると大変なことになる

今、リストラの対象になるのは、20代~30代ではなくて、40代~50代がリストラされることになります。40代ぐらいになると、「企業に懸命にしがみつく」社員が多くなりますが、それでも部署の廃止などがあって、リストラが避けられない可能性があります。

40代でリストラされると悲惨

40代でリストラされると、本当に大変なことになってしまいます。40代になってしまうと、どこかに転職することが極めて難しくなってしまうのです。ほとんどの企業は、転職を35歳までとしているので、40代になると転職しようとしても、採用してくれる企業が皆無になります。そもそも、履歴書の年齢だけで「不採用」となってしまうのです。

特に日本の企業は、「若者ほど使いやすくて、40代以上になると使いづらい」と考えているので、40代以上では転職が相当に難しくなってしまうからです。若い頃に外資系で働いていようが、大手で働いていようが、40代を過ぎてリストラされたら、もう次の職場は中小のオーナー企業みたいな所になることが多くなります。

転職しても給料が下がる

40代以上になってどこかに転職できたとしても、給料が大きく低下することは避けられません。リストラの後で転職して給料が伸びる人というのは、本当に僅かな人だけで、ほとんどの人の給料が低下してしまいます。

企業側から見ると、「熟練の経験者を安い賃金で雇うことができる」と考えているのです。中高年に対して上から目線で「40代なのに雇ってやっているので必死で働け」とプレッシャーをかけてくることになります。

自分で事業などできない

40代までサラリーマンをやっていた人は、自分で事業を行える能力を有していることはほとんどありません。20代~30代に自分で事業をしようとして能力を伸ばしてきた人には、能力面で太刀打ちができないからです。

個人事業でお金を稼ぐ能力がある人は、リストラされるまでサラリーマンをやっていないでしょう。個人事業で稼ぐ能力がないから、サラリーマンを継続して続けているわけです。個人事業主として独立できるような人は、30代のうちに個人事業主で既に独立している人が多いです。

雇われない生き方を模索する

40代以上になって「雇われ続ける」というのは、プライドが傷つくだけではなくて、体がボロボロになって大変です。40代になる前から『雇われない生き方』を模索していく必要があるでしょう。人生で、雇われない生き方は大切です。

リストラされてから行動するのでは、もはや「選択肢は何もない」状況になってしまいます。何故なら、他の人は「リストラされる前から既に対策を取っている人が圧倒的に多い」からです。リストラされる前に、早く自分の行き方を模索しておく必要があります。具体的には、もう30代前半ぐらいには準備しておく必要があるということです。

生き方をどうするかの問題

40代でリストラされたら、「それまでの生き方」と同じ生き方はできなくなります。40代までサラリーマンを続けていただけでは、その後から「どのように生きればいいか」というものを模索できなくなってしまうからです。

不足している若手の社員

どこの企業でも、「安く雇って良く働ける若手社員だけを大量に欲しい」という欲求があります。若い従業員は、「安くて単純作業をやらせやすい労働者」だからです。日本で求められている高度な労働者は僅かな人たちであり、日本で多くの企業が求めているのは、「安くて単純作業ができる労働者」なのです。

マネージャーでも安い年収

特に地方においては、マネージャー級でも「驚くほど安い年収」で働いています。そのため、外から40代になって雇用された人が高い年収が提示されることは、ほとんどありません。

経営陣しか生き残っていけない事実

40代以上では、もう経営陣しか生き残っていけないということなのだと思います。30代までのうちに「自分で何かをやる能力を身に着けて、ビジネスをするしかない」ということでしょう。雇われない生き方をしなくてはいけないというのが事実かと思います。

能力は簡単に伸ばせない時代

何事も高度化してきているので、人材に求められる能力が非常に高くなってきてるのです。弁護士ですら食うに困ったり、歯科医師が食うに困ったりしている時代です。労働者として生きるのは、非常に厳しい時代といえるでしょう。

カテゴリ: 

働かないで生きていくための方法

  • 8 September 2021
  • のぶやん
働かないで生きていくための方法

働かないで生きていくためには、その方法を開発していかなくてはいけません。

基本的にお金を流出させない

お金を流出させないためには、「無駄な付き合いだ」と思った人との付き合いをやめることです。具体的には、将来的に全く意味をなさないような付き合いをしないことに限ります。お金を無駄遣いしないで、それを投資にあてることが、自分が働かなくて良くなる方法であると言えるでしょう。

飲み会には参加しない

飲み会は、1回3000円~4000円ほどで、交通費を合わせると5000円にも達します。そのコスト負担は相当なものですので、飲み会に参加していたのでは、お金がどんどん手元から流出していってしまいます。

少しだけ働くことが大事

全く働かないと、働くノウハウを得ることができなかったり、社会との繋がりをなくしてしまいます。そのような状況では、社会に無知になってしまうことになるので、全く働かないことが逆に大きなデメリットになりかねません。そこで「少しだけ働く」ということが大切になります。労働は、社会と繋がるために大事なことなんですね。

お金持ちになったからと言って、全く働かなくなってしまうと、それで社会との接点が1つ失われてしまうことになります。

投資を行うこと

労働時間だけをあてにしてお金を得ていたのでは、どんどん苦しい生活に追い込まれることになってしまいます。投資は、先行投資を行う必要があります。先行投資とは、自分が不利な役割を引き受けることでもあります。

