労働


アドセンス広告

人間と自然との関係にかかわる、ある種の過程を「労働」と呼び、人間が自身の行為によって、自然との関係を統制し、価値ある対象を形成する過程を「労働」と呼ぶ。 人間は古今東西、太古から現代にいたるまで、どの地域でも、何らかの生産活動により生きてきた[4]。そうした生産活動を「労働」と解釈するようになったのは、近代以降である[4]。 生産活動は、いつの時代でも、何らかの表象体系(意味づけの体系)と関わりがある。

人間が行っている現実の生産行為とそれを包括するいる表象とは、バラバラではなく、一体として存在する[4]。いいかえると、何らかの生産活動があれば、それを解釈し表現する言葉が伴うことになり、こうした言葉には特定の歴史や世界像(世界観)が織り込まれていると考えられている。労働について語る、ということは、言葉で織り成された労働表象を語ることでもある。人間が自然との間に、生産活動を通しつつ関係を持つということは、こうした表象に端的に現れているような、ある時代特有の世界解釈を身をもって生きることでもある。

(→#歴史) 資本主義社会では、労働は倫理的性格の活動ではなく、労働者の生存を維持するためにやむをえなく行われる苦痛に満ちたもの、と考えられるようになった。マルクス主義においては「資本主義社会では、生産手段を持たない多くの人々(=労働者階級)はみずからの労働力を商品として売らざるを得ず、生産過程に投入されて剰余価値を生み出すため生産手段の所有者(=資本家階級)に搾取されることになる」と説明されるようになった。(→#歴史) 現在、国際労働機関では、望ましい労働の形としてディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)の実現を目標に挙げている。

日本の若年層に漂う閉塞間。若年層で出世しなくていい6割

  • 27 May 2021
  • のぶやん

今どきの20代は、出世に対しても、役職に対しても何も興味を示さなくなりつつあります。それは、上司などが「別に格好良く見えない」からです。

時代による価値観の変化

良い大学に入って、良い会社に入るようなものを羨ましいと思う風潮は、既に崩れ去っています。良い大学を出て、良い会社に入っても、「それが自分にとって楽しい人生でなければ、全く意味がない」と感じる人が増えてきたからです。

出世に価値がない時代

多くの若年層が現実的に見ており、会社で出世したところで、大した給料が貰えないし、生活の質がそれほど変わるとは思っていないのです。仕事の時だけ会社にいて、あとはなるべく上司とも関わりたくないという人が増えています。もはや、会社の飲み会など全く参加したいとも思わないと思っているのです。

若いうちに苦労しても意味なし

若いうちに苦労をしたところで、年齢を重ねてからそれが活かせると思っている人も少ないです。

長時間労働も嫌う傾向が強い

楽しく生きるために働いているのに、長時間労働するのは馬鹿馬鹿しいと思っている人も多いです。

カテゴリ: 
タグ: 

低賃金で質の高いパートを集まる?そんな時代ではない

  • 12 May 2021
  • のぶやん

かつて主婦が中心になっていたパート業ですけど、女性の社会進出も進んだことで、そもそも「主婦をやる女性が減っている」という現実があります。

主婦たちのやる気は激減

企業側は、主婦を「安く雇ってよく働いてくれる人材」として雇用していましたが、最近では主婦を雇っても思うように働いてくれない人が増えています。そんなに優秀なパートであれば、企業の正社員でも十分に活躍できるので、それほど優秀な人はパートとしてきてくれたりしないのです。

低賃金でくる人材の質

バブルを経験した人口ボリュームゾーンである団塊の世代がどんどん引退していく中で、日本で人材不足が起こっています。今に始まったことではありませんが、特に低賃金のアルバイトなどで人手不足が起こっているのです。そうなってくると、「誰でもいいから採用したい」という状況になり、日本語が良く分からない外国人も採用する羽目になります。

