アフィリエイト


アドセンス広告

インターネットのコンテンツで稼ぐのは難しい?1万円稼げたら凄い人?

  • 9 August 2018
  • のぶやん

インターネット業界に詳しいものとして、『インターネットで稼ぐのは難しいですか?』という質問を受ける事があります。ハッキリ言えば、インターネットのコンテンツで稼ぐことは、非常に難しいと言えるでしょう。

サイトを立ち上げる難易度が下がって、誰でもインターネットでコンテンツを発信できるので、コンテンツがインフレを起こして『その価値』が暴落しているのです。インターネット初期に珍いとされたはあちゅうのような一般の女の子の写真だって、今では公開された写真をインスタでいくらでも見る事ができます。

女の子

サイトの立ち上げは簡単

数年前に比べても、ウェブサイトの立ち上げの難易度は大幅に低下しています。特にウェブサイトの専門的な知識がなくても、少し勉強すれば1日でウェブサイトであったり、ブログを立ち上げる事は簡単です。Wordpressをボタン1つで立ち上げたり、慣れている人ならコマンドを使って約5分でウェブサイトを立ち上げる事ができます。

ウェブサイトを立ち上げても、単にコンテンツを増やしていくだけだと、アクセス集まりません。ソーシャルメディアを利用したり、ブランディングを図ったりなど、様々な工夫が必要になります。

ブログの競争激化

著名ブロガーとされるイケダハヤト氏でさえ、アドセンスのようなコンテンツの連動広告で稼ぎづらいので、コンテンツの連動広告を外してしまいました。好きなことを何でも書いてコンテンツに連動させるより、何か商品販売(資産運用の紹介含む)などを行った方が広告効果が高くなるのです。

ブログ形式の『まとめサイト』もジワジワと稼ぎづらくなってきていると言われていて、大手まとめサイトと言われているサイトも、以前の2分の1から3分の1に収益が減少していると言われています。それでも、大手まとめサイトと言われるサイトは、数十万から数百万円の広告費を得てるようで、今でも健在ではあります。

稼いでも損をする場合

インターネットでは、主婦などが在宅で商品紹介などをして稼ぐ人も多いですが、商品レビューなどでリンク切れが多発して手間ばかりかかって稼げないという事も多いです。一時的にアクセスを集めて稼げたとしても、長期的に稼げるサイトやブログに育てないと、安い労働者になってしまいます。

アルバイトで時給200円で働くのを損だと感じる人が多いのと同様に、インターネットで収入を得ても、それ以上に労働力を投入していたのでは働いている意味が分かりません。短期的に稼ごうとするのではなくて、自分の勉強になったり、技術力が向上したり、記事が永久に使えるなどの『自分の資産として長期的に使える』という形を考える必要性が出てくるでしょう。

再利用できるものが資産

長期的に収益を生み出して、再利用できるものが資産と呼ぶことができるでしょう。文章・画像など、以前に作成したものを再利用してお金になるなら『資産』と呼ぶことができるでしょう。プログラマーが作成したプログラム・知識なども再利用する事ができるので資産と呼ぶことができます。

コンテンツの再利用を考えると、単にWordpressで書くような手法だと非常に非効率になってきます。効率的にコンテンツを運用して、上手に使いまわせるようにならないと、高い収益を確保するのが難しい状況になってきています。もしくは、高価値のコンテンツを電子書籍のようにダイレクトに販売する手法もありでしょう。いずれにしても、コンテンツの使いまわしは重要なキーワードです。

どんどん進化できるか否か

単にWordpressをインストールして、ブログを書くような手法だと、イケダハヤトのように早期にブランディングした人に太刀打ちする事はできないでしょう。自分の技能を活用して、どんどん進化していく事ができれば、大きく成長できる可能性があります。

1つのサイトを運用するだけだと、なかなかノウハウが拡張できないので、複数のサイト運用がオススメです。アフィリエイトで稼いでいる人の多くは、10以上のサイトを効率良く運用しています。1つのサイトが稼げなくなったとしても、別のサイトで稼ぐことができるようになるからです。