誰も行動をしないうちに、自分が行動することで「行動力」を身に付けることができます。誰かに行動させてから自分が行動したのでは遅いのです。

カテゴリ: 
タグ: 

日本の若年層に漂う閉塞間。若年層で出世しなくていい6割

  • 27 May 2021
  • のぶやん

今どきの20代は、出世に対しても、役職に対しても何も興味を示さなくなりつつあります。それは、上司などが「別に格好良く見えない」からです。

時代による価値観の変化

良い大学に入って、良い会社に入るようなものを羨ましいと思う風潮は、既に崩れ去っています。良い大学を出て、良い会社に入っても、「それが自分にとって楽しい人生でなければ、全く意味がない」と感じる人が増えてきたからです。

出世に価値がない時代

多くの若年層が現実的に見ており、会社で出世したところで、大した給料が貰えないし、生活の質がそれほど変わるとは思っていないのです。仕事の時だけ会社にいて、あとはなるべく上司とも関わりたくないという人が増えています。もはや、会社の飲み会など全く参加したいとも思わないと思っているのです。

若いうちに苦労しても意味なし

若いうちに苦労をしたところで、年齢を重ねてからそれが活かせると思っている人も少ないです。

長時間労働も嫌う傾向が強い

楽しく生きるために働いているのに、長時間労働するのは馬鹿馬鹿しいと思っている人も多いです。

カテゴリ: 
タグ: 

低賃金で質の高いパートを集まる?そんな時代ではない

  • 12 May 2021
  • のぶやん
低賃金で質の高いパートを集まる?そんな時代ではない

かつて主婦が中心になっていたパート業ですけど、女性の社会進出も進んだことで、そもそも「主婦をやる女性が減っている」という現実があります。

主婦たちのやる気は激減

企業側は、主婦を「安く雇ってよく働いてくれる人材」として雇用していましたが、最近では主婦を雇っても思うように働いてくれない人が増えています。そんなに優秀なパートであれば、企業の正社員でも十分に活躍できるので、それほど優秀な人はパートとしてきてくれたりしないのです。

低賃金でくる人材の質

バブルを経験した人口ボリュームゾーンである団塊の世代がどんどん引退していく中で、日本で人材不足が起こっています。今に始まったことではありませんが、特に低賃金のアルバイトなどで人手不足が起こっているのです。そうなってくると、「誰でもいいから採用したい」という状況になり、日本語が良く分からない外国人も採用する羽目になります。

低賃金でくる人材は、本当にいつ辞めてもおかしくないお金に困った学生ぐらいになっています。仕事に対してもやる気がなくて、遅刻してきたりすることもあります。

外国人しか働き手がいない

時給1000円ぐらいの牛丼屋さんで働いたところで、全く豊かな生活になれるはずがないのです。ほとんど外国人の労働者しか働き手がいないような状況もあり、牛丼チェーン店においては、日本語も良く分からないような外国人の労働者が働いています。もう、接客の質もサービスも何もあったものではないので、ものが出て来ればいいかぐらいの状況です。

時給1000円だと学生のアルバイトすら働きたがらないので、結果的に外国人の労働者を雇うしかなくなっているのです。

誰でもいいから採用したい

飲食店などは、誰も採用できない状況であるか、外国人しか採用できない状況なので、「日本人なら誰でもいいから採用したい」という状況になっています。

カテゴリ: 

人材確保が難しいホテル業界!ネパール人採用が加速

  • 6 April 2021
  • のぶやん
人材確保が難しいホテル業界

ホテル業界においては、「人材の使い捨て」が当たり前のように行われていて、

このような乱暴な人材の使い捨てによって、会員制ホテルで未経験のアルバイトがホール担当になったりして、接客レベルが非常に低いので客からのクレームにも繋がったりしています。それでも、もはや即日採用のアルバイト従業員なしでは回らないようなホテルも多いのです。

中抜けシフトを嫌がる人が多い

多くの人が「中抜けシフト」というシフトを嫌って、ホテル業界に就業しようとしません。ホテルの飲食部門などでは、中抜け、食事の時間のずれなどが普通に行われていて、人間らしい働き方ができないような状況に鳴っています。そのような状況で長く働き続けることができるのは、「他に転職するあてがない人」ということになります。他に転職するあてがあれば、そんな条件が悪いところで働かないでしょう。

星野リゾートが導入する通し勤務

そこで、星野リゾートは、マルチタスク制を導入して、通し勤務ができるようにしています。社員の離職率を下げるためには、もしくはバイトの満足度を高めるためには、通し勤務というのは大変に重要になります。食事の時間もきちんと交代制で確保する必要があります。

華がないので人が集まらない

ラーメン店に人が集まらないにも関わらず、スタバであれば人材採用が容易にできます。そこは、やはりブランド力の差だったり、仕事のないように対するイメージが大きいです。

増加する外国人労働者

厳しい仕事においては、「日本人の採用が出来ない状況」なので、ネパール人を採用するホテルが増えています。外国人労働者は、厳しい仕事でもなかなか辞めることができないからです。

Pages


アドセンス広告

関連記事