低賃金でくる人材は、本当にいつ辞めてもおかしくないお金に困った学生ぐらいになっています。仕事に対してもやる気がなくて、遅刻してきたりすることもあります。

外国人しか働き手がいない

時給1000円ぐらいの牛丼屋さんで働いたところで、全く豊かな生活になれるはずがないのです。ほとんど外国人の労働者しか働き手がいないような状況もあり、牛丼チェーン店においては、日本語も良く分からないような外国人の労働者が働いています。もう、接客の質もサービスも何もあったものではないので、ものが出て来ればいいかぐらいの状況です。

時給1000円だと学生のアルバイトすら働きたがらないので、結果的に外国人の労働者を雇うしかなくなっているのです。

誰でもいいから採用したい

飲食店などは、誰も採用できない状況であるか、外国人しか採用できない状況なので、「日本人なら誰でもいいから採用したい」という状況になっています。

カテゴリ: 

人材確保が難しいホテル業界!ネパール人採用が加速

  • 6 April 2021
  • のぶやん

ホテル業界においては、「人材の使い捨て」が当たり前のように行われていて、

このような乱暴な人材の使い捨てによって、会員制ホテルで未経験のアルバイトがホール担当になったりして、接客レベルが非常に低いので客からのクレームにも繋がったりしています。それでも、もはや即日採用のアルバイト従業員なしでは回らないようなホテルも多いのです。

中抜けシフトを嫌がる人が多い

多くの人が「中抜けシフト」というシフトを嫌って、ホテル業界に就業しようとしません。ホテルの飲食部門などでは、中抜け、食事の時間のずれなどが普通に行われていて、人間らしい働き方ができないような状況に鳴っています。そのような状況で長く働き続けることができるのは、「他に転職するあてがない人」ということになります。他に転職するあてがあれば、そんな条件が悪いところで働かないでしょう。

星野リゾートが導入する通し勤務

そこで、星野リゾートは、マルチタスク制を導入して、通し勤務ができるようにしています。社員の離職率を下げるためには、もしくはバイトの満足度を高めるためには、通し勤務というのは大変に重要になります。食事の時間もきちんと交代制で確保する必要があります。

華がないので人が集まらない

ラーメン店に人が集まらないにも関わらず、スタバであれば人材採用が容易にできます。そこは、やはりブランド力の差だったり、仕事のないように対するイメージが大きいです。

増加する外国人労働者

厳しい仕事においては、「日本人の採用が出来ない状況」なので、ネパール人を採用するホテルが増えています。外国人労働者は、厳しい仕事でもなかなか辞めることができないからです。

ホテル業界で「役に立たないとされた社員」が行う業務とは?システム化できる単純作業

  • 18 January 2020
  • のぶやん

ホテル業界においては、役に立たないと会社から勝手に烙印を押された社員が行く先は3つあります。

役に立たないというのは、例えば「インバウンドのお客様が急増しているのに英語が話せない」という社員(日本ではインバウンド客が多いにも関わらず、総支配人が英語を話せないことすらある)であったり、幹部で高給取りであるのに給与に見合った働きをしていないので首になるケースなどがあります。会社としては、高給取り1人を雇うぐらいならば、能力地が高い派遣さんでも雇った方が会社に有益であると考えてしまうのです。

外国人が日本にどんどん流入してくるような状況において、ホテル業界で英語が話せない古い社員は「必要のない社員」としての烙印を押されるにいたっています。英語を話せることは当たり前のことであり、英語のほかに中国語などが話せる必要があります。

職場の求める能力に達していない

ホテル業界で英語が求められる職場であるにも関わらず、英語を全く理解することができないような社員は、ホテルで働いているのは迷惑ということになります。また、フロント業務などで頻繁にミスを繰り返す場合にも、フロントの単純作業に不向きということで、職場で使えない人材の烙印を押されることになります。

ホテル業界などでは、「客からの評判がよい状況」が重要になります。顧客からのクレームが多ければ、会社として本人の処遇を考えなければいけない状況になります。

解雇規定に接触しない

解雇する規定と言うのは、主に「上司の言うことに従わないことが多い」ということ(上司への意図的な反抗・反発)であったり、遅刻・欠勤が多いなどの勤務態度を問題にされることがあります。こうした規定に接触すると、解雇対象にもされかねないので、特に注意が必要です。