楽天を使い続ける理由は、アフィリエイト報酬があるから

  • 1 August 2018
  • のぶやん

楽天アフィリエイトは、大きく稼げる訳ではないですけど、お小遣いぐらいに稼ぐには良いサービスです。そして、楽天ポイントが貯まることは、楽天のサービスを使い続ける事に繋がります。

アフィリエイトがあるので楽天を使うし、アフィリエイトがなければ楽天以外のサービスを使っていたかもしれません。それだけ楽天のアフィリエイトは、特に楽天API提供などが日本の会社では大変に使いやすいので、楽天とお付き合いしてサービスを使う理由になっています。アフィリエイトで稼ぐ以上の金額を楽天サービス利用で消費していると思います。

Yahoo!ショッピングを使わない理由

Yahoo!ショッピングは、自社によるアフィリエイトを止めてしまいました。そしてYahooのポイントは全く貯まりませんので、Yahoo!ショッピングを使うことはないのでした。

バリューコマースのアフィリエイトは、非常に使いづらいので、ほとんど利用していません。何故か分かりませんが、リンクも頻繁に切れてやる気がなくなって利用していません。

顧客の囲い込みが重要

楽天は、総合サービスを提供していて、顧客の囲い込みが上手です。楽天市場がアマゾンとの競争が激化する中でも、楽天トラベルの方が伸びてきました。また、楽天ポイントをためる事ができる楽天カードの顧客満足度も高くなっています。

楽天ポイントは非常に使い勝手が良くて、楽天で商品を買わない人でも、旅行の時にバス・ホテルなどで利用する事ができる非常に使い勝手の良いサービスになっています。

 

カテゴリ: 

新規アフィリエイトのサイトにおけるブランド戦略

  • 29 May 2018
  • のぶやん

物を販売する上で、広告・CMというのは非常に作用してきました。インターネット上では、アフィリエイトの文字の説明、画像の開設などが2000年頃から主流でしたが、2010年頃から『リッチコンテンツ』と言われる動画広告が少しずつ入り込んできています。

C channel

日本では、LINE社を退職した森川さんがショート動画を大量に生成して出しています。YOUTUBEにおけるチャンネル登録者数30万人、2億PVほど集めています。動画はYOUTUBE、Twitter、FBで使いまわす事で1つ当たりのコストを落とす事ができます。

稼ぐのは主にサイトのショッピングへの誘導になっています。ショート動画は、このショッピングの為のマーケティング広告素材と考える事ができるでしょう。

ツィッターのショート動画

動画と言えば、Youtubeでも当初は短い動画が主流でしたが、少しずつ解放されて、今では長時間の動画でもアップロードする事ができるよになっています。また、Youtubeはライブ配信なども行えるようになってきました。その一方で、ツィッターでは、短くサクサクと見れるような動画が主流で、2分20秒までの動画がアップロードできるようになりました。

ツィッターは、スマホと相性が良くて、多くの日本人が日常的にニュースを取り入れるツールとして利用しています。

リッチコンテンツが重視される

Facebook、Twitter社もコンテンツを充実させるために『リッチコンテンツ重視』しはじめています。この傾向は、2017年頃から特に強まっていて、タイムラインにおいてリッチコンテンツが上位表示される傾向がでてきています。

海外のニュースサイトによっては、ほとんど全てショート動画で構成されるようなアカウントも出現してきています。

求められるブランド化

単なるSEO依存などは、非常に不安定な状態であり、Google社の検索ランクで吹き飛ぶと稼げなくなるという特徴があります。TwitterやFacebookなどと併用して、多くの流入もとを確保しておく事が大切になるでしょう。

カテゴリ: 

Googleの検索アルゴリズム変化でアフィリエイターが涙目( ;∀;)