会社が従業員を解雇するのは、容易なことではありません。処遇を悪くして「自主的に退職して貰うように仕向ける」というのは、今でも頻繁に行われていることです。

役に立たない烙印を押された社員の行く末

1、全く関係ない部署の「応援」で単純業務
2、深夜の勤務ばかりの割り当てになる
3、今まで経験したことない部署に移動

役に立たないと烙印を押されるのは、50代の社員が多いという特徴があります。ホテル業界において、50代社員にもなると幹部として給料が高くなりますが、それに見合った働きができていないとなると首の対象になります。ただ、リストラすることは簡単ではないので、誰もやりたくない厳しい業務を押し付けることになります。

1、全く関係ない部署の応援

レストランのホールであったり、荷物運びのクローク業務など、普通はアルバイトがやるような部署を担当させられることになります。簡単に言えば、「もう、あなたにできる仕事は、アルバイトと同じものです」ということで、辞めてくれという合図です。

業務支援という言い訳の中で、アルバイトがする「単調業務」を行わされます。アルバイトは容易に辞める事ができますが、正社員であれば辞めることができずにしがみつくことになるので、周囲の大学生に囲まれながら「レストランの配膳係」をやる中高年の姿があります。様々な業務を経験するといういいわけの下で、誰でもできる単純作業を行わせるのです。

2、深夜の勤務ばかり割り当て

深夜勤務という誰もやりたがらない業務ばかり割り当てられるということは、日中に必要ないと言われているようなもので、将来を期待されていないということです。「いつ辞めてくれてもいいから、使い捨てにされている」と考えても良い状態であると言えるでしょう。

例えば、ホテルで夜勤ばかりの割り当てになってしまう社員というのは、「大事にされていない社員」と判断することもできます。優秀な社員に夜勤ばかりをやらせる会社というのは、ほとんどないと考えて良いでしょう。最近では、社員の負担が非常に大きいナイト業務は、アルバイトなどにやらせる事例も増えてきています。アルバイトなどにやらせることで、社員の離職率を減らす狙いがあります。

3、今まで経験したことない部署に移動

今までずっと行ってきていた部署と全く関係のない部署に移動が発令されるということは、簡単に言えば「今すぐにでも辞めてくれてもいい」と言われているようなものでしょう。辞めて欲しいけど、なかなか辞めてくれない社員に対して、会社が全く畑違いの場所で単純労働をやらせることがよくあります。

短銃作業のシステム化

単純作業をシステム化することで、アルバイトなどの数を極限まで減らして、高度人材を雇い入れることができるようになります。例えば、コンビニがシステム化されることで、1人~2人の店員だけで店舗の運営ができるようになっています。

雇い入れなければいけないのは、特定分野で活躍できる人材であり、そのような人材を企業が企業の内部に居ることは、企業の競争力に繋がります。それは、単なる安売りからの脱却を意味しています。ユニークであるということは、企業が客にお金を払って貰う上で非常に大切になる要素になります。

 

カテゴリ: 

個人事業化した人に会社員が勝つのは不可能

  • 24 November 2019
  • のぶやん

写真を登録・販売するフォトサイトのShutter Stockを見ていて思うのは、専属でやっている人にサラリーマンがどうやっても太刀打ちできるわけがないということです。専属でやっている人は、既に10万枚以上のストックを持っています。サラリーマンが副業でやれるレベルではありません。『サラリーマンの副業で稼ぐ』というのは、出来ない話ではないですけど、それでは難しい時代になろうとしています。

個人事業主が増える時代

ストックサイトのShutter Stockなどは、副業の人にあまり期待していません。期待しているのは、とにかく写真を大量に撮影して、大量に提出してくれる人です。写真を毎日のように大量に撮影することを日課にしている人には、とても勝てません。Pixtaなどは、審査が非常に遅くて、提出も1ヵ月100枚ぐらいに限定されていますが、そんなペースでやっていたのでは、海外サイトに勝つことは絶対にできません。そのうちPixtaは消えてなくなってしまうかもしれません。

リゾートバイトなども、派遣会社を通さない形も少しずつ広まってきており、個人事業主と「直接契約」する例も増えてきています。派遣会社は、より良い人材を囲い込むために、良い人材に手厚いサービスを提供していく必要があります。そうしなければ、良い人材というのが別の派遣会社に移ったり、企業と直接雇用したりしてしまうからです。

個人事業主の意識が違う

個人事業主というのは、サラリーマンと違って、自分の能力を伸ばす事に対して非常に意欲的です。そして、それが長期的になれば、個人事業の「稼ぎ出す能力」というものを企業が必要とするときも来ることになります。例えば、拡散力が高いインスタグラマーというのは、企業から注目されて広告が入ってきています。

会社がキャリアを伸ばすという考え方ではなくて、個人が何をしたいか、何を重視しているのかを聞いて、それに寄り添った形で会社がキャリアプランを提示できなければ、サラリーマンが辞めてしまいます。優秀な人であればあるほど、サラリーマンを辞めて、個人事業主になった方が稼げると考えているからです。

グローバル化とデジタル化

10年以上も前から言われていることですが、グローバル化とデジタル化です。リゾートバイトなどの現場でも、スキー場が中国人客で溢れるようになってきているので、中国人などの外国人の労働者を沢山見かけるようになってきました。グローバル化の時代に対応できない人は、特に語学力がない人は生き残っていくことができません。

能力ある人に金を出すのは当然

能力のある人に金を出すことは当然のことです。企業の方向性としては、『俺の能力に見合った給料をよこせ』と言ってくるぐらいの人を大事にしないといけないのです。そうしなければ、企業はお客に高いサービスを提供できなくなり、チープで安いサービスばかり提供する会社がどんどん滅びていきます。

カテゴリ: 

日本企業の考える『即戦力』が使い捨て人材である理由

  • 21 May 2019
  • のぶやん

最近になって、日本企業では「即戦力」という言葉が良く出るようになってきました。企業が考えている「即戦力」という言葉は、単なる使い捨て人材のことを示しているんです。「即戦力=短期の雇用契約で長期のコミットメントを期待していない」と考えることができるからです。

日本企業の考える『即戦力』が使い捨て人材である理由

ボーナスがないとどうなるか?

派遣社員などで『ボーナスがない状態』で働き続けるのは、貯蓄が僅かしかできない状況になるので、完全に「自分の労働力に依存した状況」になるのです。自分の労働力に依存した状況というのは、完全なる無資産階級であり、労働できなくなったら、もう収入を失って危機的な状況になるという事でもあります。

ボーナスというのは、企業利益から出される「分配金」に相当するもので、企業で長く勤めていると「分配金が貰える」と解釈しても良い状況でしょう。簡単に言ってしまえば、長期の終身雇用とはボーナスを保証した「企業からの分配金を受け取れるシステムだった」と解釈していいのです。

派遣社員に分配金がない

派遣社員には『企業からのボーナスという分配金』というものが存在しませんので、自分で投資活動を行う必要があります。自分で投資活動というのは、自分で株式に投資を行ったり、自分で収益性資産を保有することを指していることになります。

1つの企業に身を任せるのではなくて、自分で投資活動を行うということは、自分でリスクコントロールをする能力が必要になるので、1つの企業に勤めるより難易度が高いものになります。

投資活動を行わないと貧困化

派遣社員のような労働形態が不安定とされるのは、ボーナスと言う分配金が得られないからです。基本的には、上場企業などで株式投資して分配金を得ることと、労働者としてボーナスを得るということは、利益からの配当を得るという点においてあまり変わらないでしょう。

仮に派遣社員のような労働形態において、投資活動を行わないことは、完全に労働収益に依存してしまうことになり、直接的に貧困層になることを意味しています。労働で得られる収益というのは、基本的に「生きていくのにギリギリの水準」に設定されるのが通常であるからです。

カテゴリ: 

正社員を辞めても派遣でチャンスを広げられる時代?同一労働同一賃金の考え方

  • 15 May 2019
  • のぶやん

日本政府は、正規雇用(フルタイム)と非正規雇用(パートタイム)の垣根が少しずつなくなる時代を推進しています。このような働き方は、海外で広まっている働き方でもあり、日本でも労働者の働き方がジワジワと変化してきています。