  • 20 March 2018
  • のぶやん

以前であれば、Googleキーワードで1位を取ってアフィリエイトを行う事が常識でしたが、最近ではその手法も通用しなくなってきています。最近は、キーワードを取る競争が更に激化しており、アフィリエイトで使えそうなキーワードの上位が難しくなっているからです。

最近では、Googleで検索すると、上位のほとんどがアフィリエイトのサイトという状況になってしまっていますね。全くお金にならない情報は誰も発信しなくなってきているからです。

Google検索でサイト順位が変動

Google検索の一部が2018年3月に変更されて、アフィリエイターの中には、サイトの順位下落に悩んでいる人も多いようです。







依然として強さを見せるまとめサイト

まとめサイト系が上位に表示されたり、NAVERまとめなどの順位も高い表示を記録しています。Facebook, Twitterなどのソーシャルメディアの拡散が重視されている傾向もありそうです。


アフィリエイトが厳しい時代

Googleの検索結果に依存したアフィリエイトでは、非常に厳しい時代が到来している事が分かります。

ワードプレスを使って、商品の紹介してGoogleの上位が取れれば、月額100万円を稼げるかもしれません。しかしながら、それが長続きしない人も多いという現実があります。



サイトの信頼性を高める

アフィリエイトを行うにあたっては、そのサイトの信頼性を高める事が大切になります。


当サイトは、文章量が多いのですが、今まで検索エンジンに無視されてきました。Google検索の検索精度が上昇した事により、このサイトが検索エンジンに表示される機会も増えてきました。


カテゴリ: 

アフィリエイトで稼ぐのが難しさ!副業ブログでは稼げない?

  • 7 March 2018
  • のぶやん

インターネットのアフィリエイトの認知度も上がってきて、アフィリエイトで稼ごうとする人も増えてきました。サラリーマンなどが副業でアフィリエイトに手を出す場合も多くなっていますが、ほとんどのアフィリエイターが稼げていません。



アップデートに振り回される


Google社のアップデートなどでページのランキングが上下するので一喜一憂しているのもアフィリエイターの特徴です。


 

ライターからの悲鳴

アフィリエイトで記事を外注する個人・企業も増えていますが、ライターから激安で受けられないという声も上がってきています。


カテゴリ: 

仮想通貨はもうオワコン?仮想通貨でアフィリエイトも稼げなくなってたww

  • 3 March 2018
  • のぶやん

仮想通貨バブルと言われた2017年でしたが、2018年に入ってからコインチェック社が仮想通貨NEMを盗まれるなどして、仮想通貨の口座開設者が減少。仮想通貨のアフィリエイターも厳しい状況に陥ったようです。

ビットコイン



仮想通貨のブログもアクセス減少か

仮想通貨のブログで収益が上がらなくなってきているようです。

 


カテゴリ: 

イケダハヤト氏がアフィリエイト収入を公開!仮想通貨バブルで月収200万円を超えてた!

  • 28 February 2018
  • のぶやん

イケダハヤト氏は、仮想通貨バブルに乗って月収200万円である事をツィッターで報告しました。




アフィリエイトを事業化できるか

アフィリエイトは、個人事業を離れて法人化して、事業として拡大できるかどうかが重要な段階に入ってきています。


稼げなくなるメディア型サイト

メディア型サイトの運営では、スマートフォンの台頭で以前のように収益を上げる事が難しくなってきています。

カテゴリ: 

アフィリエイトが稼げるようになると手を止めてしまう?フリーランスがハマる罠

  • 27 February 2018
  • のぶやん

最初のうちは1日15時間も頑張っていたアフィリエイトは、芽が出てきて生活に余裕が出ると慢心が出て止めてしまうという人が多いそうです。

実際に手を止めないでやり続けるという難しさはありそうです。手を止めても収入に変化はありませんが、しばらくするとジワジワと収入が減少して、最終的に収入の減少からどうしようもない状況になっている人もいます。








手を止めると収入が激減



カテゴリ: 

Pages


アドセンス広告

関連記事