正社員を辞めても派遣でチャンスを広げられる時代?同一労働同一賃金の考え方

正社員でキャリアアップが望めない

正社員で同じ会社にいたとしても、能力が伸ばせるとは限らない時代になってきました。海外に留学したり、他の企業で働いた方がスキルが伸ばせるような時代になってきたのです。

正社員で勤務を続けたところで、何も能力が備わっていないと45歳になったらリストラされる時代になってしまいました。派遣社員などでガンガン転職を繰り返したとしても、能力が高い場合には、マイナスになるどころか即戦力として採用されることも増えてきています。

接客経験などは、数ヶ月あれば十分と考える企業も増えており、長期の勤務が必ずしもスキルアップに繋がらないと考える企業も増えています。簡単に言ってしまえば、役に立たない45歳以上は全く必要ないということになります。企業としては、必要以上の給料を貰う社員がコストになる訳です。

大手企業も派遣社員を利用

大手企業、公的機関などにおいても、派遣社員を利用することが増えてきています。

大手企業では、『派遣社員を差別している』と問題になることもありますが、派遣社員は自社の社員ではないということを考えると、自社の社員と同等に扱うのは難しいという意見もあります。派遣社員というのは、派遣会社と雇用関係にある人材であって、企業側から見た自社の社員ではないからです。

少しずつ向上する派遣社員の待遇

最近では、派遣社員の給与が社内のアルバイトよりも高いという現象が出てきました。派遣社員は、派遣会社を通じて「即戦力」として採用されるので、企業側が高い時給を払ったとしても都合が良いという事情があります。

派遣社員の給与待遇は、少しずつ改善され、賃金なども上昇が見られます。それでも、ボーナスなどがないので正社員に及びませんが、自由な時間があるだけ副業なども行うことができます。

自分が働く理由を明確にすること

自分が働く理由を明確にすることは、雇用される企業とマッチングにおいて非常に重要になります。自分の適性を理解しているのは自分自身なので、自分が「これは自分に合っている」と思っている案件を見つけたのであれば、企業側も納得する場合が多いです。

日頃から自分の能力を高めて、自分の方向性を明確にしておくことが大切になるでしょう。

カテゴリ: 

外国人労働者が駆逐すると見られる地方マイルドヤンキー層

  • 12 May 2019
  • のぶやん

日本において、地方経済の疲弊は言うまでもないんですけど、高校卒業してから田舎で働いているような『マイルドヤンキー層』という層というのは、幼稚園・小学校からの付き合いで成人してからも地元に残り、地元の企業で働いて・・・近くのイオンでお買い物という具合に地元に密着した生活を行っています。

外国人労働者が駆逐すると見られる地方マイルドヤンキー層

地方に進出する外国人労働者

日本社会においては、マイルドヤンキーのような若者が地方で働いているのですが、最近では地方でも外国人労働者を見かけることが多くなってきました。外国人労働者の特徴としては、日本語・外国語を話せるので、例えば地方都市のホテルに外国人の観光客を誘致したい場合などに活躍するのです。知能レベルがマイルドヤンキーより高い場合も増えており、マイルドヤンキー層で出来ない仕事をやりこなします。

マイルドヤンキー層というのは、地方都市で働いても手取りの月収15万円ほどで、技能レベルも低いという特徴があります。安い賃金でも働く外国人労働者が大量に入ってきた場合、職を競争するハメになるのは、マイルドヤンキー層と見られています。

知識階級で起こりうる競争

大学の教授・助教授などの知識層においては、既に国際的な競争にさらされています。論文などは、国内のみならず、英文で発表することで国際的な知名度を求められるようになってきているのです。

実際、大学の教員などがどんどん非常勤に置き換えられて、超高学歴とされる人たちの低すぎる給与、不安定な労働環境などが問題になってきています。今後、国際競争が進んでいけば、この流れが更に加速する方向性にあると考えられます。

カテゴリ: 

Pages


アドセンス広告

関連記事